本日も今更感、満載ですが…

ニコ生で公開された「珍遊記」公開前日スペシャルの動画と…

バリバリゲームオタク感満載の動画を…






記事を読む →
スポンサーサイト

大変ご無沙汰してしまいましたm(__)m

2月後半は忙しく…

ケンイチ君関連記事は沢山ありましたが…

アップ出来ませんでした

時系列とは行きませんが…

少しずつアップしていきたいと思い松。


まずは今更ながらですが…

マックスむらいチャンネルにアップされていた…「珍遊記」番宣番組。

結構見ごたえあって面白い









記事を読む →

「イーハトーブ賢治フェスティバル」でのケンイチ君の朗読…

行く事が出来ず、肝心の朗読が聴けないので…ちょっと消化不良…

と言う事で…ケンイチ君の朗読をミョーに聞きたくなりましたので…

昔の朗読をいくつかつべから拝借



まずまだ記憶に新しい「ジョンレノンスーパーライブ」での朗読から





これは私が初めて聞いたケンイチ君の朗読





角川文庫のCMをやっていた頃の朗読をいくつか…






「愛の天文学」 「あなたに」 「珊瑚」




「飛行機よ 」 




「時には母のない子のように 」




いやあ、懐かしかったですね~

今晩は良い夢みれそう

それではおやすみなさい










松山ケンイチ
初舞台「遠い夏のゴッホ」
2013年2月3日~2月24日 赤坂ACTシアター
2013年3月7日~3月10日 大阪・新歌舞伎座

公演概要 http://www.horipro.co.jp/usr/ticket/kouen.cgi?Detail=198

とある森。地上で、たくさんのセミが羽化して歌う頃。
羽化前のユウダチゼミのゴッホ(松山ケンイチ)は、せっかちすぎる少年。

そんな彼の理解者は同じ年に卵から生まれた、穏やかな性格の少女ベアトリーチェである。
せっかちで、決まりを守ることも苦手なゴッホのために、ベアトリーチェは必ず羽化すればゴッホと恋人同士になることを約束してくれていた。

だがゴッホの体は、ひとり先に羽化の準備を始めてしまう。セミは地上に出れば、絶対にその年に死ぬ。そうなれば、二度とベアトリーチェに会うこともできないのだ。ゴッホの­体は勝手に地上へ向かってしまう。
「待っていて、ベアトリーチェ。僕は必ず、来年の夏、君に歌を聴かせるから!」

アリ、カマキリ、クモ、クワガタ、ミミズ...あらゆる森の生物たちと命の関わりを持ちながら、ゴッホは来年の夏まで生きるために奮闘する。

はたしてゴッホはベアトリーチェと再会し、歌を聴かせることができるのか?