松山ケンイチ主演『うさぎドロップ』新予告編が公開

ぴあ映画生活 4月28日(木)17時0分配信

新予告1


累計発行82万部を超える宇仁田ゆみの人気コミックを実写映画化した『うさぎドロップ』の最新予告編映像が解禁になり、松山ケンイチと芦田愛菜と絶妙なコンビネーションの一端が公開された。

『うさぎドロップ』は、亡くなった祖父の隠し子である6歳の少女・りんと、27歳の独身&カノジョなしの男・ダイキチの共同生活を描く作品。

これまで公開されていた予告編では、ダイキチとりんが出会い共同生活を始めるまでのシーンを中心に構成されていたが、このほど公開された最新予告編は、ダイキチがりんと共に暮らす中で自身の生活のリズムや心境が刻一刻と変化していく場面を中心に構成。これまで多くの“子育て”ものや“擬似家族”ものは存在したが、『うさぎドロップ』は、血のつながりのない親子ほど年齢の離れたふたりが共に暮らす中で、お互いが親のように、子のように成長しながら、結果的に友人でも親子でもない“かけがえのない関係”を築いていくのが最大の見どころ。本予告編でも、ダイキチとりんが時に対等に、時に相手を引っ張っていきながら、絆を深めていく過程の一部を楽しめる。

また、主演ふたりだけでなく香里奈や桐谷美玲、キタキマユ、池脇千鶴、中村梅雀らの出演シーンも登場し、PUFFYが本作とアニメ版『うさぎドロップ』のために発表した主題歌『SWEET DROPS』も披露されている。

映画『うさぎドロップ』
8月20日(土) 全国ロードショー
(C)2011『うさぎドロップ』製作委員会


新予告2
新予告3
新予告4

スポンサーサイト