昨日行って来ました、『マイ・バック・ページ』舞台挨拶

私が観たのは、このマスコミ取材の回ではなく、その次の回…

メディアが居ないので、結構くだけたリラックスムードの舞台挨拶でした

「あの~あの~」のケンイチは想像してたほどブタってなくてホッ

映画の内容もなかなか面白く…特に私の年代は当時の事も理解できる部分も多く

当時の時代背景も堪能できました。

ネタバレになっちゃうので言えないけど、梅山って… … …








妻夫木聡と松山ケンイチが『マイ・バック・ページ』舞台挨拶で挫折の日々を告白

マイバ初日1

[ムビコレNEWS] 評論やエッセイで知られる川本三郎の朝日新聞社記者時代の実体験を綴った同名回想録を映画化。1960年代末から70年代初頭という激動の時代を舞台に、何かを変えられると信じていた若者たちの熱い日々を描いた『マイ・バック・ページ』。この映画が5月28日に公開となり、新宿ピカデリーで行われた初日舞台挨拶に、キャストの妻夫木聡、松山ケンイチ、忽那汐里、韓英恵、中村蒼と、山下敦弘監督が登壇した。

冒頭で妻夫木は「この作品はじっくりとみんなで作り上げていった作品。1人でも多くの方にこの思いが伝わるよう、みなさんが口コミで広げてくれたら嬉しい」と挨拶。松山は「今朝、犬の散歩をしているときに雨が降っていたので、あきらめて来ない人もいるんじゃないかと思っていたのに、たくさんの方が来てくれて嬉しく思います」と感謝の言葉を述べていた。

本作は、妻夫木演じる記者が松山扮する革命家と出会うことで、人生が変わっていく物語。そこにかけ、司会からは「人生を左右するような出会い」を尋ねる質問が寄せられた。これに「役者になったこと自体が運命的な出会い」と答えたのは妻夫木。「元々、役者になろうと思っていなくて、人並みに芸能界には興味があったが、すごく舐めていた。誰でもできると思っていたが、いざ、やってみたら何もできなくて挫折。それが悔しくて、それからはガムシャラになって頑張ってきた」と話していた。

松山の出会いも、妻夫木同様、仕事。「16歳で上京したが、20歳くらいまでずっとバイトがメインだった。バイトをしに東京に来たみたいで、『俺って役者? それともフリーター?』と悩んだり葛藤していたりしていた」と告白。それでも継続して来たからこそ今の自分があると続け、「1ヵ月で人生がコロッと変わることもあるかもしれないが、大体は徐々に変わっていくもの。継続している人にチャンスは来るのかなって思う」と語っていた。

一方、忽那は「上京するときに家族の元を離れて祖父母の家に預かってもらった」と明かすと、その家族と再び一緒に暮らせることになったときの気持ちを吐露。「(家族と暮らすという)それまで当たり前だと思って麻痺していたことが、当たり前ではないことに気づいた。それが一番大きな出会い」と話していた。

またこの日は、原作者・川本からの手紙も読み上げられた。それを受け妻夫木は、「川本さんとは何回も会って話しをさせてもらったが、(撮影中に)川本さんに会おうとはあまり思わなかった。どこか、答え合わせをしてはいけないと意識的に思っている自分がいた」と当時の心境を振り返ると、最後は客席に向かって、「1度しかない人生だから良いことも悪いこともあると思うが、みんなと前に進んで行けたらいいなと思う。ぜひこれから、僕らの時代を作りましょう?」と語りかけていた。
(2011年 5月 29日)


マイバ初日2
写真左から山下敦弘監督、忽那汐里、妻夫木聡、松山ケンイチ、中村蒼、韓英恵

マイバ初日3
マイバ初日4
マイバ初日5
マイバ初日6



こちらは昨日の舞台挨拶の司会をして下さった「伊藤さとり」さんのブログ
  ↓
伊藤さとり公式サイト



  

スポンサーサイト

何故今頃?と思うような記事ですが、面白いので記念にペタッ


松山ケンイチ オーディションで「俳優やる気ない」の過去

今年4月、小雪(34才)と入籍した松山ケンイチ(26才)。5月28日には妻夫木聡と初共演した映画『マイ・バック・ページ』が公開されたほか、来年のNHK大河ドラマ『平清盛』の主演も決定。まさに公私ともに絶好調の松山ケンイチだが、デビュー当時の松山を知る人物は、俳優として大活躍する今の姿に違和感を覚えるのだという。ある芸能関係者はこう話す。

「デビューのきっかけとなったホリプロ主催のモデルオーディションに立ち会ったんですが、松ケンは完全に青森の田舎者でしたよ」

松山は2001年に行われたホリプロ、雑誌『Boon』、パルコの共同企画オーディション「New Style Audition」でグランプリを獲得し、芸能界に入った。当時、青森の県立高校に通う現役高校生だった。前出の芸能関係者は、こう続ける。

「髪型もボサボサで、まったくオシャレな雰囲気でもないし、なまりも凄かったです。でも、そこがよかったんでしょうね。 “田舎者すぎて、逆に面白い”という理由で、最終審査に残りました」

そのオーディションでは水着審査があったというのだが、松山は水着を持っておらず、上半身裸に学校のジャージを膝の上までたくし上げた姿で登場したという。オーディションを取材したという芸能ライターはこう話す。

「最終審査の前に髪の毛を切ってきたら、一気に雰囲気が変わりましたね。ほかの出場者とは比べものにならないくらいのオーラがありました。でも、ズーズー弁がすごかったんで、芸能界で成功するのはちょっと難しいかな、とも思いましたね」

ちなみに、演技審査ではまったくセリフを覚えておらず、審査員に「やる気はあるのか」と問われると、「俳優なんかやりたくないです。モデルをやりたいだけです」といってのけたという。まさか、そんな松山が演技派俳優として大河ドラマの主演を務めるまでになるとは、オーディションの審査員も想像しなかっただろう。

05/29 07:00 Rakuten womanより


このある芸能関係者ってのが誰なのか気になりますが…



このTwitterは松友さんが見つけて教えてくれました

つぶやき

これってスゴイ事ですよね…

マスコミもファンも気づいてない…それでいいって発想というか…

フツー芸能人だったら、やります~!やりました~!的な…

やっぱ松ケンサイコー