平清盛 : 広島県知事が松山ケンイチを激励「これからに期待」


2012-5-18-0.png
大河ドラマ「平清盛」の撮影現場を激励に訪れた広島県の湯崎英彦知事(左)と主演の松山ケンイチさん


広島県の湯崎英彦知事が18日、大河ドラマ「平清盛」(NHK総合、日曜午後8時)の撮影が行われているNHK放送センター(東京都渋谷区)を訪れ、主演の松山ケンイチさんら制作陣を激励した。松山さんは「知事と会うのは今日で3回か4回目。僕らのことを心配して来てくれるのが印象に残っています」と話した。湯崎知事は視聴率について「楽観視している。これからの盛り上がりに期待したい」と述べた。

 この日、第29話の清盛が公卿に出世するシーンの見学をした湯崎知事は「撮影を初めて拝見して、緊迫した空気を実感した」と語り、画面について「むしろこういうものだと思っている。平安時代がきれいなわけではないので」とコメント。そして「広島は清盛一色でどこへ行っても清盛ののぼりが立っている。みんな楽しみにしている。宮島への観光客も増えている。後半戦に向けさらにドラマが美しく、華やかになって盛り上がるように応援していきたい」と激励した。白束帯姿で登場した松山さんも「知り合いからも広島がものすごく盛り上がっていると聞いている。そんな期待に応えたい」と意気込んだ。

 ドラマは、武士が貴族たちから差別されていた時代、武士の新興勢力・平氏の元で育てられた少年が、瀬戸内海の海賊を束ねて“武士の王”となり、貿易こそがこの国が豊かになる道だと人々に説く……という物語。平清盛(松山さん)は白河法皇の“落胤(らくいん)”で、忠盛(中井貴一さん)が養子にしたという設定で描かれている。(2012年05月18日 毎日新聞デジタル)

2012-5-18-1.png

2012-5-18-2.png

2012-5-18-3.png






広島知事 「平清盛」激励 松ケンの変わりように驚き「視聴率伸びると思う」


2012-5-18-4.png

NHK大河ドラマ「平清盛」の収録スタジオで、広島県の湯崎英彦知事(左)と握手する主演の松山ケンイチ
Photo By 共同

視聴率が伸び悩むNHK大河ドラマ「平清盛」の出演者らを激励しようと、舞台の一つとなっている広島県の湯崎英彦知事が18日、東京・渋谷のNHK放送センターを訪れた。

 スタジオでの収録を見学後、主演の松山ケンイチ(27)とともに取材に応じた湯崎知事は「広島は大いに盛り上がっている。清盛ゆかりの厳島神社のある宮島で、ぜひロケをしてほしい」と要望した。

 松山は「広島の知事が一番僕らのことを心配してくれている。期待に応えられるよう頑張りたい」と話した。

 上級貴族姿の松山を見た湯崎知事は、昨秋の広島県呉市でのロケ撮影で面会した際の武士姿とのギャップに驚いた様子。「あの時は“これが清盛なの”という感じだったが、きょうは全然印象が違った。どんどんきれいになって、視聴率も伸びると思う」と太鼓判を押した。
[ 2012年5月18日 スポニチ]




スポンサーサイト