この年末の慌ただしさもどこ吹く風…

行って参りました。東京ドーム

感動的で、感慨深く、迫力のステージで…

良い年を越せそうです。

いくつかメディアを紹介します。



岸部四郎、車いすで熱唱!ザ・タイガース初めて6人揃った


20131227sanspo1.png
車いすに乗って登場した岸部四郎(中央)。メンバー(左から岸部一徳、沢田研二、瞳みのる、森本太郎、加橋かつみ)と一緒に「イエスタデイ」を歌った =東京・文京区(撮影・高橋朋彦)



 病気などで療養中のタレント、岸部四郎(64)が27日、東京ドームで行われたザ・タイガースの全国ツアー最終公演に参加。約4万5000人を前に、ビートルズの「イエスタデイ」をリードボーカルで歌った。1971年の解散記念日にあたる昨年1月24日、沢田研二(65)のライブで歌って以来。1年11カ月ぶりのステージ復帰となった。

7曲目だった。四郎は瞳みのる(67)に押され、車いすで登場。兄の岸部一徳(66)らかつての仲間の演奏をバックに、ゆっくり歌い終えると「本当はもう少し上手なんですけど、これが精いっぱい。僕の声は(ささやくような)魅惑のウィスパーボイスです」とおどけた。

 弱々しい歌声を自覚したような自虐的な発言だったが、会場からは温かい拍手と笑いが起きた。四郎は、69年に脱退した加橋かつみ(65)と入れ替わりで加入したため、6人のフルメンバーがそろうのは67年のデビュー以来、この日が初めて。

 四郎は自己破産後の2003年に脳内出血を発症し、視野狭さくに。07年には再婚した妻を心臓発作のため43歳で亡くし、昨年のステージ後には右足の大たい骨を骨折したため、介護保険施設に入院中。最後に再び登場してあいさつすると、会場は「四郎!」コールに包まれた。

 公演後、「全員がそろうまたとないチャンスと思い、無理して参加しました。東京ドームは小さいなあ」と意地を張ってみせた。44年ぶりにオリジナルメンバーで再結成したタイガース。「花の首飾り」など29曲を披露したこの日の模様は、来年1月24日午後9時からNHK BSプレミアムで放送される。


20131227sanspo2.png
沢田研二、岸部一徳(左から)

(サンスポ紙面から)





ザ・タイガース 全員で復活コンサート
12月27日 NHKnewswab





昭和40年代にグループサウンズブームを先導した人気バンド、「ザ・タイガース」に在籍したメンバー6人が初めて全員そろうコンサートが、27日夜、東京で開かれ、およそ4万5000人のファンが声援を送りました。

「ザ・タイガース」は、沢田研二さんのボーカルで人気を集め、昭和42年のデビュー以降、「君だけに愛を」や「花の首飾り」などのヒット曲でグループサウンズブームを先導しましたが、昭和46年に惜しまれながら解散しました。途中でメンバーの入れ代わりがあり、在籍したのは合わせて6人ですが、44年ぶりに、初期の5人による復活コンサートが今月3日から全国7つの都市で行われていました。
最終日の27日は、会場の東京ドームに、病気で療養中のメンバー、岸部四郎さんも車いすに乗って駆けつけ、初めて6人全員の共演が実現しました。
そして、当時カバーしていたザ・ビートルズの「イエスタデイ」を岸部さんを囲んで全員で歌うと、訪れたおよそ4万5000人のファンが歓声を上げていました。
都内の60代の女性は、「メンバーが全員そろっている姿に感激しました。歌声も全盛期のままで、青春時代を思い出してとても懐かしかったです」と話していました。





岸部四郎の「イエスタディ」にすすり泣き


20131227nikkan.png
東京ドーム公演を行うザ・タイガース(撮影・神戸崇利)


60年代人気グループ、ザ・タイガースが27日、東京ドームで復活ツアー最終公演を行った。71年に解散したが、今月3日から沢田研二(65)らオリジナルメンバー5人で再結成全国ツアーを開始。この日は、脱退した加橋かつみ(65)に代わり69年に加入した岸部四郎(64)がサプライズ登場した。新旧メンバー全6人がステージでそろったのは初めて。

 開演から約30分。四郎が車椅子で登場した。沢田が「岸部四郎もタイガースの1人です!」と紹介すると、4万5000人の観客から大拍手がわき起こった。四郎は03年に脳出血を患いその後、大腿(だいたい)骨を折りリハビリのため介護施設で生活。この日のため用意された曲がビートルズ「YESTERDAY」。四郎が「イエスタディ~」と歌うと客席は静まり、聞き入った。あちこちからすすり泣きが漏れた。

 手のひらには「トラブル」と書かれたナゾの文字も。歌唱後は「ホントはもう少し上手なんですけど、今はこれが精いっぱいです」。ジョーク交じりのあいさつに、ベースの兄岸部一徳(66)が「兄弟でステージに立てるなんて奇跡です」。ステージから下がる際はドラムス瞳みのる(67)が車椅子を押した。

 68年に日本人アーティストとして初のスタジアムコンサートを行ったのが、ドーム前身の後楽園球場。タイガースはこの日、45年ぶりに“同じ地”に立った。「12月27日という記念日が新たにできました」。ギター森本太郎(67)が宣言したように、数々の伝説を残してきたタイガースにこの夜、新たな歴史が刻まれた。【松本久】

 [2013年12月28日7時32分 日刊スポーツ紙面から]



20131227asahi2.png

20131227asahi1.png



当日帰る際、出口がビルの谷間風でヒドイ強風が吹き荒れていまして…

うしろの方が…風に押されたのでしょうね…たぶん

私を突き飛ばしまして…

私は見事コケて…

膝小僧は地面に…顔面は柱に激突

突き飛ばした方は知らんぷりで行ってしまい…

家に帰ると顔は腫れるし…膝からは血が…

名誉の負傷をしました。




      

スポンサーサイト