只今映画「アバター」を観て帰ってきたところです。

ちょっと気分が…なんか乗り物酔いをした時みたいな…

あっ、映画はとっても面白かったです。

でも、3Dのメガネをずっと掛けていたせいでしょうか…?

映画の話はまた後日…



今日はまた「GANTZ」の出演者が発表で…

昨日、公式サイトを覗いたら、明日はっぴょうがあります ↓ と書いてあったので…

003-5.jpg



早速今日覗きに行きましたよ!

そしたらGANTZ玉がびよ~んと伸びて、アニメ(まだコミック読んでない)とおんなじに武器が出てきた!

で、GANTZ文字で「すこしりにゅーあるしました」とGANTZ玉に書かれてました。

カテゴリもストーリー、キャスト、スタッフ等増えてました。

岸本恵役に、女優の夏菜(20)が起用されることが今日ニュースになってました。

N0022198_l.jpg

実写版『GANTZ』愛くるしい顔に、巨乳!夢の美女・岸本恵役に20歳のグラマラス美女が決定!

GANTZスーツ、もろ見れました~!

松山くんもこんなの着ちゃうの~…

早く加藤のスーツ姿が見たい!




先日の毎日映コンの受賞者の話が…

以下、毎日新聞社の記事より

第64回毎日映コンの顔:/2 松山ケンイチ/

 ◇常人離れした行動、自然にできた--男優主演賞、松山ケンイチ「ウルトラミラクルラブストーリー」
 「東京には何かありそう」と思い、高校生だった2001年、青森から上京し、タレントオーディションを受けて合格。スクリーンにデビューするや、あっという間に次代を担う若手に成長した。

 活動の中心は映画だが、“キャラクターが濃い”役どころが多い。「デスノート」の天才捜査官、「デトロイト・メタル・シティ」のメタル歌手、「カムイ外伝」の忍者……。

 そして、受賞対象作「ウルトラミラクルラブストーリー」(横浜聡子監督)の陽人は、脳の仕組みが常人離れしている。そんな男を変幻自在に演じた。

 「そういう役を選んでいるわけではないです。映画で僕ができることは、すごく小さい。監督の演出次第ですから。陽人のように思ったままに行動するなんて、私生活ではできないけど、演じてみたら自然にできた。自分にこういう部分があるのか、と発見するのも役者の面白さです」

 青森なまりの残る言葉で、とつとつと話す。横浜監督も青森出身で、ロケ地も青森、セリフも青森方言。自身のルーツと重なる映画での栄冠となった。

 「陽人は印象に残る役でした。楽しんでやれたし、自分を出せたから、この作品で受賞できてよかった」

 「カムイ外伝」では、自身のけがにより撮影が中断。俳優の責任を痛感した。「オンとオフの切り替えがいまだに分からない」と苦笑しながらも「がむしゃらなだけでなく、メンテナンスもしっかりしないといけない」と自覚も生まれた。

 24歳。「誰かが私にキスをした」「ノルウェイの森」と二枚目を演じる新作も待機中。「面白いと感じながら、演じ続けられれば。出演作を理解するのに必要なことをしっかり勉強して、演技に生かしたい」【勝田友巳】





ホリプロさんの公式サイトにて先日行われた「誰キス」の映像がアップされてました!

映画 「誰かが私にキスをした」 完成会見・舞台挨拶

私も早く観たい!



それと「カイジ」DVD 4月9日発売です。

これ主役じゃないから、見逃しそうだけど…

よい味出してるんですよね

欲しいなぁ~!一応チェック!!


      

関連記事
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

しつこく映画「GANTZ」の話題!

ナイナイ未公開SP

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)