映画『マイ・バック・ページ』のポスターが解禁になりました。

妻夫木くんとの対比が面白いですねぇ…いい人、悪い人みたいな…

それにこのポスターのキャッチコピー…過激でドキッ

公開は2011年5月28日



妻夫木×松ケン初共演作、公開は来年5月に決定!
真っすぐ見つめる妻夫木と斜め下からにらむ松山のポスタービジュアルも解禁!


N0028615_l.jpg


 [シネマトゥデイ映画ニュース] ともに人気と実力を兼ね備えた俳優・妻夫木聡と松山ケンイチが、満を持して初共演することでも話題の新作映画『マイ・バック・ページ』の公開日が、来年5月28日に決定し、二人の役柄が色濃く表れたポスタービジュアルが解禁された。映画の舞台は1960年代後半の激動の時代。妻夫木が若きジャーナリストを演じ、松山が活動家に扮する。二人の対比も鑑賞意欲を増大させるこの見事なポスターに、早くも期待が高まってくる。

 日本を代表する実力派二人の初共演作が2011年5月に世に羽ばたく! 『マイ・バック・ページ』は、映画評論や翻訳などで幅広く活躍する川本三郎が、ジャーナリスト時代の経験をつづったノンフィクションが原作。熱を帯びた社会で、理想に燃えながら新聞社の編集者として働く若きジャーナリストを妻夫木が、世間を揺るがす活動家を松山が演じる。映画『悪人』がモントリオール世界映画祭に出品された妻夫木と、『ノルウェイの森』がヴェネチア国際映画祭に出品された松山。世界でも評価され、今最も注目を集める二人の化学反応が大きな見どころの一つだ。

 このたび解禁されたポスタービジュアルは、二人の立場の違いやキャラクターがはっきりとわかるもの。妻夫木は固く口を閉じ真正面を見つめており、松山は斜め下からにらめつけ、どこか不満げな表情を浮かべている。気になるのは妻夫木の顔に濃い影が差している点。ミステリアスな雰囲気を醸し出しており、激動の物語を予感させる仕上がりだ。理想と現実の狭間で葛藤する若者の思いを妻夫木と松山はどう描いているのだろうか。公開まで約半年あるが、大きな注目を集めることは間違いないだろう。

 そのほかの共演者は、忽那汐里、石橋杏奈、中村蒼ら新進気鋭の若手から、長塚圭史、山内圭哉、そしてベテランの三浦友和といった多彩な顔ぶれ。監督は映画『リンダ リンダ リンダ』『天然コケッコー』の山下敦弘が務めている。

映画『マイ・バック・ページ』は2011年5月28日より新宿ピカデリー、丸の内TOEIほか全国公開



なお、原作の『マイ・バック・ページ』も11月25日に平凡社より復刊される。と言うことです!


先日も思ったのですが、NHKさんのHPって結構充実してる


「平清盛」主役発表会見の動画です。
    ↓
NHKこれ見て!MOVIE 「平清盛」主役発表会見

もひとつ…こんなんも見つけました。
    ↓
2012年大河ドラマ「平清盛」主役発表




関連記事
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

日本縦断グリコワゴン

NHK「平清盛」会見

comment iconコメント

comment avater

catsママ

復帰~!

ノンキさん、コメ返大変遅くなりました。

しばらくご無沙汰していたら…
世間は進んでしまっていてv-15

松山話題も盛り沢山だし…
買った雑誌も中身も読んでないし…

あれもこれもで…
どこから更新して良いか、気持はラビリンス!

でもでも
またしばらくご無沙汰になるかも~v-12

あっ、今度は一身上の都合ではなく
パソコンにDVD入れたら引っかかったのか開かなくなってしまって…e-330
様子見ますが…もしかしたら修理行きかも~e-443


2010年12月07日 22:50

comment avater

ノンキ

映画

数年前まで 年1~2回しか映画館に行かない人でした。
キャスト目的で 映画館に行くようになって世界が少しは広がったような?

マイバックページ 社会派ッぽい映画も 過去の自分なら絶対見ないジャンルだし。
NHK大河も見たことない。
珍しく2010年は、佐藤健くん目当てに2回録画して見たけど。

今日と明日のことに没頭する日々に 静かな広がりを与えてくれる
この役者に感謝!!!

一段落したら、 復帰をお待ちしております。

2010年11月28日 21:51

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)