12-8norumori2.png
12-8norumori.png



『ノルウェイの森』、50か国配給決定!!松山ケンイチ、
外国人に囲まれド緊張で質問忘れる!


2010年12月8日 18時25分(シネマトゥデイ)

0a3e1629-f301-49cb-a3cd-ad11904367c5.jpg
50か国の国旗に囲まれる松山ケンイチとトラン・アン・ユン監督(シネマトゥデイ)

 8日、ノルウェー王国大使館にて、映画『ノルウェイの森』外国人特別試写会が行われ、主演の松山ケンイチとトラン・アン・ユン監督が、映画を観終えた各国の招待客とティーチインを行った。この日は本作が50か国に配給されることが発表され、公開前の異例の快挙に、松山が謙虚に喜びを語った。

 50か国での配給が決定したことを記念し、日本在住の外国人に向けて開催されたこの日の試写会。上映後に、さまざまな国籍の観客の前に登場した松山は「こうしていろいろな国の、いろいろな世代の方に映画を観てもらえてうれしい」と緊張の面持ちであいさつ。あまりに緊張しすぎたのか、司会者からの「今作が世界中で公開されることをどう思うか?」という質問を、聞いた直後にど忘れし、大慌てする姿を見せ、会場を笑いに包んだ。

 しかし、気を取り直すと、「もともと原作が世界中で支持されているものなので、世界各地で上映できるのでは」と謙虚に分析。そして隣の監督を見て「この小説の世界観を表現できるのは、ユン監督しかいないと思います!」と絶賛した。特に外国人監督ならではの作品の特徴が出ているのは「一番は景色。普段自分たちが中からしか見ていない風景を、外国人ならではの視点で撮っている。そして、景色が登場人物の感情をも表現している。そこが日本の監督と違うところですね」とコメント。そして最後に「小説のテーマは『愛と生きること』だと思う。それは全世界共通のテーマで、映画も同様に観る人それぞれが愛の価値観を感じることができる作品です!」と熱く語った。

 『ノルウェイの森』は、1987年に刊行されベストセラーとなった村上春樹の代表作「ノルウェイの森」を20年以上の時を経て映画化した作品で、第67回ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門にも出品された。学生紛争の時代を舞台に、主人公ワタナベ(松山ケンイチ)が亡くなった親友の恋人(菊地凛子)との関係を通し、愛と性、生と死を見つめる様を叙情的につづっている。

映画『ノルウェイの森』は12月11日より全国公開




今日はNHKのスタジオパークで思いっきりおしゃべりしてくれて

おもしろかったね~

その時、今日トラン監督と会うって言っていたのはこのお仕事ですね。


50カ国に配給決定!なんて…

松山くんもいよいよいんた~なしょなる

やっぱり石川遼くんみたいに世界を見据えて、英語習おうね



ORICON STYLEさんにスペシャルインタビュー載ってます。
   ↓
「ノルウェイの森」松山ケンイチインタビュー



こちらは今日検索サイトで見つけた松山くん

matu.png


ついでにスカパーアワード動画を!





関連記事
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

日本縦断Glico Wagon

日本縦断グリコワゴン

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)