私たちでもスケジュール表が作れるくらい、あちこちで出没!

毎日大忙しの松山くん。

今日(12/14)は、京都で平清盛の座像とごたいめ~ん

夜にはNHK京都の番組に生出演!

大忙しです



松山ケンイチ :重文・清盛像と“初対面”
「色黒で体を大きく」大河ドラマ役作りで肉体改造誓う


2010年12月14日

京都1
六波羅蜜寺で清盛坐像と対面した松山ケンイチさん


 12年のNHK大河ドラマ「平清盛」に主演する俳優の松山ケンイチさん(25)が14日、清盛ゆかりの六波羅蜜寺(京都市東山区)を訪れ、重要文化財の平清盛坐像と“初対面”した。平家の末裔(まつえい)である川崎純性(かわさき・じゅんしょう)山主(さんしゅ)の祈とうを受けた松山さんは「清盛にご祈とうしてもらっているような感じだった。この後ろ姿を絶対に忘れちゃいけないと思ってみていた。26歳の僕にしかできない清盛を表現したい」と意気込みを語った。清盛役が決定してから松山さんが京都を訪れるのは今回が初めて。

 平清盛は平安時代末期、武士の一大勢力だった平忠盛の跡を継いで平家を率い、保元の乱と平治の乱の戦いを勝ち抜き、武士として初の太政大臣になり、実質的に天下を握った人物。中国との交易で莫大(ばくだい)な富を握った。大河ドラマではこれまで、辰巳柳太郎さん、仲代達矢さん、金子信雄さんが演じており、松山さんは最年少の清盛役となった。

 松山さんは清盛塚や本堂、宝物殿を見学し、川崎山主の話に真剣な表情で耳を傾け、「ここに来て、清盛がいかに大事にされてきたかを感じた。清盛は悪者として描かれることが多いが、違うということをきっちり描いていかなくてはいけない」と決意を新たにし、川崎山主も「家族を愛し、国を愛した方と伝わっている。そのあたりをうまく表現いただければ」と話した。また役作りについて、「今はすぐに変えられない外見的な部分について考えている。自分の顔を見て海の男の清盛らしくはないと思う。体を大きくして、肌の色も浅黒い方がいいとか、そういうことを考えています」と明かし、晩年を演じる際はスキンヘッドにするのかと聞かれ、「かつら(にすること)はないと思います」と答えた。

 六波羅蜜寺を京都で最初に訪れた理由を磯智明チーフプロデューサーは「六波羅は平家発祥の地。伊勢から平家一門が京都に上がって最盛期には5000の平家ファミリーがこの土地を築いた、ゆかりの地。(松山さんが訪れる)第一歩にふさわしい」と説明した。

 大河ドラマで平清盛が主役となるのは、1972年の「新・平家物語」以来40年ぶり。清盛は、本当の親を知らないまま、武士の新興勢力・平氏の元で育てられた少年で、平忠盛も養父役という設定。武士が貴族たちから差別されていた時代に、瀬戸内海の海賊を束ね“武士の王”となり、貿易こそがこの国が豊かになる道だと人々に説く……という視点から描かれる。清盛の20~30代をメーンに、清盛の死後、壇ノ浦の戦いまでをドラマ化する予定。(毎日新聞デジタル)

【写真特集】清盛ゆかりの六波羅蜜寺を訪れた松山ケンイチさんの表情


京都2 gnj1012141240024-p1.jpg 京都3 京都4 京都5 京都6 京都7 京都8 京都9 京都10 京都11 京都12 京都13 京都14



明日は台湾メディアによると、17日から台湾で公開の「ノルウェイの森」

15日の台湾プレミアに出席との事。

次の映画は…きっと、すっかりガリガリケン




関連記事
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

アレ…アレ?

『ノルウェイの森』初日舞台挨拶2

comment iconコメント

comment avater

catsママ

たびたびっ

コメントありがとう\(^o^)/

松山くんも昨日は1日で東京→京都→兵庫→京都と…

昨日この記事アップしてから兵庫の県知事さんを表敬訪問した記事を発見!

たぶん今日は台湾でノル森プレミア…

大忙しですね(^_-)-☆

年が明けたら、今度はGANTZの番宣に大忙しだろうし…

これだけ忙しければ

身体を作って大きくしても…か、顔は大丈夫だろうと…e-330

2010年12月15日 22:42

comment avater

ノンキ

珍しく 3連投

本日 帰宅後 PCをオンしたら Yahoonニュース初画面に
松山ケンイチの名前が!!!!!
《びつくり!》でした。
たまたまマンタンウェブ記事で、20枚のPがあり、さらに《びつくり》!

コチラさまにお邪魔したら、同じ記事でニンマリi-278
山主さまの前で緊張している 姿がカワユイv-238


まだ半年以上先の撮影だけど、大きく取り上げられていて《びつくり!》

体を大きくするのは、いいけどGANTZみたく 顔まで大きくしないでください。

2010年12月14日 22:22

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)