何かと口さがないギョーカイ内でも、ミスキャストを指摘する声はなかった。むしろ、「やれやれ。やっぱり松ケンか」との声すらあった。(中略)
「ワタナベ」を見事に演じきったのは、やはり驚きだ。

…この部分を読んで

おっ、高評価

これはブログにペタかな…と思っていたところ松友さんからメールあり…

あの!…辛口で有名な前田さんが「ノルウェイの森」を高評価してる!…と

さっそくチェ~~~ック


松山ケンイチ、原作の“アレ”やる覚悟


zak20101214017view-small.jpg

ハルキストを驚かせた大ベストセラーの映画化で、この人の主演が発表されたとき、何かと口さがないギョーカイ内でも、ミスキャストを指摘する声はなかった。むしろ、「やれやれ。やっぱり松ケンか」との声すらあった。それだけ“安心”な配役ということだ。でも、あの真面目でナイーブで、それなのに結構ふらちな主人公「ワタナベ」を見事に演じきったのは、やはり驚きだ。


 「(撮影が)終わった後でも、ふとしたところでワタナベっぽくなってハッとしてますね。まだ抜けていないのかと」

 11月某日、深夜の早稲田。役者にとっては日付が変わる時間なんぞ、まだまだ宵の口なのか、それとも先ほどまで行われていたジャパンプレミアの熱気がそうさせているのか、映画を、ワタナベを、余さず語り続けた。

 「初めて原作を読んだときは、みなさんが共感して感動しているところ-生と死や愛するということを僕は感じることができなかった。それより、性描写の生々しさという表面的な部分に焦点を当てていました。この原作を映像化するのは大変なんじゃないか、と単純に思ったんです」

 記者も初めてこの小説を読んだときはコーフンを隠せなかったのを思い出した。「松ケンもやっぱり男だなぁ」と一瞬共感を覚えたのだが、もちろん凡人と天才肌の演技派俳優の立場は違う。「僕は原作の“アレ”をやるんだと思って相当覚悟したんです」という。

 だが、映画の露出はグンと抑えてある。「僕は、あのバストアップ(だけの描写)ですごく正解だと思った。心がすごく見えやすくなった。肉体がすべて見えていたり動きが激しいだけだったりしたら、そこに焦点が当たってしまって、心が見えづらいですから」

 とはいえ、セックスはこの作品の重要なファクター。その点はしっかり認識している。「セックスというカテゴリーを、海外の人は普通に話すんです。そういう話をすることは今の日本人にとっても大事だと思うんですよ。隠しすぎることによってセックスレスが生まれてきたような気がする。セックスは生きることや社会の根本。隠しちゃいけない」とアツいのだ。

 ワタナベは人を愛して傷つくが、他人の人生にぐいぐいと踏み込むタイプではない。対女性ではあくまで受け身。「僕も、傷つきたくないんです。人に近づいてきてもらいたくないというか、ちょっと薄情なんで。今の人って、そういうところが結構あると思います」

 いやいや、何をおっしゃる。レッドカーペットのイベントでは誰よりも丁寧に、多くのファンにサインしていたのに。

 どんな役でもこなす芸域の広さに加え、人柄の良さもあって、世間にもギョーカイ内部にも絶大な人気を誇る。それなのに、不安はあるという。

 「必死ですけどね。(芝居が)順々にできているわけじゃなく、一気に飛び跳ねてしまう仕事もあって」

 「自分のギリギリで挑戦している作品がすごく多い気がする。そろそろ、身のほどを知らないといけないな。身の丈を超えてしまうような役に挑戦してしまうのは、ギャンブルですからね。破滅したら何も残らない」

 いささか苦笑しながら、しかしこう付け加えた。

 「この作品のように、地に足の付いた仕事もやり、挑戦もやり、と」

 やっぱりすごいや、この役者。

ペン・萩原和也/カメラ・緑川真実/

■まつやま・けんいち 1985年3月5日、青森県生まれ、25歳。2001年、「New Style Audition」でグランプリを受賞してモデルデビュー。03年、「アカルイミライ」(黒沢清監督)で映画デビューし、05年、「男たちの大和/YAMATO」、06年、「デスノート」「デスノート the Last name」など相次いで映画出演。役に入り込む演技力でまたたく間に若手俳優のトップに躍り出る。「ノルウェイの森」以降にも「GANTZ」「マイ・バック・ページ」「うさぎドロップ」「僕達急行 A列車で行こう」など主演級作品がずらりと待機中。いま、映画監督が最も一緒に仕事をしたいと思う俳優の1人。





私は前田氏も参加している「映画ジャッジ」は楽しく拝見しているのですが…

そちらには前田氏はじめ、まだどなたも「ノル森」批評書いてなかったので…

友達に教えてもらうまで気が付きませんでした

前田氏が「ノルウェイの森」75点!驚きですぅ~

ちなみに「カムイ外伝」は30点…

「誰かが私にキスをした」は35点でした


では映画批評家 前田有一氏の記事より


『ノルウェイの森』75点(100点満点中)

ノルウェイの森 2010年12月11日公開 全国東宝系 2010年/日本/カラー/2時間13分/PG12作品 配給:東宝
原作者:村上春樹 監督:トラン・アン・ユン 撮影:李屏賓(マーク・リー・ピンビン) 音楽:ジョニー・グリーンウッド 出演:松山ケンイチ 菊地凛子 水原希子 玉山鉄二

≪原作ファンにすすめたい≫

『ノルウェイの森』がブームとなった80年代後半は、赤と緑の二冊組のハードカバーを持って歩いているだけで、なんとなく教養があるふりができた古き良きバブル時代である。普通の男女がブンガク作品をデートの話題にするようになったほどの、歴史に残る社会現象であった。

私のような恥ずかしがり屋の純情ボーイにとっては、この作品は下心を隠して女の子とエロ話をするための材料のようなもの。だからこそ異常なまでの大ベストセラーになったのだと、いまだに私は固く信じている。

昭和40年代。ワタナベ(松山ケンイチ)と親友のキヅキ(高良健吾)、キズキの彼女である直子(菊地凛子)は3人でいつも仲良く過ごしていた。だがキズキが謎の自殺を遂げ、残された二人は深く傷つく。ワタナベは反動で大学では女遊びに走り、直子は療養のため入院した。直子への思いを忘れられぬワタナベだったが、やがて大学で爛漫な少女、緑(水原希子)と出会う。

喪失と再生を主題にしたノスタルジックな恋愛物語であり、切ない青春ドラマ。ストーリーを説明されてもこれっぽっちもその魅力は伝わらない、そんなタイプのお話である。

原作と比較すれば当然いろいろ省略されているが、違和感はない。むしろ、よくこれほどに原作のムードに忠実に映像化したものだと驚かされる。

監督したのはベトナム出身のトラン・アン・ユン。カメラマンもアジア各国で活躍するマーク・リー・ピンビン。映画ファンならば、文芸映画にふさわしい美しい映像になるだろうと容易に予測できる顔ぶれだ。しかし、なんといっても他のスタッフ、キャストは言葉の通じぬ日本人ばかりであるから、なぜこんなに見事な「日本映画」を作れたのだろうと驚くところ。

そのあたりの事情をいろいろ聞き調べたところ、どうやら通訳を担当したスタッフが相当優れていたというのが結論のようである。細かいところを見ると、ややセリフを言いよどんだようなテイクが採用されていたりと、外国人監督らしい仕上がりは感じるものの、それがマイナスに感じられないほどの「ムード」をこの映画は持っている。

とくに、「ノルウェイの森」といえば欠かせない直子のフェラシーンなど、根性のない監督であればバッサリカットしそうなものだが、さすがはトラン・アン・ユン監督。芸術性の高さをまったくスポイルしない方法で、ちゃんと二人の全身を映したまま表現するという離れ業を見せつけた。映画史上もっとも美しいブロウジョブとして、人々は菊地凛子の名を記憶にとどめることになるだろう。

その菊地凛子だが、なかなかのカメレオンぶりを本作でも発揮。透明感と陰の両方を併せ持つ直子というキャラクターを、完全にものにしている。主人公をどこか寄せ付けないようにも、かといって手を放したら消えて無くなりそうにも見える、一筋縄ではいかないヤンデレな魅力をものの見事に表現した。言葉など通じなくとも、彼女レベルになれば監督の意図するところをきっちりと受け止められるのである。さすが、恋人が映画監督だけのことはある。

「ノルウェイの森」は、いくつもの三角関係が雪の結晶のように複合したドラマなのだが、いろいろ省略したといってもそのあたりの根本的な構造は映画版でもしっかり構築されている。あらすじに書いた3人の関係、キズキがいなくなったあと、緑が入り込んだ三角。あるいは療養所のレイコさんを加えた3人。はたまた主人公に永沢さん(玉山鉄二演じるインテリなプレイボーイ)とハツミさん(永沢に恋するお嬢様)の3人。

それぞれの三角関係で、主人公の立ち位置はぐるぐると入れ替わる。そのめくるめくような愛憎のドラマを、ちゃんと映画版でも楽しめる。

ちなみに主人公と永沢、ハツミの3人がレストランで会食する場面での、ハツミ役、初音映莉子の表情の変化はこの映画有数の演技面での見せ場である。こちらの背筋が凍るような緊迫感を感じられる、オススメのシーン。見逃さぬよう。

村上文学が国民的人気を博し、教科書にものってるほどといわれるウクライナやロシアをはじめ、すでに数十か国で公開が決まった本作。恋愛のドロドロダークサイドを余すところなく描き、まさにクリスマスに見るのにぴったりな作品といえる。いや、そんなわけはないが、それでも今年の冬のオススメのひとつとして、原作ファンはぜひ映画館に出かけてほしい。




映画ジャッジ!
前田有一の超映画批評


関連記事
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

初めて明かす…瞳みのるインタビュー

今日は京都!

comment iconコメント

comment avater

catsママ

ノンキさん、まいどっ!

話題がありすぎて…(うれしい悲鳴v-8
更新するので手いっぱい(笑)でコメ返遅れ気味…m(__)m

「映画ジャッジ」…気が付きませんでしたが、
言われて覗きに行ったら…確かに10月で停まっている模様…
結構気に入っていたので残念…(だったら気付けよ!という感じですが…)

3時間30分バージョン???
だったら途中で休憩入れて、この長さで公開すれば良かったのに~
このロングバージョンのDVD発売ないかなぁ~
観たい!です。





2010年12月17日 11:44

comment avater

ノンキ

No title

『原作の”アレ”やる覚悟』記事 おもしろ~い!
ライターの萩原和也さん 名前をチェックしておこうっと。

「映画ジャッジ!」
閉鎖したのか? 更新ストップされていますネエ?

巨大SNS情報
『ノル森』 2時間15分にカットする前の3時間30分バージョンがあるらしい。
DVD発売後に 世にでてこないかなぁ?
ひそかに期待したい!

2010年12月16日 21:16

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)