いよいよ、「平清盛」の出演者決まりましたね

特に「源頼朝」はナレーションも行うとの事で…誰になるのか興味深々でしたが…

岡田将生さんですか…ちょっと意外でした…もっとキャリアのある方と思っていたので…

でも考えてれば、今までにない動きのある清盛像が期待でき、今から楽しみです

松山くんもインタビューで言っている

「頼朝って、清盛をこういう風に考えてるんだと思った。

敵味方、赤白とかじゃなく、複雑なドラマの作品になる」

ですか…そう言われればナレーターが頼朝という事は、頼朝から観た清盛像が描かれるわけなのですね…

まったく歴オバでない私は…

少し勉強しま~す



2012年大河『平清盛』のキーマン・源頼朝役に岡田将生 語りにも抜てき

3次発表1

オリコン 8月8日(月)17時0分配信

 松山ケンイチ主演の2012年NHK大河ドラマ『平清盛』の新キャスト8名が8日、発表された。平家滅亡と鎌倉幕府を成立させる源頼朝役に大河初出演となる俳優・岡田将生(21)を抜てき、“語り”にも決まった。大河史上最年少の頼朝となる岡田は、会見で「俺でいいのかなと思いながらワクワクしてる自分に驚き。こんな若輩者と思われるかもしれないけど、自分らしくできれば。チャレンジ精神で頑張る」と意気込んだ。頼朝の妻で、頼朝亡き後に尼将軍として幕府を支える北条政子には杏(25)が決まった。

 平安末期の乱世には、清盛を取り巻く数多くのリーダーがいた。平治の乱で父・義朝が破れるも、清盛に命を救われて伊豆に流され、後に日本の頂点に立つ頼朝。岡田は「若い僕がナレーションをやるのは大変なこと。初めてで恐いけど、チャレンジ精神で頑張る」と緊張の面持ちながらも力強く語った。岡田が「歴史に疎い」と明かせば、その妻となる杏は“歴女”としても知られる。「私もまだまだ勉強中。オススメは、鎌倉に行った時に乗った人力車。乗せてくださる方が、町を見ながら一つひとつ教えてくれる」と勧めていた。

 そのほか、保元の乱で清盛と敵対する崇徳天皇側に付き、平家分裂を引き起こす平忠正を豊原功補(45)。平家繁栄の礎を築いた清盛の祖父・平正盛を、1971年放送『春の坂道』以来40年ぶりの大河ドラマ出演となる中村敦夫(71)。最高権力者として君臨する白河法皇を伊東四朗(74)。白河法皇の子を宿し、清盛の母となった舞子を吹石一恵(28)が演じる。清盛の出世を陰から支える平時忠役のV6・森田剛(32)は「自分に正直に生きた人だと思うので、しぶとく演じたい」と意気込みを語った。さらにオリジナルキャラクターとして、瀬戸内海全体を仕切る「西海の海賊王」兎丸役で、極楽とんぼ・加藤浩次(42)が大河初出演を飾る。

 クランクインを10日後に控えた松山は「今回の清盛は、教科書に載っているのとは全くイメージが違う。イメージを変えたいとも思ってる」と新たな清盛像の確立を目指し、頼朝視点のストーリー展開に対しては「頼朝って、清盛をこういう風に考えてるんだと思った。敵味方、赤白とかじゃなく、複雑なドラマの作品になる」と期待を込めた。

 同作の磯智明チーフプロデューサーは、岡田の起用理由を「一番強敵だと思ってた清盛を何よりも一番知っていて、評価していた頼朝視点で始める。13歳の頼朝が伊豆に流され、北条政子と出会い、打倒清盛を決意し兵をあげる。そうするとある程度若くしないといけない不安があった時、全部クリアできる人は岡田さんしかいないと思った」という。映画『悪人』『告白』で日本アカデミー優秀助演男優賞を獲得している岡田を「松山さんとぶつけるのは面白いと思った」と鼻息荒く構想を語っていた。

 平安時代末期に生まれ、武士の新興勢力・平氏のもとで育てられた清盛は、養父・忠盛とともに海賊退治に繰り出し、瀬戸内の海賊を束ねて人心を掌握していく。やがて日本の覇者となるや「貿易こそがこの国の豊かになる道」と説き、中国との交易で巨万の富を築いていくが、急激な変化は人々の反感を買うことになり、源氏との対立によりその夢は海の藻屑と儚く消える――。

3次発表2

3次発表3
う~~~ん もう少しシ、シヤープに
岡田君の爽やかさに負けちゃうぞ~





こちらはNHKさんより

3次発表0

平氏
平 清盛:武士として初めて日本の覇者となる 松山ケンイチ
平 忠盛:清盛の育ての父 中井貴一
平 正盛:清盛の祖父 中村敦夫※
平 忠正:清盛の叔父 豊原功補※
平 家盛:清盛の異母弟 大東俊介
平 家貞:平氏の重臣 中村梅雀
平 盛国:清盛の兄貴的存在 上川隆也
伊藤忠清:平氏の侍大将 藤本隆宏
平 盛康:平氏の家人 佐戸井けん太※
平 維綱:平氏の家人 尾美としのり※
平 宗子:忠盛の正室。清盛の継母 和久井映見

清盛の家族
平 時子:清盛の後妻 深田恭子
平 時忠:時子の弟 森田 剛※
平 滋子:時子の妹。後白河上皇に嫁ぐ 成海璃子
高階明子:清盛の先妻 加藤あい

源氏
源 義朝:源氏の棟梁。清盛のライバル 玉木 宏
源 為義:義朝の父 小日向文世
鎌田通清:源氏の家人 金田明夫※
鎌田正清:通清の息子 趙 和※
由良御前:義朝の正室。頼朝の母 田中麗奈
常盤御前:義朝の側室。義経の母 武井 咲
源 頼朝:義朝の息子 岡田将生※
北条政子:頼朝の正室 杏※

清盛の友人
佐藤義清(西行):清盛の親友 藤木直人
高階通憲(信西):清盛の師 阿部サダヲ
兎丸:海賊の棟梁 加藤浩次※

王家
後白河天皇:清盛の天敵であり友人 松田翔太
鳥羽上皇:後白河の父 三上博史
藤原璋子:鳥羽の中宮。後白河の母 檀 れい
美福門院:鳥羽の中宮 松雪泰子
堀河局:璋子の侍女 りょう
崇徳天皇:後白河の異父兄 ARATA
白河法皇:後白河の祖父。清盛の実父 伊東四朗※
舞子:白河の愛人。清盛の実母 吹石一恵※

貴族
藤原忠実:藤原摂関家の長。元関白 國村 隼
藤原頼長:忠実の次男 山本耕史
藤原忠通:忠実の長男 堀部圭亮※
藤原家成:新興貴族。平家の理解者 佐藤二朗※



関連記事
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

『うさぎドロップ』謎のダンスシーン!

「道*老虎再来」瞳みのるのCD/DVD

comment iconコメント

comment avater

catsママ

お暑うございます

ノンキさん、こんちはv-222
私も最初の頃、岡田将生くんと三浦春馬くん、ごっちゃになってたv-12

ぉお~早い!もう清盛本買ったんですか…
私は、秋になったら出るであろう松山清盛が載っている本が出てから!
とのんきに構えておりますが…v-15
ただの歴史本…ぜったい挫折しそうだし…
毎年沢山出るじゃないですか、大河に向けて!

松山くんの写真満載のがぜったい楽しい!どうせつい買ってしまうだろうし…
という事で、もうしばらく待つつもり…

ひら積みになった清盛ケン、スッキリ精悍清盛になっていますように…(頼むよ~)

2011年08月10日 19:12

comment avater

ノンキ

No title

数年前まで 岡田将生くんと三浦春馬くんとの区別がつかんかったです。
(とある業界では、「春馬キュン」ていうの?…どっかで見た)

う~ん たしかに
左上 松山時計人物の5年後がこの方とは!?e-263
この話題は やめとこう・・・

自分も歴史関係苦手なんで→普遊社 歴史探訪シリーズ「平清盛」¥680を
買ってみた。 
昨年末 書店の店頭に「江」関連本が何種類 平積みされていたことか!
今年も晩秋から スゴイことになるよねえi-70

2011年08月10日 09:02

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)