松山ケンイチ、今年1年の成長を実感「子どもや結婚が大きかった」


スポーツ映画大賞2011-1
『第24回日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞』で主演男優賞を受賞した松山ケンイチ (C)ORICON DD inc.


俳優の松山ケンイチが28日、都内で開催された『第24回日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞』授賞式に出席。『ノルウェイの森』や『GANTZ』シリーズなどの演技が評された松山のもとに、昨年の同賞受賞者で所属事務所の先輩の妻夫木聡がプレゼンターとして登壇。「最初は無口な奴だったけど…」と饒舌にスピーチした後輩に感心すると、松山は「子どもが産まれてくることや結婚も凄く大きかった」と、父親としても俳優としても成長できた1年を振り返った。

妻夫木との初共演作『マイ・バック・ページ』や芦田愛菜と出演した『うさぎドロップ』など、話題作への出演が目白押しだった松山は「歴史ある賞をいただき、ありがたく思う。年末に気持ちの高ぶるものをいただき、1年を締めくくれて幸せ」と深々とお辞儀した。

来年はNHK大河ドラマ『平清盛』の主役を張るとあって松山は「結構撮影は大変ですが、妻夫木さんの『天地人』と同じスタッフさんで、妻夫木さんが『宜しく』とおっしゃってくれたので、良くしてもらってる。熱中してやらせてもらってます」とさらなる高みを目指すことを誓った。

そんな後輩の姿に妻夫木は「無口な奴だったけど、まさか表彰式で清盛の宣伝もできるようになるとは」と茶化しながら祝福していた。

故・石原裕次郎さんの誕生日にちなみ、毎年12月28日に行われている同授賞式。新藤兼人監督が『一枚のハガキ』で作品賞と監督賞の2冠に輝いたほか、主演女優賞を宮崎あおい、助演男優賞を西田敏行、助演女優賞を加賀まりこ、新人賞を井上真央、外国作品賞を『英国王のスピーチ』、石原裕次郎賞を『探偵はBARにいる』がそれぞれ受賞した。

スポーツ映画大賞2011-2
スポーツ映画大賞2011-3
スポーツ映画大賞2011-4
スポーツ映画大賞2011-5


関連記事
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

良いお年を!

Merry Christmas!

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)