ザ・タイガースへの愛情溢れるとっても素敵な日記を教えて頂きましたのでご紹介

紹介いただいた動画は「森本タローとスーパースター」

そこにピーも映っているので、拝見させていただく機会に恵まれ、

この素敵な文章に巡り合いました

是非是非みなさんにもと思い、ご本人様から了解を頂き載せさせていただきました。


ばんびさんの日記



ザ・タイガース 5/6 と「ロンググッバイ」

1月24日、ザ・タイガース武道館ファイナルに行ってきました。
ステージの裏側、北スタンドの2階の最後列までぎっしり埋まり、更に各スタンドの後ろは立ち見席まで。
スタンド360度、2階の天井まで人がぎっしり!!すごい!!

正式には「沢田研二ライヴ」。そこに、瞳みのる・森本太郎・岸部一徳がゲスト出演。ザ・タイガース時代の曲オンリーという構成。
昨年9月8日の国際フォーラムから、昨日の武道館まで、全37公演の全国ツアー。
数えてみたら、計13回行ってた 1/3以上制覇してるっ

で、昨日のファイナルには、シロー(岸部四郎)が登場。
ステージ脇までは車椅子で。そこから、ステージ中央まで、サリーに支えられて、杖をついての歩行。
お加減が悪いとは聞いていましたが、その憔悴ぶりには、驚かされました。
自立もできず、手足も不自由な様子で、ステージ中央に用意された椅子の上でじっとしているシロー。話をするのもシンドそう。

「まさかもう一度武道館のステージに立つ日が来るなんて夢にも思わなかった。絶対ムリやと思っていたけど、ジュリーが何度も何度も“大丈夫や”って誘ってくれた。今日、ここにいられるのは、ほんとにジュリーのおかげです」と。
「昔のような高い声は出ない、歌えない」と言いながら、ジュリーに「声出とったがな。リハーサルでちゃんと歌えてたよ」と励まされ、メンバー4人に囲まれて、「若葉のころ」を歌唱。

・・・なんか、気がついたら、泣いてたわ。
ジュリーも「シローが勇気を出して、出てきてくれた」と言っていたけれど、かつてのBIGスターが、やつれた姿を衆目にさらす事は、本当に勇気の要ることだったと思います。
それでも出てきたシローの勇気に感動したんだな、きっと。

で、シローが1曲歌って退場したのちは、「次は、兄が歌います」えええ~っ!!!!!!
今回のツアーでは、一度もソロをとらなかったサリー。
なのに、今夜だけ、当時の持ち歌だった「テルミー」を!腰をクネクネさせる、あの独特な奏法でベースを弾きながら、あの低音で!
ほんと、かっこ良かった~。

一瞬とは言え、ジュリー、サリー、タロー、ピー、シローの5人が揃い、本物の「ザ・タイガース」となった昨夜。
今から41年前の1971年1月24日に、この5人で、この武道館で最後のコンサートを行い解散。

そして、その夜のうちに荷物をまとめて京都に帰郷。以後、約40年の間、メンバーとの交際を一切断ち、その所在すら知らせずに来たピー。

そして、そのピーが去っていく時の様子と、その後のピーへの想いを歌ったのが「ロング・グッバイ」(作詞:岸部一徳・沢田研二、作曲:森本太郎)。
今回の再結成への、最初の最初の一歩となった曲。
元々は、タローの現在のバンド「森本タローとスーパースター」の曲で、“タイガース解散記念日ライヴ”と題して行われる1月のライヴの時にだけ歌ってきた曲。
毎年、泣きながら歌ってたな、太郎さん。

後に、ジュリーが自身のアルバム『ROCK'N ROLL MARCH』(2008年)に収録。ジュリーの曲としても知られることに。

その後、ジュリーがNHK「SONGS」でこの曲を歌い、それが人ずてにピーに伝わり、メンバーとの再会へと繋がっていく。




このPVは、ピーとメンバーが再会を果たし、再結成に向けて練習を始めた頃に作られたもの。
“ロンググッバイ”の前のピー、“ロンググッバイ”のあとのピーが、ドラムを叩く姿がおり込まれている。

1971年1月24日のピーとの別れの場面を歌った1番・2番の歌詞を書いたのがサリー、その後の想いを綴った3番の歌詞を書いたのがジュリー。

こんなに長い別れになるなんて あの時は思わなかった
23歳のときだったね 一緒に帰ろうって言われたけど
僕には何処に帰るのかわからなかった
君はたぶん友達に戻ろうって言ったんだね
本当に本当に楽しくていつも一緒にいた
永遠に今が続いていくと思っていたあの頃に

こんなに長い別れになるなんて あの時は思わなかった
1月24日最後のコンサート 夢から帰っていった
僕には何処に帰るのかわからなかった
だからたぶん僕は笑っていたかもしれない
本当に本当に楽しくていつも一緒にいた
永遠に今が続いていくと思っていたあの頃に

僕らはきれいな大人になれたかな 年ばかり重ねてきたな
30年以上、すきまは重いけど 今なら笑い合いたい
僕には君の決断がまぶしかったよ 君は今東京のどこかで暮らしてるんだ
本当に本当に君のこと いつも気にかけてる
永遠の今が続きならば 一度酒でも飲まないか

・・・
昨日、シローも入れて5人揃った姿を見たとき、
ほんとに長い長い道のりだったんだろうなって思った。
結局、もう1人のタイガースは、最後まで背を向けたままだったけれど、
ピーには、この歌がちゃんと伝わったんだよね。







いかがでしたか…?

素敵な文章でしょ…?

最後にジュリーの「ロング・グッバイ」を




関連記事
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

次は…

沢田研二『日本武道館』ライブ

comment iconコメント

comment avater

catsママ

みーたさん…

ハーイ!
頑張りますv-222

2012年02月07日 18:39

comment avater

みーた

2月17日

トークライヴ初日のレポ、楽しみにしていますね!!
いつの日か、きっとまたお目にかかれますように(*^。^*)♪

2012年02月07日 00:32

comment avater

catsママ

みーたさん、お久しぶりです。

武道館ではお会いできるかと思っていましたが…
お互いすれ違いで…残念でした。

タローさんのこの動画は初めて見ました。
みーたさんはもう既に知っていらっしゃったのですね。

次は2/17の講演会ですv-238
行ってきたらまたレポしますねv-237

2012年02月03日 15:00

comment avater

みーた

ありがとう!!!

catsママ ご無沙汰ばかりしていました。

それなのにそれなのに。。。何てお礼を申し上げてよいのかわかりません;
本日、心から感謝しお礼申し上げます。幸せです☆

ばんびさんの日記
素敵なレポートですね!
武道館の感動がよみがえってきました。

タローの「ロング・グッバイ」も大好きです♪
素のままのピー、最後の照れ笑いがまた何とも言えません(キャッ!)

2012年02月03日 01:10

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)