最近…遅ればせばかりの話題で冷や汗ものですが…

20日放送のニッポン放送「高田文夫のラジオビバリー昼ズ」(11:30~)にご出演~



「一緒にやりたいと思わせる監督だった」ラジオ収録で森田さんしのぶ
まんたんウェブ 2月13日(月)21時46分配信

ニッポン放送
「高田文夫のラジオビバリー昼ズ」の収録に登場した(左から)高田文夫さん、松山ケンイチさん、松本明子さん


 俳優の松山ケンイチさんが、ニッポン放送の「高田文夫のラジオビバリー昼ズ」の収録に臨み、昨年12月に急性肝不全で死去した映画監督の森田芳光さんについて高田さんと思い出を語り合い、「どんな役でも森田監督とだったら、一緒にやりたいと思わせる監督さんでしたね」としのんだ。

 松山さんは森田さんの遺作「僕達急行 A列車で行こう」(3月24日公開)に主演、高田さんは森田さんと同じ大学の落語研究会の先輩。渋谷・松濤スタジオで行われた収録で高田さんは「こうやって結果として森田監督の遺作に主演することになった松山くんとここ渋谷で会うっていうのもうれしいね」と語った。

 松山さんは「作品も面白いんですが、何よりも独特の感性をお持ちでしたね。言葉遊びが好きというか」と森田さんの魅力を語り、「現場でやっていたことは、違う監督の現場でははまらないんですよ。本当に独特でしたね」と撮影を振り返った。

 このほか松山さんは、デビューのきっかけや青森から上京してきたときの話、役作りについて、現在出演中の大河ドラマなどについて話した。20日午前11時半から放送される。(毎日新聞デジタル)





松ケン、ニッポン放送に“初出演”


俳優、松山ケンイチ(26)がニッポン放送の番組にトークゲストとして初出演することが12日、分かった。20日放送の「高田文夫のラジオビバリー昼ズ」(月~金曜前11・30)で、昨年12月に亡くなった故・森田芳光監督(享年61)との思い出話などを披露した。

 松山は昨年、森田さんの映画「僕達急行A列車で行こう」に主演。森田さんが東京・渋谷生まれだと知ると「東京で初めてマネジャーさんと待ち合わせたのが渋谷のスクランブル交差点でした」と故郷・青森から上京したときのことを懐古。「森田監督はユーモアのある人で…。独特でした」と振り返った。

 そのほか、主演のNHK大河「平清盛」(日曜後8・0)への思いなどを披露。松山は終始、津軽弁まじりのほんわか口調でユーモアたっぷりのトークを展開していた。

(2012.2.13 サンスポ紙面から)



関連記事
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ミュージック・ペンクラブ音楽賞

 映画「僕達急行 A列車で行こう」

comment iconコメント

comment avater

catsママ

ありゃりゃりゃりゃ~

みかんさん、こんにちは v-222

ラジオを聴く習慣がないもので…
案の定、本日聴き逃してしまいました v-12

オンデマンドあるか調べなくては…v-292

とーぜんの事ながら…ジュリーがこの番組常連さんというのも知りませんでした v-13


2012年02月20日 15:00

comment avater

みかん

No title

この番組にケンイチ出てたんですか!・・・と言ってもうちでは多分入らないのでネットラジオで聞くしかないなあ。。。

この番組、ジュリー常連さんですよね(*´∀`*)

2012年02月18日 07:44

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)