僕急公式3
僕急公式4
僕急公式5





松山ケンイチ :森田監督の教え胸に感謝の言葉 遺作映画公開初日

12-3-24mantan1.png
森田芳光監督の直筆「ありがとう」のボード前に並んだ
(左から)貫地谷しほりさん、松山ケンイチさん、村川絵梨さん


 昨年12月に急逝した森田芳光監督の遺作となった「僕達急行 A列車で行こう」が24日公開初日を迎え、主演の松山ケンイチさんが東京・渋谷の映画館であった初日舞台あいさつに登場。松山さんは森田監督から演技指導で「人間がまじめに生きているところに生まれる笑いを撮りたいから、人を笑わせようとする演技はやめてくれ」と常々言われたことを明かし、「そのような考え方をアドバイスしてくれたのがありがたかったし、監督はどの現場でも一カット一カットを楽しんで、人とコミュニケーションするのも楽しんでいて、ポジティブなものをいただいた」と感謝の気持ちを言葉にした。

 映画は、森田監督が十数年前から温め続けていたオリジナル企画を実現させた遺作。大企業で働くマイペースな青年・小町圭(松山さん)と下町の鉄工所の跡取り息子・小玉健太(瑛太さん)という対照的な2人が、大好きな鉄道を通して友情を育み、恋に仕事に悪戦苦闘する姿をのびやかなユーモアで描いたハートフルコメディー。

 松山さんは「いろんな幅広いジャンルを撮られてきた監督の、原点とも言えるような作風」と話し、「本当だったらここに監督がいてもおかしくないんですけど……それはすごく残念ですけど、でも作品に大事なメッセージや監督のエールがこもっています」と語った。

 舞台あいさつには、共演者の貫地谷しほりさんと村川絵梨さんも出席した。
(毎日新聞デジタル2012年03月24日)


12-3-24mantan2.png

12-3-24mantan3.png

12-3-24mantan4.png

12-3-24mantan5.png

12-3-24mantan6.png

12-3-24mantan7.png

12-3-24mantan8.png

関連記事
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「僕達急行 A列車で行こう」初日舞台挨拶2

「ウイダーinゼリー」続報!

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)