最近の清盛…ケンイチ君の老け演技スゴイな!と…

つくづく感心の今日この頃

オリコンスタイルさんにちょっと嬉しい記事が…

こういう視点の記事をもっと取り上げて欲しいですね




ドラマでアンチヒーローから脱却『平清盛』


 『平家物語』ではヒール役だった平清盛に、新たな角度から光を当てることによって、躍動感溢れる魅力的な人物として描いたNHK大河ドラマ『平清盛』。ユーザーアンケートによると、視聴した後に、「平清盛」のイメージがアップした人は半数を超えていた。「歴史をもっと知りたいと思った」(女性/20代/秋田)と、平安時代の歴史や人物相関に興味を持つ声も多い。

 物語が複雑で、登場人物がかなり多いことを、視聴率苦戦の理由の1つに挙げる声もあるが、熱心な視聴者は清盛の功績は、有名な「保元の乱」「平治の乱」での活躍ではなく、厳島神社設営や宋との交易、瀬戸内海航路の開設、大輪田泊の修築などを挙げ、先見の明を持ちスケールの大きな実力者としての清盛を理解している。

 また、「時代考証などがしっかりしていて、観る前とではイメージが変わった」(男性/30代/熊本)、「時代考証上は問題ないが、一般受け、とくに女性受けしないのではないか」(男性/40代/大阪)という声も。そう考えると、難を言えば、解説の仕方にいっそうの工夫が必要であったのかもしれない。

 主演の松山ケンイチのイメージは清盛のイメージと重なる点が多く、概ね好評価を得ており、その他のキャストに関しては、前半を引っ張った平忠盛役の中井貴一、信西役の阿部サダヲ、玉木宏、松田翔太、伊東四朗らの評価が高い。新鮮なキャスティングに対する視聴者の反応も良く、終盤でどのキャストがどんな強い印象を残すのかは興味深いところだ。

 いずれにせよ、これまでの「アンチヒーロー」といった清盛へのイメージは払しょくされ、統率力のあるリーダー、時代を変革した人物として、再評価されていることは、今回のアンケート結果から見ても明らかだ。
(オリジナル コンフィデンスより) 2012年09月30日



グラフ1
平清盛のイメージ<グラフ>


グラフ2
ドラマ『平清盛』を見たことによるイメージの変化<円グラフ>




最後にわたくし事ですが…

本日10月1日で、このブログを始めて丸3年経ちました。

正直…飽きっぽい私がここまで続くとは…(笑)

まあ更新は遅れがちですが…ね

それもこれも…ケンイチ君と…ブログで知り合った沢山の皆さんのおかげです。

ありがとうございました

これからも、拙いブログですが応援よろしくお願いします

ちなみに初記事は…「カムイ外伝」でした。懐かしい~










関連記事
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

キター!松山ケンイチ舞台初挑戦!!

NHK『平清盛』DVD情報!

comment iconコメント

comment avater

catsママ

ありがとうございます!

ノンキさん、いつも拙いブログへお付き合いいただきありがとうございますv-237

どうにか3年持ちました(笑)
ノンキさんはじめ、たくさんの松友さんとも知り合えて…
感謝ですv-238

今日はまたまた素敵なニュースが入って来て…
この記事といい…松山ファンには嬉しい事が続きます。

これからもヨロシク!です。

2012年10月04日 17:35

comment avater

ノンキ

名前入れ忘れ(汗)

↑↑↑は 自分が投稿しましたe-330e-330

2012年10月03日 11:30

comment avater

-

3周年

10/1 3周年おめでとうございます!
自分にとってカムイの頃といえば、
松山サン認識1年目 
コチラさまにまだたどり着かない頃でした。

平清盛のアゲ記事
公記事としては希有ですよね!
「銭ゲバ」みたいに終わってから評価される作品と思われi-239
あと3カ月で終わってしまうのかぁ…

2012年10月03日 11:28

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)