本日Bunkamura オーチャードホールにて、野口五郎コンサートがあり…

わたくしめも行ってまいりました

なかなか重厚な内容で、感激感動を味わってきたのですが

ライブのレポは…今日は遅いので、また近々ゆっくりアップします(笑)

GOROさん発案の「テイクアウトライブ」のことがweb記事になっていましたのでご紹介

で、本日そのテストサービスのため会場に来た方にこんなのが配られました

  ↓

NEC_0357.jpg

GOROさんの写真の名刺サイズのカードの裏にQRコードが付いていて…

それを読み込むと…

たった今観てきたコンサートが観られるという画期的なもの…

残念ながら私のスマホ…

これを見るためのアプリ(それもこのパンフに付いているのだけど…)が取れない…

なぜ~~~

ので、まだ見れてないのですが…

これが実用化すれば、ライブの余韻に浸りながら…もう一度感動を味わえるなんて…

ブラボーーーーー




野口五郎、新サービス快調も「歌で頑張る」

photo1_25003.jpg

 歌手の野口五郎(56)が14日、都内で「GORO NOGUCHI CONCERT Tour 2012~僕をまだ愛せるなら~」を開催した。

 ファン2000人に「愛さずにいられない」「私鉄沿線」など23曲を披露。「きょう、このステージに立たせていただいて、こんなにも時間をともにしてくださる皆さんがいることを、とても幸せに思います。心から感謝しています」と喜びをかみしめ、一礼した。

 この日は、野口が発案したQRコードを用いた新しいデジタルコンテンツサービス「テイクアウトライブ」のテストサービスも実施した。
 同サービスは、アーティストのライブ会場で配布される「テイクアウトライブQRカード」のガイドに従ってアプリをダウンロードし、配布されたQRコードをスマートフォンで読み込むと、見終えたばかりのコンサートを視聴できるもの。

 コンサート後に取材に応じた野口は「考え始めたのは6年くらい前。いきなりひらめいたんです」と経緯を説明。「このサービスを通じて『エンターテインメントって、こんなにおもしろいんだ!』ってことが皆さんに伝わったら、それで十分です。今、見たコンサートが帰りの電車ですぐに見られるなんて、いいじゃないですか。僕だったらうれしいなって思って」と熱い思いを語り、「僕がアーティストだから『こんなことができたらいいな』と気づけたことなんです。それが実現したんです!」と満面に笑みを浮かべた。

 報道陣から「サービスが成功したら、特許料が入って大金持ちですね!」と聞かれると、「いえいえ、そんなことないですし、そんなことは全然考えていません」ときっぱり。「僕はコンサートをやって、皆さんと握手して、CDを売る。歌で頑張ります」と謙虚に語った。

< 2012年10月14日 20:45 >日テレ



野口、ヒデキの“還暦引退”に「ないない」

hot_20121014_180_001.jpg

歌手の野口五郎(56)が14日、“引退宣言”をした歌手・西城秀樹(57)についてコメントした。野口と西城は、郷ひろみ(56)と共に“新御三家”と呼ばれた間柄。西城は今月7日のイベントに登場した際、60歳で歌手を引退すると表明していた。野口は、西城の“引退宣言”について、「ないない」と一蹴。「あいつ、冗談が下手なんです。歌手がそんな簡単に、歌手をやめられるわけがない」と力を込め、「本人に(歌手引退の)つもりはないと思いますよ」と意に介さなかった。昨年、西城が脳梗塞を再発した際には、「虫の知らせで気になって、倒れる2日前に電話した」と明かし、今後コンサートで共演するプランは?には「そんな話ができれば」とうなずいた。またこの日は、野口が発案し、QRコードを読み込むことでライブなどの視聴が楽しめるスマートフォン向けの新配信サービス「テイクアウトライブ」(野口の名義で昨年11月までに特許登録済み)の発表も行われた。
(10/14 20:33)テレビ朝日






関連記事
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「ウイダーinゼリー」新CMが本日よりオンエア

「遠い夏のゴッホ(仮)」

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)