松山ケンイチ、「平清盛」クランクアップに感無量の男泣き!最低視聴率にも誇らしげな表情!


N0047070_l.jpg
松ケン、男泣き!

 [シネマトゥデイ映画ニュース] 26日、渋谷のNHK放送センターでNHK大河ドラマ「平清盛」クランクアップ会見が行われ、主演の松山ケンイチが感無量の表情を見せた。

 2011年8月19日、岩手県のロケからクランクインした本ドラマ。それからおよそ1年2か月という長きにわたり、松山は平清盛を演じ続けてきた。そして本日、第50回(最終回)のワンシーン「水中の清盛」の撮影をもって全てのシーンの撮影が終了。笑顔で登場した松山を会場は拍手をもってねぎらった。

 この1年以上の作品の、およそ6分にわたるダイジェスト映像を感慨深い様子で見ていた松山の目には自然と涙が浮かんできたようで、その涙をぬぐうしぐさも。そして撮影を振り返り「清盛と一緒に歩んだというよりも、清盛にしがみついて、くらいついて演じていったという感じで。油断するとすぐに清盛が遠くに離れていくような。ギリギリしがみつきながら、最後まで演じられたと思います」と感無量の様子。

 兵庫県知事からの「画面が汚い」というクレームや低視聴率問題など、この1年何かと話題を集めた「平清盛」。その低視聴率についての質問を受けた松山は、「自分のまわりでもそういうのは気にするな、本当にいい作品を作っているんだから突き進みなさいと言っていただけるんですが、現場では数字の問題は最初から気にしていない部分があって、そこはあまり考えていませんでした。ただ一つ言えるのは、最低記録を更新できたのはすごく光栄だなということ」と誇らしげに語る。

 さらに「もちろん僕らはそれを狙ったわけではありませんけど、本気で作り上げた作品を出せることはめったにないですし、逆に高視聴率を出すのと同じくらい難しいこと。適当にやったことが画面に出て、視聴者の皆さんが離れていって悪い記録を更新したのなら、それはダメなことだと思いますけども、でもそうではないのでそこには自信を持っていますね」と付け加えた。

 そしてこの日は、共演者の岡田将生、上川隆也、窪田正孝、石黒英雄の4人が松山に花束を贈呈するために来場。上川は「松山君と共に演じられたことを僕自身誇りに思います。最後までかけがえのない最高の友でした」とコメントし、松山をねぎらった。(取材・文:壬生智裕)

NHK大河ドラマ「平清盛」はNHK総合・毎週日曜午後8時ほかにて放送中(全50回、最終回は12月23日)


kiyomoriCU1-560x600.jpg
kiyomoriCU2-560x600.jpg
kiyomoriCU3-560x600.jpg
kiyomoriCU4-560x600.jpg
kiyomoriCU5-560x600.jpg
kiyomoriCU7-560x600.jpg
kiyomoriCU8-560x600.jpg
kiyomoriCU9-560x600.jpg
kiyomoriCU10-560x600.jpg






松山ケンイチ : 「食らいついて演じきった」 「平清盛」撮影終え涙

2012年10月26日

クランクアップ21


俳優の松山ケンイチさんが26日、主演するNHK大河ドラマ「平清盛」のクランクアップを迎え、東京・渋谷のNHK放送センターで会見。これまでの放送をまとめたVTRを目に涙を浮かべながら眺めた松山さんは、昨年8月から1年2カ月以上にわたる長期撮影について「清盛と一緒に歩んでいたというより、僕が清盛にしがみついて食らいついていった感じで、油断すると清盛が離れて行ってしまうような危うい中で、ギリギリ食らいついて最後まで演じ切れたと思います。全身全霊をかけてスタッフ、キャストにぶつかって行けたことは、一生忘れられない経験だった」と感慨深げに振り返った。

 会見の前に行われた記念のセレモニーには、源頼朝役と語りを担当した岡田将生さん、清盛の兄貴的存在の平盛国役の上川隆也さんら共演者も駆けつけ花束で祝福。VTRを涙ぐみながら見つめる松山さんの表情を目にした上川さんは、「あんな顔を見たことなかった。これが松山ケンイチの素の顔なんだなと思った。どれだけ1年2カ月の間、清盛に入り込んでいたのかを思い知らされた気がする。とても胸がいっぱいになりました。ともに演じてこられて誇りに思います。かけがえのない最高の殿でした」とねぎらった。

 また、番組の平均視聴率が、21日放送の第41回で関東地区7.9%(ビデオリサーチ調べ)、関西地区7.5%(同)と大河ドラマとしては記録が残る96年10月以降で過去最低を更新するなど低迷していることについて、松山さんは「現場では数字の問題は最初から気にしていない」としながら、「最低記録を更新できたということはすごく光栄だなと思います。本気でやって、それを出すのはめったにないこと。逆にすごい高視聴率を出すのと同じくらい難しいことなんじゃないかなと思う」とコメントした。

 「平清盛」の撮影は11年8月に岩手県でのロケからクランクインし、同10月からスタジオ収録がスタート。この日に収録された最終回の1シーン「水中の清盛」で、すべての撮影が終了し、撮影期間は1年2カ月以上に及んだ。

 「平清盛」は、武士が貴族たちから差別されていた時代、武士の新興勢力・平氏の元で育てられた少年が、瀬戸内海の海賊を束ねて“武士の王”となり、日本の覇者を目指す姿を描いている。NHK総合で毎週日曜午後8時から放送中。最終回となる第50話は12月23日に放送予定。(毎日新聞デジタル)


クランクアップ22  クランクアップ23  クランクアップ24  クランクアップ25  クランクアップ26  クランクアップ27  クランクアップ28  クランクアップ29  クランクアップ30  クランクアップ31  クランクアップ32  クランクアップ33
クランクアップ34  クランクアップ35  クランクアップ36  クランクアップ37  クランクアップ38  クランクアップ39  クランクアップ40  クランクアップ41  クランクアップ42












関連記事
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

大河『平清盛』クランクアップ情報第3弾

大河『平清盛』クランクアップ情報

comment iconコメント

comment avater

catsママ

どもども!

ノンキさん、お褒めのお言葉…
ありがとうございますv-254

厳選だなんてとんでもない…
ただ、あれもこれもと欲張ってしまいました。

でもこれだけの画像…キャプったのは…褒めて(笑)

2012年10月29日 00:32

comment avater

ノンキ

No title

松山ケンイチさん お疲れさまでした! 

catsさん 第2報
記事を厳選されてるのとってもわかるワァ!
シネマトゥデイは、画像のセレクトが他の記事に比べ抜群。
インタビュー内容も詳しい!
スポーツ新聞芸能記事とは 違うなぁ!

久々のヒゲなしで 見てるこちらがプチ緊張気味になるような・・・

2012年10月27日 09:32

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)