早いもので…「平清盛」次回が最終回…

最終回当日は、NHKさんでケンイチ君も参加のパブリックビューイングなるものが行われ松。

当選した方…大河の締めくくりにケンイチ君と一緒なんて…

素敵なクリスマスプレゼントですね


昨年はもっと早かったと思っていたので今年はなし???

と思っていたバトンタッチ式。

本日行われました。

これからもっといろいろニュースになるでしょうが…第1報という事で





松山ケンイチから綾瀬はるかへ 大河の主役がバトンタッチ

oricon 12月20日(木)

バトンタッチオリコン1
「大河ドラマ主演バトンタッチ」セレモニーに出席した『平清盛』主演の松山ケンイチ(右)と来年の大河『八重の桜』主演の綾瀬はるか (C)ORICON DD inc


現在放送中のNHK大河ドラマ『平清盛』(毎週日曜 後8:00)で清盛を演じる松山ケンイチ(27)と、来年の同ドラマ『八重の桜』の主人公・新島八重を演じる綾瀬はるか(27)が20日、東京・渋谷の同局で行われた「大河ドラマ主演バトンタッチ」セレモニーに出席。松山は「日本一のスタッフ、キャストがついている。周りに頼って、甘えられるところは甘えながらやっていくのも大事」とアドバイスを送った。52作目の大河ドラマで幕末から昭和を生き抜いた女性を演じる綾瀬は「大河の重みを感じています。支えてくれている視聴者に楽しんでもらえるように頑張りたい」と意気込みを新たにした。

 恒例となっているそれぞれのドラマの舞台となる地域の名産品交換では、松山から「神戸ビーフ」。綾瀬からは福島県会津地方に伝わる「起き上がり小法師」が贈られた。起き上がり小法師は綾瀬が午前3時までかけ絵付けした、世界にたった一つのオリジナル作品。綾瀬は「いろいろ失敗もあるんですが」と、侍の頭の横髪を描き忘れてまげだけになっているところを見せて笑わせ、松山は「手作りのものを頂いてちょっと感動しますね」と笑顔で受け取った。

 松山が選んだ「神戸ビーフ」の神戸は、清盛が世界との貿易を進めるために開いた街で、当時は福原と呼ばれた。松山は「神戸の皆さんも大震災を経験し、同じ被災地として福島、東北地方の一日も早い復興を応援しています。その願いを込めました」と話した。

 『平清盛』は16日に放送された第49回で、清盛は突然の熱病に倒れ、危篤状態に陥る。23日放送の最終回では、ついに清盛がこの世を去り、その4年後の壇ノ浦の戦いで平家一門は滅亡。源頼朝(岡田将生)は鎌倉に幕府を開き、清盛が目指した武士の世を受け継いでいく。

 一方、『八重の桜』は1月6日に初回73分拡大版でスタート。福島県会津若松市出身で戊辰戦争の落日、会津の鶴ケ城に500人の女たちと立てこもり、銃を持って戦ったことから「幕末のジャンヌ・ダルク」と呼ばれた八重の一生を描く。維新後は京都へ移り、後に同志社大学を創設するアメリカ帰りの新島襄(オダギリジョー)と結婚。日清・日露戦争時は篤志看護婦として名乗りをあげ、「日本のナイチンゲール」とも言うべき活躍をみせていく。


バトンタッチオリコン2

バトンタッチオリコン3

バトンタッチオリコン4

バトンタッチオリコン5





<大河ドラマ>松ケンから綾瀬に主役バトンタッチ
 「平清盛」最終回は「涙なしには見られない」


まんたんウェブ 12月20日(木)13時4分配信

バトンタッチ2012まんたん1
NHK大河ドラマの主演バトンタッチセレモニーに登場した綾瀬はるかさん(左)と松山ケンイチさん


 23日に最終回を迎えるNHK大河ドラマ「平清盛」の主演を務める俳優の松山ケンイチさんと13年の大河ドラマ「八重の桜」の主演の女優の綾瀬はるかさんが20日、NHK放送センター(東京都渋谷区)でバトンタッチのセレモニーを行った。松山さんは「日本一のスタッフとキャストと仕事をするので、まわりに頼ってもいいと思う。(自分は)最初、緊張したけど、緊張しすぎると表現の幅を狭めてしまい、そこから抜け出すのに時間がかかった」とアドバイスを送ると、綾瀬さんは「甘えるところは、周りに甘えて頑張りたい」と意気込んだ。

 2人はドラマのゆかりの地にちなんだ品を交換した。松山さんは福島県会津地方の「起き上がりこぼし」、綾瀬さんは神戸市の「神戸ビーフ」を受け取った。綾瀬さんは「起き上がりこぼし」の顔などを描いたといい「昨日の(深夜)3時までかけて描きました」と説明すると、松山さんは「手作りは感動しますね。綾瀬さんの気持ちが込められているので、大事にします」と喜んだ。

 また、松山さんは「平清盛」の最終回を「ついこの間、アフレコをして、少し見たのですが、いろいろな思いが込められているので、客観的に見られなかった。涙なしには見られない最終回になっている」とアピール。綾瀬さんは「八重の桜」について「会津の人は戦争に負けて、何もない状態から前向きに生きてきた。そういう姿勢が皆さんの勇気になればと思います」と力強く語った。

 「平清盛」は、武士が貴族たちから差別されていた時代、平清盛(松山さん)が武士の頂点に立ち、日本の覇者を目指す姿を描く。最終回「遊びをせんとや生まれけむ」はNHK総合で23日午後8時から放送。「八重の桜」は福島県出身で戊辰(ぼしん)戦争の落日、会津の鶴ケ城に500人の女たちと立てこもり、銃を持って戦ったことから“幕末のジャンヌ・ダルク”と呼ばれ、後に同志社大学を創設した新島襄の妻となる新島八重(1845~1932)の一生を描く。NHK総合で13年1月6日午後8時から放送。全50回を予定。(毎日新聞デジタル)


バトンタッチ2012まんたん2

バトンタッチ2012まんたん3

バトンタッチ2012まんたん4

バトンタッチ2012まんたん5




こちらは…

NHKさんのドラマトピックスより

恒例!大河ドラマ主演バトンタッチ式典


23日に最終回を迎える『平清盛』から、来年1月6日スタートの『八重の桜』へ――。 先ほど渋谷のNHK放送センターにて、恒例の大河ドラマ主演バトンタッチ式典が行われました。

10月にすべての収録を終えた松山ケンイチさんからは、幻の都・福原にちなんで神戸牛が。 新島八重を演じる綾瀬はるかさんからは、福島名物の起き上がり子法師が贈られました。なんと、綾瀬さんが絵付けをしたオリジナルの子法師です。綾瀬さんいわく「きのう、3時までかけて書き上げた」ものだとか。可愛いプレゼントに、松山さんも顔がゆるんでおられました。



NHKコメ

バトンタッチNHK1

バトンタッチNHK3

バトンタッチNHK2



<松山ケンイチさん、綾瀬はるかさん、お二人の写真は後ほど、追加で掲載いたします>
『平清盛』の最終回は、12月23日。 そして『八重の桜』は、来年1月6日スタートです。




関連記事
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

今年もありがとうございました。

『遠い夏のゴッホ』HP開設しました!

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)