<松山ケンイチ>竹野内豊の醸し出す空気感に感動「別の生き物」

まんたんウェブ 10月31日(木)


オリンピック1031-1
スペシャルドラマ「オリンピックの身代金」で初共演する松山ケンイチさん(左)と竹野内豊さん


 俳優の竹野内豊さん主演の2夜連続スペシャルドラマ「オリンピックの身代金」(テレビ朝日系)の会見が31日、東京・六本木の同局本社で行われ、豪華出演陣が集結した。竹野内さんと初タッグを組む松山ケンイチさんは「竹野内さんは人間なのに人間じゃない。違う生き物のような何かを持っている方だと思っていたんですが、イメージそのままだった」と明かし、竹野内さんを苦笑させた。

 松山さんは以前から竹野内さんが「好きな俳優さんだった」といい、「今回共演できるのが楽しみだった」と笑顔。「一緒にやらせていただいて、言葉では表現できない何かを竹野内さんが持ってらして、それを目の当たりにして感動した。こういう空気感出せる人は竹野内さん以外にいないと思いますし、またぜひ共演させていただきたいです」と語った。一方、竹野内さんも松山さんについて「普段は普通のあんちゃんで非常に親しみやすい方。でも、いざ本番になると心の叫びを見事に目で表現していた。本当に目がすごくいいな、目で全てを語ることができる役者さんだと思った」と絶賛していた。

 「オリンピックの身代金」は直木賞作家・奥田英朗さんの同名小説を原作にした、1964年の東京五輪開催を巡るサスペンス。敗戦からの経済復興を世界に示す一大イベントの開催目前、熱狂に包まれる東京で、警察幹部宅や外務省などを狙った事件が発生し、一通の脅迫状が警視庁に届く。国家の名誉、警察の威信をかけた極秘大捜査の末、容疑者として浮かび上がったのは、名もなき一人の学生だった……というストーリー。同局の55周年記念作品として、11月30日と12月1日の午後9時から2夜連続で放送される。

 ドラマでは竹野内さん演じる刑事たちの活躍が描かれているが、撮影の舞台裏について竹野内さんは「刑事たちとのシーンでは、共演者と早口言葉を争っていた。大人げない現場だった」と暴露。すると、すかさず沢村一樹さんが話に加わり、「警察での場面は男だらけ。女性も子どももいないので、R指定もまったくない状態だった」と会場を笑わせた。

 会見には、竹野内さん、松山さん、沢村さんのほか、黒木メイサさん、泉谷しげるさん、柄本明さん、大杉漣さん、黒川智花さん、斎藤工さん、笹野高史さん、速水もこみちさん、原沙知絵さんも出席した。(毎日新聞デジタル)


オリンピック1031-7 オリンピック1031-12 オリンピック1031-13

オリンピック1031-2 オリンピック1031-3 オリンピック1031-4
 オリンピック1031-5 オリンピック1031-6 オリンピック1031-8
 オリンピック1031-9 オリンピック1031-10 オリンピック1031-11







松ケン、初共演・竹野内にブッ飛び発言「人間だけど人間じゃない」

サンケイスポーツ

ssp20131031533view.jpg


俳優の竹野内豊(42)と松山ケンイチ(28)が初共演し、11月30日、12月1日に放送されるテレビ朝日開局55周年記念2夜連続ドラマスペシャル「オリンピックの身代金」(後9・0)の制作発表会見が31日、東京・六本木の同局で行われた。

 初共演について、竹野内は「普段はあんちゃんだけど、本番では心の叫びを目で見事に表現していた」と役者魂を絶賛。松山は「人間なんだけど人間じゃないイメージの通りの人だった」とブッ飛び発言。その松山をのけぞらせたのが、共演した俳優でフォーク歌手の泉谷しげる(65)。総勢12人の出席者を見て「何でもかんでも呼ぶんじゃねえよ、テレ朝!」と毒づき、個性を発揮した。同番組は直木賞作家の奥田英朗(54)が1964年の東京五輪を舞台に書いた人気小説を初めてドラマ化した話題作。






松山ケンイチ“五輪ドラマ”映画化熱望「豪華で最高の作品」

デイリースポーツ 10月31日(木)

オリンピック1031-ディリー


ドラマの映画化を熱望した(左から)松山ケンイチと会見に出席した竹野内豊、黒木メイサ=テレビ朝日

 俳優の松山ケンイチ(28)が31日、都内で、俳優・竹野内豊(42)主演のテレビ朝日系2夜連続特別ドラマ「オリンピックの身代金」(11月30日、12月1日放送 後9・00)の制作発表に出席し、ドラマの映画化を熱望した。

 1964年の東京五輪を舞台にした人間ドラマには、主演の竹野内を始め、女優の黒木メイサ(25)らキャスト95人、エキストラ3058人が登場。国内外70カ所、2カ月半をかけ撮影した大がかりなドラマに松山は、「キャストが豪華で最高の作品。このドラマが映画になったら1800円で見ていただきたい」と猛アピールした。

 会見終盤には、最後の映画看板師・久保板観氏(72)が今回のドラマ用に手掛けた看板がお披露目された。映画看板をほうふつとさせる俳優陣そっくりの顔が並んだ傑作に松山は、「そっくり。やっぱり映画公開した方がいい」と、スクリーン公開を再度プッシュしていた。





関連記事
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「オリンピックの身代金」開幕まで29日

『春を背負って』クランクアップ会見!

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)