松山ケンイチ主演『家路』がベルリン映画祭正式出品!震災後の福島を描く

2014年1月17日


N0059740_l.jpg
ベルリン映画祭正式出品! - 松山ケンイチと田中裕子 - (C)2014『家路』製作委員会

[シネマトゥデイ映画ニュース] 松山ケンイチ主演映画『家路』が、第64回ベルリン国際映画祭パノラマ部門に正式出品されることが決まった。本作は、東日本大震災後の福島県を舞台に、故郷を失った家族の再生を描いた物語。松山は「出品されることをとても光栄に思いますし、海外の方々にどのような反応をしていただけるのかとても楽しみです」と喜びのコメントを寄せた。

 本作が出品されるパノラマ部門は、作家性と商業性を兼ね備えた作品が集まる部門で、これまでガス・ヴァン・サント、ミシェル・ゴンドリー、マイケル・ウィンターボトムといった名匠の作品が紹介されてきた。また、同部門は「パノラマ部門観客賞」「新人監督賞」「国際批評家連盟賞」「エキュメニカル賞」といった賞の受賞対象部門。近年の邦画では行定勲監督の『パレード』が国際批評家連盟賞に輝いており、『家路』の受賞にも期待がかかる。

 数々のテレビドキュメンタリーを手掛けてきたものの、劇映画でメガホンを取るのはこれが初めてだった久保田直監督は「福島を舞台に家族の物語を紡いだ作品は、どこまで世界の人々の心に届くのか。世界三大映画祭の一つ、ベルリンで上映されることを心よりうれしく思います。『家路』が一人でも多くの方に観ていただけるよう願っています」と現在の心境を語っている。

 映画『家路』では、高校時代にある罪をかぶって福島県の生家を出た主人公・沢田次郎(松山)が3.11以降、立ち入り禁止区域になった故郷に戻り、また暮らし始めるさまがオール福島ロケで描かれる。脇を固めるのは、内野聖陽、安藤サクラ、田中裕子、山中崇、光石研、田中要次、石橋蓮司ら実力派俳優陣だ。(編集部・市川遥)

映画『家路』は3月1日より新宿ピカデリーほかにて全国公開
第64回ベルリン国際映画祭は2月6日から16日まで開催





松山ケンイチ『家路』ベルリン映画祭出品に
「どのような反応をして頂けるのかとても楽しみ」




1-560x600.jpg
松山ケンイチ
©2014『家路』製作委員会 WOWOWFILMS


[シネママニエラ]松山ケンイチ主演の映画『家路』が、第64回ベルリン国際映画祭に正式出品されることが決定した。これを受けて、松山は「出品されることをとても光栄に思いますし、海外の方々にどのような反応をして頂けるのかとても楽しみです」と初のベルリン行きに喜びのコメントを寄せた。

本作は、福島を舞台に3月11日以後、故郷を失った家族の再生を描いた物語。映画『いつか読書する日』『スープ・オペラ』の脚本家・青木研次によるオリジナル脚本。松山は次男の沢田次郎を演じ、次郎の母親役に田中裕子、長男の嫁役に安藤サクラ、次郎の兄で長男の総一役を内野聖陽が務めた。ほかに山中崇、田中要次、光石研、石橋蓮司が出演。主題歌はSalyuの「アイニユケル」。

劇映画初監督作品にしてベルリン国際映画祭パノラマ部門出品という快挙を成し遂げた、久保田直監督も「福島を舞台に家族の物語を紡いだ作品は、どこまで世界の人々の心に届くのか。世界三大映画祭の一つ、ベルリンで上映されることを心より嬉しく思います。『家路』が一人でも多くの方に観て頂けるよう願っています」と期待を寄せている様子。

世界三大映画祭のひとつとして知られるベルリン国際映画祭。『家路』は公式部門のパノラマ部門に出品される。同部門は作家性と商業性を兼ね備えた作品を紹介する部門で、選考対象となるのはパノラマ部門観客賞、新人監督賞、国際批評家連盟賞、エキュメニカル賞といった賞が与えられる。朗報を期待したい。



映画『家路』予告編




日本公開=2014年3月1日
配給=ビターズ・エンド
公式サイト=http://www.bitters.co.jp/ieji/
©2014『家路』製作委員会 WOWOWFILMS



映画『家路』HP → http://www.bitters.co.jp/ieji/#.Utz_-7CCjIU




関連記事
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「蒼の乱」撮影レポート&インタビュー

「蒼の乱」

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)