昨日アップした「春を背負って」トークイベント記事…

情報少ないな~と思っていたら…

今日になって記事も写真も出て来ましたね~

追加でアップし松

それにしても立山連峰にも行ったのですね…知りませなんだ

前日から行って山小屋に泊まった…

やはり歩いて登ったのでしょうかね…ね?





松ケン&トヨエツが「富山」姓に改名宣言!『春を背負って』富山プレミアに2,500人が集結!


107-560x600.jpg
『春を背負って』富山プレミアの様子


[シネマトゥデイ映画ニュース] 8日、笹本稜平の同名小説を木村大作監督が映像化した映画『春を背負って』のレッドカーペットイベントが富山県庁にて行われ、木村監督や主演の松山ケンイチのほか、蒼井優、豊川悦司が登壇した。

 28度の蒸し暑い天気の中、富山県庁前にはなんと2,513名の富山県民が押し寄せ、イベントが始まるギリギリまで観客全員に木村監督が自ら名刺を配りながら「必ず映画観てくれよー!」と一人一人とあいさつを交わす一幕も。

 あふれんばかりの観客を前にした松山は「数百人くらいを目標にすると聞いていたので、本当にうれしいです。皆さんのパワーに圧倒され、こちらがエネルギーを頂いた気持ちになりました」と県民の歓迎ぶりに感激もひとしおの様子。蒼井は「この映画は自分の居場所を探す姿を描いた作品ですが、わたしたちにとっても大汝、立山は特別な場所になりました。わたしたちを快く受け入れて下さった皆さん、本当にありがとうございました」と満面の笑顔で感謝の言葉を述べた。

 また、立山連峰近くの服屋で買ったというTシャツを着て舞台あいさつを行った豊川は「こんなにたくさんの方に集まっていただいて、胸が熱くなりますね。こういうふうに集まって下さるっていうのは、僕ら映画を製作した者にとってはものすごく励みになります。僕、豊川悦司っていうんですが、明日から“富山”悦司として生きていきます!」と突然の改名宣言。その後、TOHOシネマズファボーレ富山で行われた舞台あいさつでは松山が「僕も明日から富山ケンイチになります!」と続き、富山県民を大いに沸かせた。

 木村監督と立山連峰との出会いは、監督が初めてメガホンを取った『劔岳 点の記』(2008)。木村監督はその魅力について「アルプス、富士山、剱岳、360度、日本の山が見える。そんなところで撮影ができるのは立山連峰しかありません」と話した。「木村監督のフィルターを通した大汝の美しさを改めて感じてほしいです」と蒼井が語ったように、日本の映画界が誇る名カメラマンが捉えた壮大な立山連峰の美しさは、富山県民はもちろん、多くの人の心を打つこととなるだろう。(編集部・森田真帆)

映画『春を背負って』は6月14日より全国東宝系にて公開


201-560x600.jpg

302-560x600.jpg

403-560x600.jpg

504-560x600.jpg

605-560x600.jpg

706-560x600.jpg

808-560x600.jpg

910-560x600.jpg

1011-560x600.jpg

1112-560x600.jpg

1213-560x600.jpg








『春を背負って』キャスト陣、木村大作監督と再び立山連峰へ!本物を撮る魅力を語る!


m1N0063648_l.jpg
山岳ロケを行った立山連峰を訪れた木村大作監督、蒼井優、松山ケンイチ、豊川悦司


 [シネマトゥデイ映画ニュース] 笹本稜平の小説を映画化した『春を背負って』に出演している松山ケンイチ、蒼井優、豊川悦司が8日、本作のメガホンを取った木村大作監督と共に、過酷な山岳ロケを行った富山県立山連峰を訪れた。

 前日は大雨と強風に見舞われていた立山だったが、この日は撮影から約1年ぶりに訪れた松山らを晴れ渡る青空で迎えた。松山は「天気の神様はもちろんですが、映画の神様がついてくれていた現場でした。今日もそうですが、撮影中も本当に天気に恵まれていたので、大作さんが晴れにしてくれていたんだと思います」とニッコリ。蒼井も「撮影のときから大作さんがホワイトアウトすればいいなって言っていると、撮影の15分前に晴れだすんです」と奇跡と思われるほど順調に進んだという撮影を振り返った。

 撮影から約10か月ぶりに立山を訪れたという豊川は、「撮影から今日までの間に汚れてしまった心がここでクリーンアップされて、自分のせりふにもあるように胸のすくようないい気持ちになりました」とニッコリ。松山は立山での撮影を「この場所は、いろんなことを忘れて裸になれる場所なんです。昨日は撮影のときにお世話になった山小屋にみんなで泊まったんですが、久しぶりに警備隊の方々やスタッフの方々にお会いできて、楽しくてとてもいい気持ちになれました」と爽やかな笑顔で語った。

 同作は木村監督にとって、興行収入25億8,000万円の大ヒットを記録した初監督作品『劔岳 点の記』から4年以上ぶりとなる作品。昨年の4月にクランクインし、30キロもの機材や小道具などを背負ったスタッフたちと共にキャストたちも5時間かけて山に登った。

 最近は撮影にもCGが多用され、ロケをしなくても雪山の映画が撮れるようになった映画界。だが、木村監督はあくまで「本物」にこだわり続けている。「僕は理屈をこねることができない。だから実際に役者さんにも一緒に山に登ってもらって、本物の場所に立って感じた通りの演技をしてほしい。でもCGもやりたい人はやればいいし、否定はしていないよ。でも若い者もどんどん山に行けばいいと思うんだけど、なかなか後に続かないんだよね。一回気持ちいい映画を撮ってみろよって言いたいよね」と語った。(編集部・森田真帆)

映画『春を背負って』は6月14日より全国東宝系にて公開


m201-560x600.jpg

m302-560x600.jpg





だいぶ長くなってしまいましたが…

もう一丁~



「春を背負って」富山凱旋プレミア レッドカーペットに県民2513人が集合!

2014年6月10日

eiga1.jpg
富山凱旋プレミアに県民2513人が集合!「春を背負って」富山凱旋プレミアに県民2513人が集合!


[映画.com ニュース] 日本を代表する名キャメラマン・木村大作がメガホンをとった「春を背負って」公開を前に、映画の舞台となった富山県を主演の松山ケンイチと蒼井優、豊川悦司、木村監督が6月7~8日にかけて凱旋訪問した。富山県庁で行われたレッドカーペットイベントには2513人もの県民が押し寄せた。

立山連峰などで大規模なロケが敢行された本作、監督とキャスト陣は約7カ月間にわたる撮影で宿としても使用していた室堂の山小屋を再訪問した。撮影期間中、大汝までの山道を13往復したという木村監督は「長く歩く事で強くなっていくのをこの年齢になっても実感したね。本当の場所に行かなきゃいけないんだっていうことだよ。今作の撮影で笑顔が絶えない現場を体現できたというのは素晴らしい経験です」と感無量の様子で語る。松山は「お世話になった人たちに会えて、あの時の気持ちがよみがえりました。(実際に撮影で登った大汝山を)見るとまた登りたくなる。(木村組には)天気の神様も映画の神様もついているなと思いました。実際に登って、本物の場所で撮影をする事は今回、絶対に必要だったと思うし、そのおかげですこくいい表現ができたと思います」と撮影を振り返った。

1935年に建てられた富山県庁で初となるレッドカーペットイベントでは、イベント開始前に駆けつけた観客全員に木村監督自らが名刺を配り一人一人と挨拶を交わす一幕も見られた。蒼井は「私たちにとっても大汝、立山は特別な場所になったので、その場所を提供していただけた、本当にみなさんの力がなければ私たちは何もできなかったので、私たちを快く受け入れて下さった、色んな事を教えて下さったみなさまに感謝しています」と富山への思い入れを語る。豊川は「こんなにたくさんの方に集まっていただいて、胸が熱くなります。こういう風に集まって下さるっていうのは、僕ら映画を製作したものにとってはものすごく励みになります。僕、豊川悦司っていうんですが、明日から“富山”悦司にします」とリップサービスし、集まった観客へ喜びを伝えた。

映画は笹本稜平氏の同名小説をもとに、標高3000メートルの立山連峰、大汝山にある小屋を舞台に、山小屋を営む家族とそこに集う様々な想いを背負う人々との温かな交流を描き出す人間ドラマ。6月14日から全国で公開。


eiga2.jpg

eiga3.jpg

eiga4.jpg

eiga5.jpg

eiga6.jpg

eiga7.jpg

eiga8.jpg

eiga9.jpg





関連記事
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

映画『春を背負って』初日舞台あいさつ

「春を背負って」富山 トークイベント

comment iconコメント

comment avater

catsママ

ありがとー

ノンキさん、連ちゃんありがとうv-7

WS関連、全然チェックしてなく…捕獲ゼロですv-12
ラジオも聴いてません(-_-;)

雷鳥荘…そんな簡単に行かれるのですか…
知りませなんだ(^_^;)
それならハイキング感覚で行かれそうですね。

他にもアップしたい記事あるのですが…
なかなか…v-17

2014年06月12日 19:37

comment avater

ノンキ

No title

よくぞこんなにたくさん報道写真を集めましたネエi-233

9日に報道がなかったので油断してしまい、
10日(火)の朝ワイドは録画予約するのを忘れました。
めざましだけでなく 日テレ、テレ朝でも流れたとか!
なんとか「とくダネ」のみ 捕獲成功しましたi-87
今朝のラジオ大阪は、PCのradikoから→昭和なMDラジカセに録音しました。
監督がこの作品は「R50」と言っているらしいしi-179

雷鳥荘は、ほとんど温泉ホテルに近い施設らしいです。
室堂ターミナルから山岳装備なしで遊歩道を徒歩30分のようです。
そのうちそのうち 行けるかなぁ?


2014年06月11日 22:25

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)