パソコンがもうダメなようで…

新しく買ったのですが…8…チョー使いづらい~

…と言う事で、やっぱりガタの来たパソコンで書いている私です











親の体調も良くなり、久々に時間が出来、2週続けて映画館に行って来ました

で、もちろん!…と言いたいところですが

ケンイチ王子を裏切って(笑)

1週目はジョニデ様、2週目はトムクルーズの映画を観て来まして…

ゴメ~ンやっぱ洋画好き。「春を背負って」はもう3回観たし…と言い訳

で、で、言いたかったのは(ここだけの話だけど…)

家の近くの映画館はいわゆるシネコンって言うの?複数のスクリーンがあるってやつ。

それで映画観終わって帰りがけ「春を背負って」のスクリーンの中へ吸い寄せられるのよ

2回とも運悪く(?)ラスト15分くらいしか無かったけど…ゴロさん背負ってるあたりから…

だからラストのクルクルはしっかりガン見して来ました

やはりあの広大な景色を観てると清々しいですね~

興行成績ランキングも未だベスト10圏内、頑張ってますね~

…と言う事でYahoo映画さんからフォトギャラお借りしました~



春を背負って 公開中

解説: 日本映画界を代表する名カメラマンであり初監督作『劔岳 点の記』が絶賛された木村大作による人間ドラマ。笹本稜平の小説を原作に、これまでの生活を捨て亡き父が遺(のこ)した山小屋を継いだ青年と、それぞれに居場所を求め小屋に集う人々との交流や家族の絆を描く。山での暮らしや父を知る人々と接するうちに成長していく主人公を、松山ケンイチが熱演。共演には蒼井優、小林薫、豊川悦司ら実力派がそろう。立山連峰で長期ロケを行い山々の光景を映し出した映像は圧巻。

あらすじ: 立山連峰で暮らしてきた長嶺亨(松山ケンイチ)は、山小屋を経営する厳しい父・勇夫(小林薫)に反発し都会で暮らしていたが、父が亡くなったため帰郷する。そこで気丈に振る舞う母やその姿を見つめる山の仲間、遭難寸前で父に救われ今は山小屋で働く高澤愛(蒼井優)らと接するうち、組織の歯車として働く今の生活を捨て山小屋を継ぐと決める。





シーン1

シーン2

シーン3

シーン4

シーン5

シーン6

シーン7

シーン8

シーン9

シーン10

シーン11

シーン12

シーン13

シーン14

シーン15

シーン16

シーン17




関連記事
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

『テレビ未来遺産“終戦69年”ドラマ特別企画 遠い約束~星になった子どもたち~』

映画『春を背負って』初日舞台あいさつ

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)