main_20150120011520947.jpg


本日、『天の茶助』ベルリン国際映画祭コンペ部門に選出!

と言う嬉しいニュースが飛び込んで来ました

それに伴い劇中ビジュアルが公開されまして…

んんん?

たった2枚~

出し惜しみせず、もっと出してくれ~~~~~





松山ケンイチが背中から羽の生えた天界の住人に、SABU監督新作から劇中ビジュアル公開
2015/01/19 CINRA.NET


6月27日から全国で公開される映画『天の茶助』から劇中ビジュアルが公開された。

同作は、SABU監督の初小説をもとにした作品。原作はSABU監督が映画化を目的に執筆したものとなり、映画版では、脚本家たちが下界に生きる人間たちの人生のシナリオを書いている天界に暮らすお茶汲み係・茶助を主人公に、自分の不用意な言葉をきっかけに下界で暮らすユリが事故で死ぬ運命にあることを知った茶助が、地上に降りて彼女を救うために奮闘する姿を描く。なお、同作は全編にわたって沖縄で撮影され、キャストには茶助役の松山ケンイチ、ユリ役の大野いとをはじめ、大杉漣、伊勢谷友介、田口浩正、玉城ティナ、寺島進が名を連ねている。

今回公開された劇中ビジュアルには、背中から羽を生やして目を閉じる松山と、松山の前に立ち、光に照らされている大野の姿が写し出されている。なお、同作は現地時間の2月5日から開催される『第65回ベルリン国際映画祭』のコンペティション部門で正式上映されることが決定。上映日は2月13日、授賞式は2月14日となる。

松山ケンイチのコメント
さすがSABUさんです。反応がとても楽しみです。

大野いとのコメント
撮影を振り返ると、エキストラで参加下さった沖縄の方々が、この映画を一緒になって作って下さり、暑い中1日中ずっと座らずに“あと少し!頑張ろう!”と掛け声をかけ合う姿を思い出します。
その姿にとても圧倒され感動しました。

SABU監督のコメント
ベルリン出品8作目にして、ようやく、やっと、遂に、コンペティション部門に選出! しかも自分のコメディスタイルを崩さずに。
作家性を優先すると言って下さったオフィス北野、松竹、バンダイビジュアル。
そしてスタッフ、キャスト、ご協力して下さった沖縄の皆様に感謝の気持ちで一杯です。


作品情報

『天の茶助』

2015年6月27日(土)から全国ロードショー
監督・脚本・原作:SABU
出演:
松山ケンイチ
大野いと
大杉漣
伊勢谷友介
田口浩正
玉城ティナ
寺島進
配給:松竹メディア事業部、オフィス北野


天の茶助ビジュアル公開1

天の茶助ビジュアル公開2

(画像上:『天の茶助』 ©2015『天の茶助』製作委員会、画像下:SABU監督と松山ケンイチ ©2015『天の茶助』製作委員会)





松山ケンイチ主演作、ベルリン映画祭出品

俳優松山ケンイチ(29)主演映画「天の茶助」(SABU監督、6月27日公開)が、第65回ベルリン映画祭(2月5日開幕)で最高賞・金熊賞を争うコンペティション部門に出品されることが19日、同映画祭事務局から発表された。2月13日に公式上映され、翌14日に授賞式が行われる(いずれも現地時間)。

 「天の茶助」は、SABU監督が自ら映画化を目的に執筆したオリジナル小説の映画化作品で、天界で、人間の人生や運命の“シナリオ”を書く脚本家の物語。松山は脚本家たちのお茶くみ係の茶助を演じる。また、茶助が不用意に発した言葉をきっかけに、交通事故に遭って死ぬ運命に“シナリオ”が書き換えられたユリを、松山と同じホリプロ所属の大野いと(19)が演じる。

 松山はSABU監督と11年の主演映画「うさぎドロップ」以来のタッグで、「さすがSABUさんです。反応がとても楽しみです」とコンペ部門出品を喜んだ。SABU監督作品は、09年に「蟹工船」がフォーラム部門の出品されたことなどがあるが、コンペ部門への出品は初めて。同監督は「ベルリン出品8作目にして、ようやく、やっと、ついに、コンペティション部門に選出! しかも自分のコメディースタイルを崩さずに。作家性を優先すると言ってくださった(配給の)オフィス北野、松竹、バンダイビジュアル。そしてスタッフ、キャスト、ご協力してくださった沖縄の皆様に感謝の気持ちでいっぱいです」と喜んだ。

 大野は「撮影を振り返ると、エキストラで参加下さった沖縄の方々が、この映画を一緒になって作ってくださり、暑い中1日中ずっと座らずに「あと少し! 頑張ろう!」と掛け声をかけ合う姿を思い出します。その姿にとても圧倒され感動しました」と感謝した。

 世界3大映画祭の1つ、ベルリン映画祭では、昨年に山田洋次監督の「小さいおうち」がコンペティション部門に出品され、黒木華(24)が女優賞「銀熊賞」を獲得した。金熊賞は、宮崎駿監督(74)のアニメ映画「千と千尋の神隠し」が02年に受賞したのを最後に、日本映画は受賞していない。

 [2015年1月19日19時44分]日刊スポーツ






松山ケンイチ主演『天の茶助』ベルリン国際映画祭コンペ部門に選出!
2015年1月19日 シネマトゥデイ


 俳優の松山ケンイチ主演の映画『天の茶助』が、現地時間2月5日よりドイツで開催される第65回ベルリン国際映画祭コンペティション部門に選出された。最高賞にあたる金熊賞を競う同部門で、第52回の宮崎駿監督作『千と千尋の神隠し』以来13年ぶりの日本作品受賞となるか期待される。


 ベルリン国際映画祭は、カンヌやベネチアと並ぶ世界三大映画祭の一つ。『ブラック・スワン』のダーレン・アロノフスキー監督が審査委員長を務める今年のコンペティション部門では、『ツリー・オブ・ライフ』のテレンス・マリック監督、『コックと泥棒、その妻と愛人』のピーター・グリーナウェイ監督などの新作が上映され、『天の茶助』はこれらの作品と各賞を競うことになる。なお、前回の映画祭では山田洋次監督の『小さいおうち』が同部門に選ばれ、女優の黒木華が銀熊賞(最優秀女優賞)を受賞している。


 メガホンを取ったSABU監督は、過去に『弾丸ランナー』『疾走』がパノラマ部門、『アンラッキー・モンキー』『MONDAY マンデイ』『幸福の鐘』『蟹工船』がフォーラム部門に選出されているが、コンペティション部門での参加は今回が初。「ベルリン出品8作目にして、ようやく、やっと、遂に、コンペティション部門に選出! しかも自分のコメディースタイルを崩さずに」と感慨深げな様子で、「作家性を優先すると言ってくださったオフィス北野、松竹、バンダイビジュアル。そしてスタッフ、キャスト、ご協力して下さった沖縄の皆様に感謝の気持ちでいっぱいです」と感謝を述べた。


 一方、主演の松山は「さすがSABUさんです。反応がとても楽しみです」と海外の観客の反応に期待を寄せている。沖縄での撮影を振り返った市山尚三プロデューサーも、「沖縄の歴史ある芸能や文化にも触れることができた本作を、世界がどう受け取っていただけるのかが楽しみです」と世界の舞台へ喜びを見せた。


 『天の茶助』は、脚本家たちが地上の人間の“人生のシナリオ”を執筆している天界で、お茶くみ担当の茶助(松山)が死ぬ運命にある地上の女性に惹(ひ)かれ、彼女を救うために天界を抜け出して奮闘するさまを描く。脇を固めるのはヒロイン役の大野いとをはじめ、大杉漣、寺島進、伊勢谷友介など豪華俳優陣。なお、本作の公式上映は現地時間2月13日、授賞式は2月14日に行われる。(編集部・吉田唯)


映画『天の茶助』は6月27日より全国公開



関連記事
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

NHK「紅白が生まれた日」会見

心ゆさぶれ!先輩ROCK YOU

comment iconコメント

comment avater

catsママ

ネタバレしちゃってしちゃって(笑)

洋子さん毎度!

あのお写真御輿の上とは…
発想もしなかった(-_-;)
洋子さん~、それもリッパなネタバレ…なんちゃって

そうですよね~、洋子さん参加したのだものねいろいろ知っている事でしょう。
個人的にネタバレお願いしたいくらいですが…ガマンガマン。

ベルリン行っちゃえ~
だって洋子さんもこの映画で世界デビューでしょ(*^▽^*)

天使の羽…ご利益ありそうv-238

2015年01月22日 16:15

comment avater

洋子

ベルリン行きた~い

そうです。私も最初に見たときLだと、思いました
ワイシャツに黒のズボン、こんなシンプルなファッションでもやっぱり素敵でした
羽のついたスーツやっぱり素敵
(*^▽^)/★*☆♪
いとさんと一緒に映ってる写真、あれ御輿の上なんですよ
色んな場面知ってるけど、言えましえ~ん
あ、ウズウズしますね♪
言ったらネタバレになりますからね
羽が落ちてたので持ちかえりました(^_^;)
早く全体がみたいです(*^▽^)/★*☆♪

2015年01月21日 13:01

comment avater

catsママ

洋子さん、いよいよだね!

洋子さんこんにちはv-222

茶助いよいよビジュ公開で、これからちょくちょく話題になるねv-238

洋子さんはこのシーンも生で見たのね。
羨ましい…

>でも最初に横通った時は気がつかなかった
…って、未だ本番以外はオーラがないのか~( ゚Д゚)

ところで洋子さん、茶助は目張り(アイライン)とか入れてる?
下の監督との写真Lっぽく見えるのだけど…

2015年01月21日 11:54

comment avater

catsママ

ノンキさん、コチラにもコメありがとう!

ノンキさん、SNSは拝見したのだけど…
コメせず、いいねどまりで申し訳ないっす(-_-;)

まあベルリン映画祭どれだけ凄いのか私もわからん…
が、世界の映画祭なので凄いのだ!
国内だけでなく、これで世界でも公開される可能性が出たし…

それにしてもこのビジュアル好みだわあ
題材も面白いし…公開が楽しみv-238
とその前にビジュ公開第2弾、いつかなあ

2015年01月21日 11:43

comment avater

洋子

あ~見た見たこの場面
あと、ワイシャツに黒のズボンのシンプルなファッションが素敵に見えるのは流石松ケン

でも最初に横通った時は気がつかなかった
(^_^;)少し離れてましたから
あと内容もちょっぴり見ましたからね
沖縄の人は[沖縄県国際映画祭]に出すんだろうと言ってましたがベルリンとは、流石に私行けません(>_<)
どうか私が映ってますように(^o^)/
と、言うことで次回も情報宜しくお願いします

2015年01月20日 20:04

comment avater

ノンキ

待ちに待ったビジュアル公開で、昨日はSNSではしゃいでました。

ベルリン映画祭コンペティション部門上映
どれだけスゴイのか ちゃんとわかってないなぁ。
こんどは、主役さんベルリンに行くよね?
とにかく 公式ビジュアルが拝めてうれしい ニュースでした。

2015年01月20日 07:55

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)