待ちに待ったゲキ×シネ『蒼の乱』やっと封切りになりました

映画になった『蒼の乱』は、ただ舞台を映像化したのとは大違いで…

カメラアングルやスローモーション、音響も臨場感溢れ…新しいものに生まれ変わってました。

ここまでとはビックリ

舞台挨拶は、久々の生ケンで…あまりの可愛さに舞い上がってしまいweb記事以上の事は覚えてないのですが…

今日はweb記事や画像が沢山あるので…その話はまた改めて




松山ケンイチ、念願の舞台出演もド緊張「色んなところから汁が…」
[2015/05/10]マイナビニュース


ゲキ×シネ『蒼の乱』の初日舞台あいさつが9日、東京・新宿バルト9で行われ、キャストの天海祐希、松山ケンイチ、早乙女太一、平幹二朗が出席した。

マイナビ1001l
ゲキ×シネ『蒼の乱』の初日舞台あいさつに出席した早乙女太一、松山ケンイチ、天海祐希、平幹二朗(左から)


全国公開中の本作は、劇団☆新感線の舞台を映像化したゲキ×シネ最新作。強く美しい女戦士・蒼真(天海)と純粋で無垢な青年・将門小次郎(松山)。2人は出会い結ばれるが、その運命は迫りくる戦火によって引き裂かれる――というストーリーで、平将門の一生をモチーフに描く歴史ファンタジー作品だ。

座長を務めた天海は、「これだけのみなさんが一緒に舞台に立ってくれると思うと気が楽になった」とキャスト陣に感謝し、「一丸となって作った熱い熱い作品。一生の宝物が増えた」とにっこり。一方、「運転免許の試験で緊張して落ちちゃうくらいあがり症」という松山は、舞台出演を叶え、「足が震えて色んなところから汁が出て、どうしようかと。でも、みんなと一緒にフルマラソンをやった気分で、すごく良い思い出になった」と振り返っていた。

また、同劇団に3回目の出演となった早乙女は、実弟・早乙女友貴との激しい殺陣シーンがあり、「『コイツには負けられない、でも頑張って欲しい』と複雑な気持ちだった。負けたとは絶対思わないけど」と自信たっぷりの笑み。天海からは、「太一くんチームと友貴くんチームに分かれて、女子たちが見てました」とエピソードが披露され、松山は、「稽古の時から笑いが我慢できないシーンがあって。まぁ、太一くんの登場シーンなんですけどね」とイジって笑いを誘っていた。

マイナビ2002l
マイナビ3003l
マイナビ5004l
マイナビ5005l
マイナビ6006l
マイナビ7007l
マイナビ8008l
マイナビ9009l
マイナビ10010l
マイナビ11011l
マイナビ12012l
マイナビ13013l






松山ケンイチ:極度のあがり症を告白
2015年05月09日MANTANWEB

まんたん1001_size6


俳優の松山ケンイチさんが9日、東京都内で行われたゲキ×シネ「蒼の乱」初日舞台あいさつに登場。人気舞台を映画館で上映する「劇団☆新感線」のゲキ×シネシリーズの最新作となる同映画について「新感線が大好きで、舞台の経験はほとんどないんですが、役者をやっているなら一度は出たい舞台」と喜んだが、「あがり症で……。車の免許とか、実技の試験とか緊張して必ず落ちちゃう……」と告白して、共演者を驚かせた。

 「蒼の乱」は、2014年に上演された舞台で、中島かずきさん作、いのうえひでのりさんが演出。同劇団への出演が3度目となる天海祐希さんが主演を務め、平安時代を舞台に、国を追われ孤独ながらも優しく強い女・蒼真(天海さん)が、不器用ながらも真っすぐに生きる男・将門小次郎(松山さん)と出会い、戦いへと身を投じていく姿を描いている。舞台あいさつには、松山さんのほか、天海さん、早乙女太一さん、平幹二朗さんが登場した。

 松山さんは、あがり症について「車(の免許)はまあ1回でしたが、バイクは2回落ちた。変に緊張してしまうところがあって、今回もゲネプロでは足が震えていた。本当にもういろんなところから汁が出てきていて、どうしようかなと思った……」と振り返ったが、同劇団初出演となった今回の舞台は「みんなと一緒にフルマラソンをやった気分」と楽しめた様子。「天海さんがどーんと人間離れした存在感があって(助けられた)。ものすごくいい思い出。貴重な体験でした」と、笑顔で座長の天海さんに感謝した。

 一方、天海さんは、恋人役だった松山さんについて「(恋愛に結びつく演技)そういう段階じゃなかったの。私はいつでも『ケンちゃんを受け止めるよ』と思っていたんだけれど、(松山さんは自身の役の)小次郎と向き合っていた」と、舞台での松山さんの様子を語り、松山さんには「お客さんはこれから映画見るんだから、どーんとやってたって言いなさい!」と耳打ちして、会場の笑いを誘っていた。

まんたん2002_size6
まんたん3003_size6
まんたん4004_size6
まんたん5005_size6
まんたん6006_size6
まんたん7011_size6








ゲキ×シネ「蒼の乱」、早乙女太一&友貴が競演し女性陣の人気を二分
2015年5月10日映画ナタリー

newsナタリー_header_aonoran_201505_01
「《ゲキ×シネ》蒼の乱」初日舞台挨拶の様子。左から早乙女太一、松山ケンイチ、天海祐希、平幹二朗。

5月9日に東京・新宿バルト9にて「《ゲキ×シネ》蒼の乱」の初日舞台挨拶が行われ、主演の天海祐希、松山ケンイチ、早乙女太一、平幹二朗が登壇した。

ゲキ×シネは、今年35周年を迎える劇団☆新感線の舞台を映画館で体感する映像エンタテインメント。その最新作「蒼の乱」は平将門の一生をモチーフに、彼を愛し共に戦った1人の女性、蒼真の姿を描き出す。

蒼真を演じた天海は「最初の『蒼の乱』という名前が出てくるシーンがものすごく好きで、そのときに(松山と)2人で空を見上げるシーンがあるんですけど、あのときの2人がずっとずっと続けばいいなと思いながら物語を進めていました」とコメント。


ナタリー2news_thumb_aonoran_02
「《ゲキ×シネ》蒼の乱」メインビジュアル (c)2015 ゲキ×シネ『蒼の乱』/ヴィレッヂ・劇団☆新感線


劇団☆新感線の舞台へ初出演した松山は「新感線がもともと大好きでした。役者をやっているなら是非出演したいと思っていた」と語る。さらに極度のあがり症であることを明かし、今回のゲネプロで足が震えていたことや、バイク免許取得の際に緊張から試験に落ちたエピソードを暴露し会場では笑いが起こった。だが、舞台上では天海に助けられたそうで、「顔をあわせるとすごく安心するんですよね。ドンといてくれたので」と厚い信頼を寄せた。

早乙女は3度目の出演となる新感線の舞台に関して「1、2回目は緊張とプレッシャーを感じていたが、今回はそういうことを考えるのをやめて、思いきり楽しみたいと思っていました」と話す。本作で弟である早乙女友貴と共演を果たしたことについて「負けられないと思っていましたし、こいつにもがんばってほしいとも思っていました」とコメントすると、天海が「太一くん派と友貴派と、女性陣が派閥に分かれていた」と現場の裏話を明らかにした。

最後に平が「芝居というのは、その1回限りで消えてしまって皆さんの記憶の中にしか残らない宿命を持っていますし、DVDは記録はするけれども舞台の熱が伝わりづらいと思います。ゲキ×シネは劇の密度とシネマの流動感があわさっていて、とても今まで見たことのない、体験したことのないスペクタクルになっていると思います。インドのボリウッド映画に負けないと思います」と作品をオススメし、舞台挨拶は終幕した。




以下記事省略させて頂きました。

↓ T-SITE
T-SITE.png
↓ ウォーカープラス
WP1325042_615.jpg
WP2325045_615.jpg
WP3325057_615.jpg
WP4325058_615.jpg
WP5325060_615.jpg
↓ オリコン
オリコン12052616_201505090893990001431183095c
オリコン22052616_201505090894451001431183095c
↓ スポニチ
スポニチ
↓ デイリースポーツ
デイリー1
デイリー2
デイリー3
デイリー4
デイリー5
デイリー6
↓ シネマトゥデイ
シネマトゥデイ1main
シネマトゥデイ22-560x600
シネマトゥデイ36-560x600








関連記事
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ゲキ×シネ『蒼の乱』舞台挨拶動画

祝45周年その25

comment iconコメント

comment avater

catsママ

ノンキさん、どもども(^^)/

画像量褒めてくれてありがと♪
今回は結構長い動画もアップされていて良かったですね。

それにしてもチケット争奪戦!凄かった‼
絶対買えた!と思ったタイミングだったのに、取れなかったのよん('Д')
さすが天海ねえさん!

次は「ふたがしら」試写会ですね…
「天の茶助」もあるし…

「ふたがしら」「ど根性ガエル」放送と…
松枯れから松祭りに急に変わりましたね\(◎o◎)/!

2015年05月12日 22:52

comment avater

ノンキ

なんですか!この膨大な画像は!( ☆∀☆)
一通りweb記事を見たつもりでしたが、
こんな写真あったかしら? という画像もあります。

超多忙の中、プラチナチケットを手に入れて
お疲れさまでした。
舞台挨拶から帰ってきて、他の人に詳細説明できない状態
よ~~~くわかります。
きっと私も 同じだと思うから。

天海さんとは、親子か上司と部下のようだ(((^^;)

2015年05月12日 10:45

comment avater

catsママ

洋子さん、お久しぶり~(^O^)/
ハイ、駆け足でしたが生ケン観て来ましたよ~!
久々で…顔もツルンとしてて、爽やかboyに見えました♪
ゲキ×シネもアップやスローモーション、音響などに工夫満載でなかなか楽しめますよ。
今回、映画の途中から入ったので…('Д')
私も近々映画館へ行ってじっくり観てこようと思って松!
それにしても洋子さん…
舞台と同じ約3時間…
何回か観るのは…大変ですよ~!
頑張ってください(≧▽≦)

2015年05月11日 12:36

comment avater

洋子

今晩は♪
舞台挨拶見られたんですか?
いいですね、さすが東京の方
私なんか宮崎の田舎暮らしなので18日に博多に行くまでまだ見られません
私の大阪の松友さんや、ブログで知ってる松友さんたちは行ってるのに…(-_-;)
今回はゲキシネを見るためだけに博多に行くので何回か見て帰ろうと思ってます
舞台の時の松ケンガン見だけじゃなく今回はじっくり見て帰ろうと思ってます

2015年05月10日 23:58

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)