暑中お見舞い申し上げます

毎日暑いですね

今年の夏は、相性悪いらしく(?)

熱中症から夏風邪を引き、体調崩しまくりの今日この頃なのであります('Д')


ドラマ「デスノート」が始まり…松Lが恋しくなり

思わず映画「DEATH NOTE 」前後編と「L change the WorLd」の3本をイッキ見しました

やっぱLには糖分と猫背が似合う(笑)

ウダウダしてる間にアップされたいくつかをご紹介し松





“ピョン吉”着る松山ケンイチ、実写化に「なんで?」 ダメ男“ひろし”を力演
2015.8.2 産経ニュース


■「ど根性ガエル」 日本テレビ 土曜午後9時

 ドラマの「ピョン吉」Tシャツ姿を想定していたら、オシャレなスーツ姿でさっそうと登場。劇中のハイテンションさとは異なる静かな語り口で、初めて実写化を聞いたときのことを語り始めた。

 「『なんで、ど根性ガエル?』と最初は思いましたね。それこそ、かなり昔のアニメですし。でも、今の時代でも『根性』というテーマは大事だし、普遍的なこと。社会的成功とは正反対なのに、楽しく生きるひろしの姿を見ることで、見る方が『自分にとっての幸せ』を考えるきっかけになると思います。勉強などで本心を隠して、何かにがんじがらめになっている子供たちにも、ぜひ見てほしいですね」。言葉が、加速度的に熱を帯び始める。

 アニメの世界から16年後、ひろしは30歳のニートになっていた…という衝撃的なスタートとなったドラマ版。「ど根性」だけではどうにもならない世の中で、ひろしもゴリライモの会社で働き始めるなど徐々に変わろうとしてきている。

 ひろしについて、「一歩間違えたら犯罪みたいなことをしている」と苦笑いする一方で、「一般常識に縛られず、自分にとっての幸せや楽しさを見つめるキャラクターにしたい」と考えているという。「ひろしは他人の反応ありきではなく、『自分がこうしたいからやる』というのを徹底している。そこに人間としての魅力があると思う」

 ピョン吉に小言を言われふてくされたり、仕事がうまくいかずに腐ったり…。ひろしのダメッぷりは、「古き時代のダメ男」を感じさせる。実際、役作りに当たり、落語や映画「男はつらいよ」を参考にしているといい、「落語の『粗忽(そこつ)者』のしゃべり方や寅さんの軽快なたたずまいをすごく参考にしています。ダメなりの魅力というのは確かにありますよね」と語る。


 多くの映像作品で主演を務めた。今作では「今まで自分が積み重ねてきたものを、めちゃくちゃに崩したいと思っていた」と明かす。「初心に帰る、というか。それはできている手応えがあるし、『この後、自分はどうなっていくんだろう』という楽しみもあります」。語り口こそクールだが、演技への真摯(しんし)な姿勢が、ひしひしと伝わってきた。(本間英士)
       


 <まつやま・けんいち>昭和60年生まれ。青森県出身。平成14年のドラマ「ごくせん」で俳優デビューし、映画「デスノート」などに出演。主な主演作は映画「ノルウェイの森」や大河ドラマ「平清盛」。来年公開予定の映画「の・ようなもの のようなもの」でも主演を務める。妻は女優の小雪で、先月、第3子となる次男が誕生した






松山ケンイチ ひろし、Lほか2次元キャラに見事ハマる演技力
2015.08.08 NEWSポストセブン‎


 実写ドラマとなって帰ってきた昭和の名作漫画『ど根性ガエル』(日本テレビ系)。俳優陣が二次元キャラクターをどう演じるか。平面ガエルのピョン吉は実写版でどこまで活き活きと描かれるのか。期待と不安が入り交じる中でスタートを切って約1か月半が経ったが、視聴者にはおおむね好意的に受け入れられているようだ。特に、主人公ひろしを演じている松山ケンイチ(30)への評価が高い。

 ドラマ評論家の成馬零一さんも、松山の演技に好印象を抱いている。

「漫画やアニメ原作の実写作品は、観ている人の頭の中にすでにキャラクターのイメージができ上がっています。そのため、実写化で新しい色を付けた時に、原作ファンから嫌われてしまうことが少なくありません。役者さんがこの壁を乗り越えるには、観ている側に演技であることを意識させないくらい、いい演技をする必要があります。その役者さんがうまいか下手かもわからないくらいがちょうどいいのです。今回の松山さんは、そのことに成功しています。最初は私も『松山ケンイチ演じるひろし』と意識して見ていましたが、すっかり松山ケンイチであることを忘れてお調子者の『ひろし』そのものとして見ていますから」

 松山が漫画のキャラクターを演じるのは珍しいことではない。これまでも映画版『デスノート』や『デトロイト・メタル・シティ』などの作品で二次元キャラをうまく演じ、高く評価されてきた。特に『デスノート』のL役は、カリスマ的人気を誇るキャラクターということで演技のハードルは高かったが、結果的に原作ファンをうならせるほどの“はまり役”っぷりを見せた。現在放送中のドラマ版『デスノート』(日本テレビ系)は設定を変えていることもあり山崎賢人演じるLの評判が芳しくないが、それによって過去に同じ役を演じた松山を再評価する向きさえある。

 松山が難役である二次元キャラをうまく演じられるのはなぜか。

「現実感のない、ちょっと変わった人の役がとても上手ですよね。松山さんは、寅さんみたいな風来坊やテロリストといった異形の存在を演じることが多いですが、こういった現実感のない存在にリアリティを持たせて演じることができる稀有な俳優です。見た目が派手というわけではありませんが、演技で見せる標準語ながらどこか青森のなまりが残ったようなしゃべり方や、手足をばたつかせたりするオーバーアクションが独特なので、記号的なメイクや衣装を身にまとうと見事にハマります。だから、漫画原作のキャラクターと相性がいいのかと思います。

 そうでありながら、ビジュアルは必ずしも実際のキャラに寄せてるわけじゃない。たとえば『銭ゲバ』の蒲郡風太郎は原作漫画では太っていて痩せた松山さんのルックスとは違いますが、誰もが風太郎がここにいると感じる圧倒的な存在感を見せていました。『ど根性ガエル』のひろしにしても、マンガやアニメのひろしではなく、松ケンのひろしになっている。ひとつの役に真摯に向き合っているからこそ、それが自然に表現できるのだと思います」(成馬さん)

 松山の好演は他の俳優陣にも良い影響を与えているようだ。母親役の薬師丸ひろ子(51)、「でヤンス」が口癖の五郎を演じる勝地涼(28)、ピョン吉の声のみの出演だが撮影現場にも駆けつけるという満島ひかり(29)など、成馬さんは松山以外のキャストにも細部へのこだわりが感じられるという。

 ただ、気になるのは視聴率だ。2012年のNHK大河ドラマ『平清盛』以来、低視聴率男のレッテルを貼られた松山は、今回も視聴率では苦戦している。初回こそ13.1%だったものの、回を追うごとに下落傾向にある。第3話の6.4%はフジテレビの27時間テレビが始まったばかりの時間帯ということで参考外としても、この先が気になるところだ。しかしこの点に関して、成馬さんは「気にする必要はない」と言う。

「今は10%行けば合格という時代。それにプラットフォームが変わっていて、録画やネット配信で観る人も多い。視聴率と作品の評価はわけて考えるべきでしょう。作り手の方は苦しいかもしれませんが、作品は終わってから評価されるものなので、最後まで頑張ってほしいですね」

 作品の評価の割に視聴率が付いてこない逆境を“ど根性”で跳ね返すことができるか?






松山ケンイチ、満島ひかりらが歌う『ど根性ガエル』OP曲のプレゼント企画が決定
2015/08/07 テレビドガッチ

ど根性600

毎週土曜21時から放送されている、松山ケンイチ主演の連続ドラマ『ど根性ガエル』(日本テレビ系)。この度、レギュラーキャスト全員で歌うオープニングテーマ曲のプレゼント企画が決定した。

吉沢やすみの名作コメディ漫画を初めて実写化した本作は、原作の16年後を描くオリジナルストーリーが展開。オープニング曲は、1972年に放送がスタートしたアニメ「ど根性ガエル」で流れていた、「根性 根性 ど根性〜 泣いて 笑って けんかして〜」のフレーズでお馴染みのテーマ曲を、ドラマの音楽を担当するサキタハヂメ氏がアレンジ。ひろし役の松山をはじめ、ピョン吉の声を務める満島ひかり、京子ちゃん役の前田敦子、五郎役の勝地涼、母ちゃん役の薬師丸ひろ子など、レギュラーキャスト総勢10名が歌っている賑やかな楽曲だ。

今回のプレゼント企画は、8月8日放送の第5話で出題されるクイズ「ひろしとピョン吉が捕まえようとした昆虫は何?」と、15日放送の第6話で出題されるクイズへの回答を合わせて応募し、正解者の中からスマートフォンユーザー限定で、配信にて3000名にプレゼントされるというもの。詳しくは番組公式サイトで。

番組公式サイト→ http://www.ntv.co.jp/dokonjyo/

ど根性2-600







デスノート “先輩L”松山ケンイチが山崎賢人に贈った「ある言葉」
2015年8月4日 11時30分 dot.(ドット)

L300.png


 7月期ドラマは、やはり前評判通り「花咲舞が黙ってない」が安定した独走状態で、実写化で不安視されていた「デスノート」と「ど根性ガエル」も大健闘している。蓋を開けてみたら、日本テレビの“一人勝ち状態”といったところだ。

 特に「デスノート」は今年の民放連続ドラマの初回としては最高となる16.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区 以下同)と好発進した。その後、第3話は8.7%で初の1ケタを記録したが、7月26日に放送された第4話は10.6%と持ち直した。

「初回は原作のファンや話題性の高さもあり高視聴率でしたが、2回目以降が“本当の数字”ということはスタッフも分かっていて、現場ではそれほど一喜一憂はしていません」と語るのは、テレビ局スタッフだ。

 ただ、放送前からキャストのキャラ設定が原作とかけ離れているため、ネットなどでも評価が別れている。

「天才探偵・L(エル)役の山崎賢人(20)は、『演技が酷い』『Lじゃない』といった批判も多い。逆に言えば、それだけ期待されているとも言えるんですがね。彼はNHK朝ドラの『まれ』にも出演中ですし、とにかく元祖“壁ドン王子”ですから。ただ、映画版でLを演じた松山ケンイチ(30)のイメージが強いので、本人もプレッシャーは大きかったそうです」(テレビ誌記者)

 ”先輩L”の松ケンは「ど根性ガエル」に出演中だが、「デスノート」の収録スタジオの隣で撮影しているという。テレビ局関係者がこう明かす。

「収録スタジオがちょうど隣同士なんです。それを聞いた山崎くんが『松山さんにごあいさつしたい』と言って、『ど根性ガエル』のスタジオを訪ねたようです。松ケンさんは山崎くんに『何も気にしないで、好きにやりなよ』とエールを送ったそうで、山崎くんも、それで何か吹っ切れた感じでした」

 伝説の“L”からの一言は山崎にとっては最強の激励になったことだろう。

(ライター・浜中こまき)






お・ま・け  ゴリライモ役の新井浩文さんのインタビューです


「ど根性ガエル」ゴリライモを熱演中の新井浩文を直撃
2015/08/08 ザテレビジョン

thetv_62988_0-300.jpg


毎週土曜に放送中の松山ケンイチ主演ドラマ「ど根性ガエル」(日本テレビ系)で、ゴリラパン工場の社長・ゴリライモ役を演じている実力派俳優・新井浩文にインタビューを敢行。

映画を中心に活動している新井の視点で、今作の魅力から共演者とのエピソード、中盤からの見どころについて聞いた。

――誰もが知る人気漫画「ど根性ガエル」のゴリライモ役という話を聞いた時は、率直にどんなお気持ちでしたか?

正直、世代じゃないので、知ってはいたけど見たことがなかったんですよ。だからゴリライモのことも分からなくて。台本を読んでから判断しようと思って、読んでみたらすごく良かったので、「ぜひやりたいです!」って返事をしました。

大人になっているゴリライモと京子ちゃん(前田敦子)、その対比で全然変わってないひろし(松山ケンイチ)が絶妙な具合で描かれているんですよね。最初は、その世界観を崩さないようにするためには、どうしたらいいかなって考えていて。でもゴリライモのビジュアルからして、「全然違うじゃん」って思ったんですけど、でもそれを決めるのは監督やプロデューサーなので。

――ゴリライモ役に抵抗はなかったですか?

どんな役でもないですね。いただいた話、役をやるだけなので。この役だからとか、この原作だからとか、そういった気持ちは一切ないです。でも映像にしかできないことって絶対にあると思うので、そういった部分も表現していけたらいいなって思っています。

――役作りのためにされたことはありますか?

基本的に、どの作品でも監督が言ったことが全てで、自分でこういうふうにしようっていうことはないです。ただ、この作品に関してはもっと分かりやすく演じてもいいのかなって思って。今回は自分なりに分かりやすくやっています。

――例えばどんな部分を分かりやすく演じられたんですか?

ひろしとゴリライモの軽いアクションがあるんですけど、そのアクションも普段だったら、リアルに近い感じでやりたいし、やっているんですけど。例えていうならジャッキー・チェンのような芝居というか。見せる、笑えるアクションというか。実際のけんかとドラマや映画のけんかって全然違って、実際は一発殴ったら倒れてしまうし、けんかの途中で構えるなんてないんですよ(笑)。

でも松山くんがどんどんやっていくので、いい意味でみんながそれに引っ張られていて、そういうお遊びを入れたりしています。でも毎回、「監督にここまでやって大丈夫ですか?」って確認しています。

――監督からはどんなアドバイスを受けたんですか?

京子ちゃんに再会したシーンをデレデレな感じでやったら、監督から「ゴリライモはもっと大人で、クールな感じ」って言われたので、今のゴリライモになりました。

――パン工場でパンを作って、ひろしに指導するシーンがありましたけど、実際に練習はされたんですか?

「練習しましょうか?」って言ったんですけど、助監督から「簡単だからいいです」って言われたので、やってないんですよ。

――パンは食べましたか?

食べました、おいしいですよ! バナナクリームと紫イモの2色味で100円で売っております(笑)。実際にあったら…買わないかな。うちは王道な物が好きなんで。

――今回、ゴリラパンの移動販売車で流れている歌にも挑戦されていますが、歌の練習はされましたか?

全然してないです。河野英裕プロデューサーに、「ちょっとイラっとくるようなイメージで」って言われて、うちのイラっとくるイメージがあんな感じです(笑)。でも評判がいいっていうのはうれしいですね。

――歌も含めて周りの方の反響はいかがですか?

地元の友達の中でも子供がいる人からの意見が多くて、「ゴリラパンもらえる?」って聞かれるので、「当店はそういったサービスは行っておりません」って丁重にお断りしています(笑)。あと、街を歩いていると5、6歳の子供に「あっゴリライモだ」って声を掛けられたりして。今まで子供が反応することがなかったので、ビックリしています。

――撮影現場はどんな雰囲気なんですか?

松山君はスタッフも含め、周りを細かく見ている方で。すてきな主演で良かったなって思っています。映画や演技のこと、たわいもない話もしますよ。松山君から演技のことで、「さっきの間、あんな感じで大丈夫でした?」って聞かれたり。

うちは2話でひろしが運転しながら、ゴリラパンのテーマ曲に合わせて、田中邦衛の合いの手入れているのを見て、「すごい良かったよ」って言ったら、松山君は「そうですか? ちょっとやり過ぎたかなって思ったんですけど」って言っていましたね。

前田さんとも映画の話をすることが多くて。あと、松山君とうちが青森の話をしていたら、「青森ってどこにあるんですか?」って聞いてきたり(笑)。しまいには「青森ってどうやって行くんですか?」って言ったり(笑)。でもそれさえも魅力的に思える人です。

――今後の見どころをお聞かせください。

今後、ピョン吉がどうなっていくのかっていうところに注目ですね。あと、要所要所にちりばめられた小ネタに気付く方は気付くと思うので。そんな部分も楽しんで見ていただけたらと思います!

――これまで数多くの作品にご出演されて、さまざまな役を演じられてきたと思いますが、今後はどんな役に挑戦されたいですか?

デビュー当時から変わってないんですけど、基本的に作品ありきの考え方なので。人殺しだろうが、いい人だろうが、オカマだろうが、何でもやるってスタンスで。強いて言えば、ミュージシャン役でライブをやってみたいですね!




関連記事
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

映画『怒り』公開決定

野口五郎、63枚目のシングル7月29日発売!

comment iconコメント

comment avater

catsママ

ノンキさん、お久しぶりです(^^)/
お気遣い頂きありがとうございます。
未だ咳と鼻水が…('Д')

ドラマ、好意的なレビューが多く嬉しいですね。
みなさん深く掘り下げていて、ただ表面だけを面白く観ていた私はなんなの~って感じだけど
…でも多くの視聴者は私と同じでは?とも思うのだけど…
とにかくダメひろしと好感度急上昇のゴリライモから目が離せません(#^^#)

「日本のいちばん長い日」はまだ見ていません。
きゅうきゅうより短いと聞いて…ほかに見たいのいくつかあって…(笑)
後回しになってます(*´Д`)

2015年08月13日 01:50

comment avater

ノンキ

夏の体調ダウンは、他のシーズンよりこたえますよね。
もう復活されましたか?

ドラマについて ここにご紹介のモノ以外にもプロのライターさんが書いたコラムやレビューがたくさんあり、少し驚いてます。
他のドラマがどうなのか?チェックしていないのでわかりませんが。

映画「日本のいちばん長い日」 特別出演
本当に特別に短かすぎる出演シーンに驚愕です!

2015年08月11日 13:10

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)