行って来ました

第28回東京国際映画祭『の・ようなもの のようなもの』ワールドプレミア

unnamed.jpg
六本木駅からヒルズに向かう途中の通路


ギリギリ到着だったのですが…着いたら通路にメディアの方々が溢れていて…

自分の席に行くのも大変でした。

さすがワ-ルドプレミアで…コメントごとに通訳が…

記事アップ遅くなりましたがウェブニュースご紹介し松

画像あってかなり長いです。あしからずm(__)m

最後に「お・ま・け」あります






松山ケンイチ「の・ようなもの」続編は故森田芳光監督への「ラブレター」
2015年10月29日

舞台挨拶eigacom1

[映画.com ニュース] 松山ケンイチ主演「の・ようなもの のようなもの」が10月29日、開催中の第28回東京国際映画祭パノラマ部門で上映され、松山をはじめヒロインを演じた北川景子、伊藤克信、杉山泰一監督が、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われた舞台挨拶に出席した。

映画は、2011年12月に急逝した森田芳光監督のデビュー作「の・ようなもの」(1981)の続編で、キャスト陣は森田監督に縁が深い俳優・女優がそろった。「僕達急行 A列車で行こう」(12)で主演を務めた松山は「現場に入ったら、みんな(森田監督作品の)いろんな役を引きずっている人ばっかりだった。続編としてこういうふうにやるっていうのも、ひとつのオマージュというか、ラブレターだと思って感動したんです」と感慨深げに語った。

一方、「間宮兄弟」(06)の本間夕美役で銀幕デビューを果たした北川は、今作の役名も夕美であることに触れ、「これは森田組の洒落なんだなと思ってフィッティングに行ったら、10年前に撮影した『間宮兄弟』の時の衣装がそこにあった。夕美が成長したらこんな感じだったんだろうなと考えてやろうと思いました」と撮影時の意気込みを明かした。

さらに、「の・ようなもの」に出演し、今作でも同じ役を演じる伊藤は「35年経って続編ができるなんてありえない話。(『の・ようなもの』に出演した)尾藤(イサオ)さん、でんでんさんはじめ、誰も亡くならなかった。それがなかったらこの晴れ舞台もなかった。長生きに感謝ですね」と挨拶。これに松山と北川が「その通りですね」と同調し、会場の笑いを誘っていた。

また、森田組で16作品にわたり助監督・監督補を務め、今作で監督デビューを飾った杉山監督は「(森田監督への)恩返しの思いを込めて作りました。今ここにいる3人のキャストの方々も同じような思いで出演して頂いたと思っています」と感無量の面持ち。最初は「森田監督や、『の・ようなもの』のファンの期待を裏切るようなことにならないかと尻込みした」と本音を吐露したが、「森田監督も自ら黒澤明監督のリメイクをするくらいですから、『自分の続編くらいやっちゃえ』という声が聞こえてきた。そうしたら、監督の遺産であるキャストやスタッフたちをふんだんに使って撮ってみようと決意しました」と満面の笑みを浮かべ、キャスト陣とともに仕上がりに胸を張っていた。

「の・ようなもの のようなもの」は、東京・谷中を舞台に、生真面目な落語家“のようなもの”である志ん田(松山)が、かつての兄弟子・志ん魚を再び高座に立つよう説得しようと、奇妙な共同生活をスタートさせる様子を描く。2016年1月16日から東京・新宿ピカデリーほか全国で公開。第28回東京国際映画祭は、10月31日まで開催。

舞台挨拶eigacom2
舞台挨拶eigacom3


(映画.com速報)






松山ケンイチや北川景子が、故・森田芳光監督への思いを語る
MovieWalker 2015年10月29日

舞台挨拶Movie Walker1


第28回東京国際映画祭パノラマ部門の作品『の・ようなもの のようなもの』(2016年1月16日公開)のワールドプレミアが、10月29日にTOHOシネマズ六本木ヒルズで開催。松山ケンイチ、北川景子、杉山泰一監督と、故・森田芳光監督の前作『の・ようなもの』(81)の主演を務め、本作でも同じ志ん魚役で登場する伊藤克信が舞台挨拶に登壇した。

松山は「『サウスバウンド』(07)で3人で舞台挨拶に立った時、森田監督から、次は景子ちゃんと松山でラブストーリーを作りたいと言っていただいて。それはなくなってしまいましたが、今回こういう形で実現できたなと思いました」と感無量の様子だった。

松山が演じた主人公・志ん田は、森田芳光監督作『僕達急行 A列車で行こう』(12)の小町役がモチーフとなっている。「みんなもいろんな役を引きずっている人たちばかりで、あ、そういうことかと。でも、『の・ようなもの』の続編として、監督へのオマージュというか、ラブレターというか、そういうものもあるんだなと感動しました」。

北川が演じたのも、森田監督作『間宮兄弟』(06)で演じた夕美と同じ名前だ。北川は「森田監督と初めてお仕事をさせていただいたのが夕美役でした。もし、夕美があのまま成長したら、こういう感じなんだなと考えながらやろうと思いました」と笑顔を見せた。

伊藤も「森田監督の現場は楽しいんです。僕は、12、3本出ていますが、今回会う人会う人が同窓会みたいでした。森田監督を知ってる杉山監督が同じように明るい雰囲気を作ってくれたので、仕事ヘ行くのが楽しかったです」とコメント。

杉山監督も「森田監督への恩返しの思いを込めて作りました。この3人のキャストも同じような思いで出演してくれたと思っております」と語った。

本作は、若手落語家の青春を描いた、森田芳光監督のデビュー作『の・ようなもの』のその後を描くコメディ。生真面目でさえない若手落語家が、もう一度高座に立つよう兄弟子を説得するために始めたおかしな共同生活の模様が綴られる。【取材・文/山崎伸子】

舞台挨拶Movie Walker2
舞台挨拶Movie Walker3
舞台挨拶Movie Walker4






松山ケンイチ&北川景子、故・森田監督への“ラブレター”『の・ようなもの』舞台挨拶
2015年10月30日シネマトリビューン

舞台挨拶シネマトリビューン


現在開催中の東京国際映画祭にて『の・ようなもの のようなもの』公式上映舞台挨拶が行われ、主演の松山ケンイチ、北川景子、杉山泰一監督に加え、前作の主演で本作でも同じ志ん魚(しんとと)役で登場する伊藤克信が登壇した。

本作は、2011年に急逝した森田芳光監督の劇場デビュー作『の・ようなもの』の35年後を、森田作品ゆかりの豪華キャスト、スタッフによる完全オリジナルストーリーで映画化した作品。 監督は、森田作品を助監督として支え続けた杉山泰一。主演は、森田監督の遺作『僕達急行A列車で行こう』の松山ケンイチ、ヒロインは『間宮兄弟』の北川景子が務め、そして伊藤克信が『の・ようなもの』と同じ役で登場する。

松山は「最初に台本を読んだ時には気付かなかったけど、初めて衣装合わせをした時に『僕達急行 A列車で行こう』の小町役をモチーフにしていると気づいたんです。他の皆も、いつかの役をそのまま持ってきて演じている。そういうことか、と。ラブレターというかオマージュというか、そういうものもあるんだなと感動しました」とコメント。

『間宮兄弟』が映画デビュー作となった北川は「『間宮兄弟』で演じた夕美と同じ名前の役に森田組の洒落を感じました。あの時の夕美が成長したらこんな感じかなと想像しながら演じました」と笑顔をみせた。

前作で主役を演じた伊藤は、「35年後に続編を作るなんて普通はありえない。これは前作のキャストが皆生きていたからできたんです。誰か死んでたらできなかった!長生きに感謝!」と会場を笑わせた。

そして、『の・ようなもの』以降すべての森田作品に助監督として関わっていた杉山監督は、「最初にこのお話をもらった時は、森田ファンを裏切ってしまうのではないかと尻込みしました。でも黒澤明監督の『椿三十郎』をリメイクしてしまう監督ですからね、「続編やっちまえ !』って監督に言われているような気がして撮ろうと決意しました。森田さんへの恩返しの想いを込めて作りました」と振り返る。

森田組をよく知る杉山監督の現場は、「森田組の同窓会のようでアットホームな雰囲気だった」と松山、北川、伊藤が口を揃え、温かい現場の雰囲気を伺わせた。松山は、「生前、森田監督は(北川)景子ちゃんと僕でラブストーリーを撮りたいとおっしゃっていて…。それがこんな形で実現できました。この映画はラブストーリーのようなものであり、青春映画のようなものでもあり、いろんな「のようなもの」が詰まった作品。また、観て頂いた方にはそれぞれに「のようなもの」じゃないものが見つかると思います。公開は来年だからそれまでは生きていてくださいよ!伊藤さん!(笑)」と、終始和やかなムードが漂っていた。 .




その他の画像

舞台挨拶RBB1
舞台挨拶RBB2
舞台挨拶RBB3
舞台挨拶オリコンスタイル1
舞台挨拶オリコンスタイル2
舞台挨拶クランクイン1
舞台挨拶クランクイン2
舞台挨拶クランクイン3
舞台挨拶クランクイン4
舞台挨拶クランクイン5
舞台挨拶クランクイン6
舞台挨拶デイリースポーツ1
舞台挨拶デイリースポーツ2
舞台挨拶ナタリー1
舞台挨拶ナタリー2
舞台挨拶ナタリー3
舞台挨拶ナタリー4
舞台挨拶ナタリー5





お・ま・け

2015 10 22 東京国際映画祭12 TOKYO International Film Festival
1:40あたりから




第28回東京国際映画祭のレッドカーペットでのインタビューNU’EST(REN)、役所広司、オダギリジョー、宮野真守、佐藤浩市、中谷美紀、竹内結子、北川景子etc.
10:30~




東京国際映画祭 レッドカーペット2015 10 22




関連記事
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

HAPPY BIRTHDAY L

「第28回東京国際映画祭」レッドカーペット

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)