珍游記600


映画「珍遊記」…やっと情報解禁になりましたね。

このお話を初めて聞いた時、ま・さ・か~!と思ってましたが…(笑)


もとい…お詫びが後になってしまいました。大変ご無沙汰してしまいましたm(__)m

このブログ、1か月更新がないとCMが入ってしまうのですよね…

昨年カメ更新で反省して、今年は最低でも月3回更新を目指していたのですがね~…

11月で挫折

いやいや話題がない訳では無かったのですがね…書く気力と言うか…←弁解です

今月その分も頑張りますので…これからも見捨てないでね~


ところでまさかの2/27公開

「の・ようなもの のようなもの」が1/16なので…年明けから楽しみ満載です



映画「珍遊記」公式サイト→ http://chinyuuki.com/
映画 珍遊記(@chinyuuki_movie)さん | Twitter→ https://twitter.com/chinyuuki_movie
映画「珍遊記」facebook→ https://www.facebook.com/chinyuukimovie
映画「珍遊記」さん(@chinyuuki_movie) • Instagram写真と動画→ https://www.instagram.com/chinyuuki_movie/




ギャグ漫画『珍遊記』実写映画化 松山ケンイチが坊主頭にパンイチで山田太郎役
2015-12-11 ORICON STYLE

2063653_201512110916826001449805875c.jpg
唯一無二の存在感!?あの『珍遊記』山田太郎役を実写で怪演した松山ケンイチ(C)漫☆画太郎/集英社・「珍遊記」製作委員会



 シュールで破壊的なギャグが大人気を博した伝説の漫画『珍遊記~太郎とゆかいな仲間たち~』が実写映画化され、来年2月27日に公開されることが10日、わかった。主演は、クセのあるキャラクターを演じさせれば右に出る者はいない松山ケンイチ。坊主頭にパンツ一丁という原作・山田太郎そのままの格好で演じている。映画はすでに完成しており、松山は「しばらくの間、僕を裸にしてくれる作品がなかったので受けさせていただきました。自分としては良く脱げた方だと思います」。原作者の漫☆画太郎氏は「史上最低のクソ映画にしろって言ったのに、なんでこんなにおもしろくしたんだバカヤローッ!! 『◯◯の巨人』の監督に撮り直させろーーッ!!!」とコメントしている。

 原作は、1990年より『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載され、シリーズ累計販売部数約400万部を記録した、唯一無二の存在感を放つ孤高の漫画家・漫☆画太郎氏による伝説のギャグ漫画。連載が開始されるや、瞬く間にコアなファンから熱烈な支持を受けていた。その実写映画化は、これまでにネットで話題になったこともあったが、本日その詳細が明らかになった。

 すでに完成している実写版は、原作をほぼ忠実に映像化しており、そのかもしだす空気とシュールな世界観、破壊的なギャグもそのまま。冒頭から繰り出されるテレビでは放送できないセリフのオンパレードや、登場するキャラクターを演じる役者の芝居と見た目の完成度は、原作ファンを納得させる完成度に仕上がっている。前期ドラマ『ど根性ガエル』(日本テレビ系)でのひろし役を好演。過去にも、『デスノート』のLや『デトロイト・メタル・シティ』のヨハネ・クラウザーII世などクセのある役どころを見事に演じきり、キャラ役に定評のある松山は、今回はそれらに勝るとも劣らない最強の強烈キャラ・山田太郎を文字通り“怪演”している。

 メガホンを取るのは、『地獄甲子園』『魁!!クロマティ高校 THE☆MOVIE』『激情版 エリートヤンキー三郎』など漫画原作の実写映画での独特のコメディセンスあふれる演出で知られる山口雄大監督。脚本は、『キングオブコント2011』&『同2013』で決勝に進出したお笑いトリオ・鬼ヶ島のリーダー兼小ボケ担当のおおかわらと、『銀魂』『おそ松さん』(テレビ東京系)など話題のアニメ作品に携わっている放送作家の松原秀氏が手がけている。

 山口監督は、松山の起用について「原作のビジュアルイメージとは違うけれど、本質を捉えて演じることができる松山くんの名前が上がりました。松山くんとは以前に『ユメ十夜』(2007年)で仕事していて、そのときから画太郎ファンなのは知っていましたし、長編作品でいつかまたガッツリやりたいと思っていたので、願いが叶ったというわけです」。

 さらに、『珍遊記』というケタ外れの下品さも秀逸なギャグ漫画の超難関とも思われる実写化には「実写版は、より画太郎作品の本質を捉えたものになっていると思います。一般的に、画太郎作品はドギツイ絵柄やエキセントリックな描写に目を奪われがちですが、ほんとの中身は小学生レベルのピュアさを持っているんです。だから画太郎作品はアンダーグラウンドではなく、少年ジャンプなんですね。冗談で“暗黒のピクサー”なんてことをスタッフに言ったりしながら(笑)、小中学生が楽しめるものということをテーマに作りました。小学生が学校でパンイチ登校とかしてくれて、PTAから『珍遊記』禁止とかになってくれれば、なおのこと嬉しいです」とコメントしている。

 実写版は、原作と同じく、天竺を目指して旅を続けていた坊主・玄奘が、天下の不良少年・山田太郎の妖力を封じ込めるところから物語が始まる。嫌々ながらも太郎を更生させるためにともに旅をすることになった玄奘は、立ち寄ったある村で太郎に遺恨のある人物と再会することになる。

 松山以外のキャスト陣、物語の詳細などは追って発表される。






松山ケンイチ、坊主頭にパンツ一丁!伝説のギャグ漫画「珍遊記」まさかの実写化
2015.12.11 Fri


1990年より「週刊少年ジャンプ」にて連載された伝説のギャグ漫画「珍遊記~太郎とゆかいな仲間たち~」が、まさかの実写映画化。今年の夏、30年後の「ど根性ガエル」のひろしを好演した松山ケンイチが、またもや“映像化不可能”といわれた作品に挑むことになり、爆笑必至のティザービジュアルが解禁となった。

天竺を目指して旅を続けていた坊主・玄奘は、偶然、立ち寄った家のじじいとばばあに、天下の不良少年・山田太郎を更生させて欲しいと頼まれ、宝珠の力で恐るべき妖力を封印するが、嫌々ながら太郎を引き取り、何の因果か共に旅をすることに。果たして、彼らは無事に天竺まで辿り着くことができるのか…!?

原作は、シリーズ累計販売部数約400万部を誇る、孤高の漫画家・漫☆画太郎による「珍遊記~太郎とゆかいな仲間たち~」。主演を務めるのは、『デスノート』の“L”、『デトロイト・メタル・シティ』のヨハネ・クラウザーII世、そして「ど根性ガエル」のひろしなど、ひと癖もふた癖もあるキャラクターに常に果敢に挑戦し、見事に演じ切ることができる松山ケンイチ。本作では、坊主頭にパンツ一丁という山田太郎そのままの格好で、時にコミカルに、時にアクションを交えながら、またもや完全に振り切った演技を披露する。

監督を務めるのは、『地獄甲子園』『魁!!クロマティ高校 THE☆MOVIE』『激情版 エリートヤンキー三郎』など、映像化不可能といわれてきた数々の漫画原作ものを手掛け、独特のコメディセンスを発揮してきた山口雄大。そして、脚本をキングオブコント2011&2013で決勝にも進出したお笑いトリオ「鬼ヶ島」のリーダー兼小ボケ担当のおおかわらと、「銀魂゜」「おそ松さん」など、話題のアニメ作品にも携わる放送作家の松原秀が務めている。

<以下、コメント>

■松山ケンイチ(山田太郎役) しばらくの間、僕を裸にしてくれる作品がなかったので受けさせていただきました。自分としては良く脱げた方だと思います。

■山口雄大(監督) とにかく画太郎作品の中でも超難関の「珍遊記」だけは触るまいと思ってたんですが、DLEの紙谷プロデューサーにそそのかされて(笑)やることになってしまいました。

実写版『珍遊記』は、より画太郎作品の本質を捉えたものになっていると思います。一般的に、画太郎作品はドギツイ絵柄やエキセントリックな描写に目を奪われがちですが、ほんとの中身は小学生レベルのピュアさを持っているんです。だから画太郎作品はアンダーグラウンドではなく、少年ジャンプなんですね。冗談で“暗黒のピクサー”なんてことをスタッフに言ったりしながら(笑)“小中学生が楽しめるもの”ということをテーマに作りました。小学生が学校でパンイチ登校とかしてくれて、PTAから『珍遊記』禁止とかになってくれれば、なおのこと嬉しいです。

■漫☆画太郎(原作) 史上最低の糞映画にしろって言ったのに、なんでこんなに面白くしたんだ バカヤローッ!! 『◯◯の巨人』の監督に撮り直させろーーッ!!!

『珍遊記』は2016年2月27日(土)より新宿バルト9ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》






関連記事
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「珍遊記」特報映像

東北電力イメージキャラクター

comment iconコメント

comment avater

catsママ

ノンキさん、ご無沙汰です!
…って、更新してなかったのは私ですが…('ω')
今日は初動画が出ましたね…
ホント裸だ~(*_*)
後で記事アップしますね!

御茶ノ水でのロケ目撃情報、私も耳にしてます。
すでにまんまるコメかなり出てましたね~('Д')
役のためってファン以外わかりませんしね~…

お下劣でもブタっても…選んだ役だから良いのですが…
次のお仕事で…元に戻してね~~~~~!

2015年12月18日 13:03

comment avater

ノンキ

やっと発表!と思ったら公開がもうすぐ2月とは!
初夏にサイゾーの記事が出て、目撃情報があってもその後なんの音沙汰がないので、私も半信半疑になっていました。
原作を読むのもプチ勇気がいりそう?
1巻のみ無料配信があるみたいですが。

昨日 ウエンツさんとのロケ目撃情報が多々ありました。
計画どおりまんまるになっている模様です。
今後の映画キャンペーンで 役作りと知らない人々から
色々とディスられるんだろうなぁ
どんなにお下劣でも どんなにブタっても ついて行きますんで♪

2015年12月16日 18:19

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)