2066290_201602050057507001454623218c.jpg



今日買い物帰りに、駐車場の車止めに蹴躓き…思いっきり転んだ

運悪く両手に荷物…天晴れなくらいの転び方で…

受け身も取れず…膝、手はおろか…顔面もヒドイことに…

おまけに歯も欠けた

来週はゴロ友さん、その次は松友さんに会うのに……どうする私


本文に入ろう…

まさかの映画「珍遊記」がマナーCMに…

信じられん…








松山ケンイチ&倉科カナ、マナーCMで放送禁止用語連発 実写『珍遊記』
2016-02-05 ORICON STYLE


 俳優の松山ケンイチ&倉科カナのコンビで伝説のギャグ漫画を実写化する『珍遊記』(2月27日公開)の劇場マナーCMが5日、解禁された。山田太郎(松山)と坊主・玄奘(倉科)の会話では、やはりふたりして放送禁止用語を連発。後半は“ピー音”ばかりの異色のマナーCMになっている。

 同映像は、『秘密結社鷹の爪』シリーズのDLEが制作したアニメに、役に扮した松山と倉科の顔をあて、この映像のためにふたりがアフレコを行った音声をあわせて完成。劇中さながらのお下劣な会話のなかで、映画館のマナーを説いている。

 BGMに使われているのは、RIP SLYMEによる書き下ろしのオープニング曲(主題歌)「Take It Easy」。本日5日、同映像でお披露目となった。

 同劇場マナーCMは6日より全国の劇場で流される。




コチラは本編予告編








関連記事
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

野口五郎「ハッピーローズ・アワード」受賞

映画『聖の青春』

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)