アップ遅くなりましたm(__)m

先日、行ってまいりました、映画「珍遊記」完成披露舞台挨拶へ

ケンイチ君は「聖の青春」がクランクアップしたのか…

きも~ち痩せて、爪も短く綺麗になっていました。

舞台挨拶は、記事にもありますが、全然関係のないドランクドラゴン・鈴木拓さん乱入で…

肝心のケンイチ君はじめ倉科カナさん溝端さんがほとんど喋れないと…

ファンとしては不完全燃焼の舞台挨拶でした



松山ケンイチ主演「珍遊記」完成披露、倉科カナが下品なセリフに「自分でもびっくり」
2016年2月18日  映画ナタリー

20160218ナタリー1-600
「珍遊記」完成披露上映会の様子。左からアイアム野田、おおかわら、倉科カナ、松山ケンイチ、溝端淳平、鈴木拓、山口雄大。



本日2月18日、「珍遊記」の完成披露上映会が東京・新宿バルト9で行われ、キャストの松山ケンイチ、倉科カナ、溝端淳平、アイアム野田(鬼ヶ島)、監督の山口雄大らが登壇した。


20160218ナタリー2-600
松山ケンイチ


「珍遊記」は、漫☆画太郎のギャグマンガ「珍遊記~太郎とゆかいな仲間たち~」を原作とするコメディ。天下の不良少年・山田太郎と、彼を引き取ることになった坊主・玄奘の波乱に満ちた旅をコミカルに描く。


20160218ナタリー3-600
倉科カナ


イベントでは本作の脚本を手がけたおおかわら(鬼ヶ島)がまず登場。キャスト陣と山口を呼び込んだ際になぜか現れたドランクドラゴンの鈴木拓に対し、おおかわらは「スターが3人(松山・倉科・溝端)いるのに、鈴木さんが出ることで尺がどんどん短くなっていくんですよ」と苦言を呈して笑いを誘った。


20160218ナタリー4-600
溝端淳平


松山は「めちゃくちゃな原作ですから映画として成立するのかわからなかったんですけど、画太郎さんのファンですし。雄大さんとも長編映画を一緒にやって面白い世界に行きたいなと考えていたので、今回の作品はそういう意味ではベストだなと思います」とコメント。本作で過激なセリフに挑戦した倉科は、「(出演オファーの)お話をいただいたときには何も考えていなくて(笑)。ただただ監督とキャストの方々と一緒にお仕事がしたいと思ったので出演させていただいたら、皆さんに『大丈夫?』って言われて。あとから『私はそんな下品なことを言っていたのか』と気付いて、撮影が終わった今自分でもびっくりしています」と明かす。

映画オリジナルキャラクターの龍翔を演じた溝端は、「とんでもないクズの役だったので、すごくやりがいがあって楽しかったです」と述べ、「こんなに現場で蔑まれている脚本家を見たのは初めてです。助監督の一番下の人にも『おい、おおかわら!』とか言われてて」と暴露。おおかわらは「最終的には(ロケ先の)韓国の部屋で裸で踊ってましたからね。『脚本書いてこんなことまでやらないといけないのか』って」とぼやいた。

実写化のきっかけを聞かれた山口は、「これまで画太郎作品を何回かやらせてもらっているんですけど、『珍遊記』は一番映画化が難しいなと思っていて避けてきたんです。でもプロデューサーに『やってくれ』と説得されて、しんどいなと思いながらも形にしていきました」と回答。映画の見どころについては「今まで見たことのない3人(松山・倉科・溝端)の姿が見られると思います。特に溝端くんはとんでもないことになったりするので。あとエンドクレジットのあとにもちょこっと(続きが)あるので、席を立たないでご覧になってください」とアピールした。

最後に松山は、「下ネタとかも入ってますけど、年齢制限はないので3歳くらいから観れる作品になっていると思います。公開されたら、家族とか友達とか周囲の人を巻き込んで劇場に足を運んでくれたら」と述べた。

「珍遊記」は2月27日よりロードショー。なお公開前日の2月26日夜には、松山、山口、おおかわらが出演する番組「松山ケンイチ初本気ニコ生出演/映画『珍遊記』公開前日SP」がニコニコ生放送にて配信される。

松山ケンイチ初本気ニコ生出演/映画「珍遊記」公開前日SP

ニコニコ生放送 2016年2月26日(金)21:00~(予定)
配信URL:http://live.nicovideo.jp/watch/lv252821640
<出演者>
松山ケンイチ / 山口雄大 / おおかわら

20160218ナタリー5-600
20160218ナタリー6







なぜか鈴木拓! 溝端淳平に連れられ『珍遊記』舞台挨拶に乱入「映画も観てない」
2016.2.18 Thu cinemacafe

20160218シネマカフェ1


映画『珍遊記』の完成披露試写会が18日(木)都内で行われ、主演の松山ケンイチ、共演の倉科カナ、溝端淳平、出演者で脚本担当のお笑いトリオ「鬼ヶ島」のおおかわら、そして山口雄大監督が出席。おおかわらさんの友達で、ただ遊びに来ていただけの本作に無関係なドランクドラゴン・鈴木拓がなぜか登場し、壇上を荒らした。

唯一無二の作品を生み出す孤高の漫画家・漫☆画太郎による、カルトギャグコミック「珍遊記~太郎とゆかいな仲間たち~」をまさかの実写映画化。天竺を目指して旅を続けていた坊主・玄奘(倉科さん)は、偶然立ち寄った家のじじいとばばあに天下の不良少年・山田太郎(ピエール瀧)を更生させて欲しいと頼まれ、宝珠の力で恐るべき妖力を封印。人間サイズになった太郎(松山さん)を連れて共に旅をする羽目になる。

映画に出演もしておらず、本編も観ていないという鈴木さんは溝端さんに引っ張られる形で登壇。鈴木さんは「この人(溝端さん)無茶するから、本当に怖い」と悲鳴を上げながら「凄く変な汗が出る。俺、なんでこんなところにいるんだ?」と言いつつも、シレっと会話に参加。MCを務めたおおかわらさんから本作の見どころを聞かれた山口監督に「僕も映画を観ていないので、教えてください」などと話しかけると、山口監督からは「客席に座っていろ!」とマジギレされていた。

そんな混乱にあっても松山さんは「滅茶苦茶な原作ですから、映画として成立するかわからないけれど、画太郎さんのファン。雄大監督と面白い世界に行きたかった」と作品をアピール。劇中では坊主頭の特殊メイクを施し、放送禁止用語を口にする倉科さんは「ただただ脚本が面白かったので出演させてもらったけれど、今では自分でもビックリしています。あの時は何も考えていなかった…」と頭を悩ませていた。

オリジナルキャラを演じた溝端さんは「とんでもないクズ役だったので、振り切ってやれたし、やり甲斐があって楽しかった。モデルはおおかわらさんです」と言い、おおかわらさんについては「こんなに現場で蔑まされている脚本家は初めて見た。一番下の助監督の方にも呼び捨てにされていた」と舞台裏を明かし、笑いを誘った。

映画『地獄甲子園』『漫☆画太郎SHOW ババアゾーン(他)』など画太郎原作に取り組んできた山口監督は「その中でも最も難しい原作で、しんどかったけれど形になった。汚いのと可愛いののバランスがいい映画。今までに見た事のない3人(松山さん・倉科さん・溝端さん)の姿が見られるはず」と紹介。その横で無関係の鈴木さんは「へ~、そうなんだぁ」と普通に声を漏らしていた。

映画『珍遊記』は2月27日(土)より、全国にて公開。

20160218シネマカフェ2
20160218シネマカフェ3-600
20160218シネマカフェ4
20160218シネマカフェ5

《text:cinemacafe.net》






松山ケンイチ、「何とな~く下ネタあるけど、3歳から観られる」主演作『珍遊記』をアピール
2016年2月19日 シネマトリビューン

20160218シネマトリビューン


漫画家・漫☆画太郎による伝説のギャグ漫画を実写映画化した『珍遊記』の完成披露上映会が行われ、主演の松山ケンイチ、共演の倉科カナと溝端淳平、山口雄大監督、脚本を担当したおおかわら(鬼ヶ島)が登壇した。 .


松山ケンイチ、「何とな~く下ネタあるけど、3歳から観られる」主演作『珍遊記』をアピール

MCを務めるのは、本作で脚本を担当したお笑いトリオ・鬼ヶ島のおおかわら。その呼びかけで松山ケンイチ、倉科カナ、溝端淳平、山口雄大監督、そしてなぜか作品にはなんのゆかりもないドランクドラゴンの鈴木拓、本作に出演する鬼ヶ島のアイアム野田が加わり、にぎやかにスタート。

松山はオファーがきた時の感想について、「もともと原作のファンだったんですけど、映画として成立するか全く想像がつかなくて…。でも、画太郎さんのファンですし、山口監督とは以前一度短編『ユメ十夜』(※漫☆画太郎先生が脚本を担当)でご一緒した事がありましたが、今回長編は初めてで、監督と一緒に面白い世界に行ってみたいなと思って。今回のこの作品はベストだと思ってやりたいと思いました」と、山口監督との再タッグが大きな決めてになったことを明かす。

倉科は、本作で演じる坊主・玄奘として発する過激なセリフの数々や、チャレンジしたことについて聞かれ、「松山さんと対極でいるっていう事を心がけていました。お話しがきた時、脚本が面白くて監督とキャストの皆さんとお仕事したくて、ただただそういう想いで出演することにしたら皆さんに大丈夫?って聞かれて(笑) 撮影終わってから自分でもすごくびっくりしています。その時はなんとも感じなかったんです」と周りの反響がすごかったことを明かす。

映画オリジナルキャラクターの龍翔を演じた溝端は、「自由に山口監督に甘えて、とことんクズの役だったんですが、やり甲斐があって凄く楽しかったです。本当に楽しくてやりきった感じです」と振り返る。

原作を実写映画化した理由について山口監督は、「漫☆画太郎作品は、以前も『地獄甲子園』や『漫☆画太郎SHOW ババアゾーン(他)』などもやらせてもらった事がありましたが、「珍遊記」はその中でも一番最難関の作品だったと思っていたので避けていたんです。プロデューサーの方から話しがあってやる事になりました。でも、すごく難しかった…」と振り返る。

おおかわらは、「最後の闘いのシーンで池の近くで撮影しているシーンがあるんです。そこにカエルがいっぱいいたんですけど、他の人が演じている時は静かなのに、なぜか松山さんが演技始めるとカエルが鳴き始めて、小石とか投げて静かにするって事がありましたね」、続けてさらに、「韓国の撮影で倉科さんが現場にいた犬を見て“私、犬好きなんです。どんな犬でも仲良くなれるんです”って言っていたら、そこにいた犬がすごい勢いで吠えてました(笑)」と、珍妙な撮影現場だった裏話を披露してくれた。

また、オススメポイントとして山口監督は、「今まで見た事のない3人が見れる作品になっているかと思います。映画の写真なども出てきているかと思いますが、あれ以上の事が映画の中では起こっていますし、全くとんでもない事になっているのと、エンドクレジットの後もあるのでそこも見て欲しいです」。

最後に溝端は、「1人2役やっているところもあります。本当に純粋に笑える作品になっていますので。みんなで大笑いしながら楽しんでください」。倉科は「何も考えず大笑いして楽しんでください」。松山は、「何とな~く下ネタとかありますが、映倫の指定がついていないので3歳ぐらいから見られると思います。今日観て楽しかったら、公開の時に一緒にお子さんとかカップルとか巻き込んで見て頂いてもいいかと思います」。山口監督は「ファミリームービーとしても観られるように作りました。汚いとか下品とかいう要素もありますが、そういうの色々な人が楽しめるように作ったので告知してくれたら嬉しいです」と客席にアピールした。






20160218シネマトゥデイ1
20160218シネマトゥデイ2
20160218シネマトゥデイ3
20160218シネマトゥデイ4
20160218シネマトゥデイ5
20160218シネマトゥデイ6
20160218スポーツニッポン
20160218映画COM1
.20160218.jpg
20160218MANTAN1.png
20160218MANTAN2.png
20160218MANTAN3.png
20160218MANTAN4.png
20160218MANTAN5.png
20160218RBB1.jpg
20160218RBB2.jpg
20160218RBB3.jpg
20160218T-SITE1.png
20160218T-SITE2-600.png
20160218T-SITE3.png
20160218インフォシーク
20160218スポーツニッポン
20160218完成披露オリコン1
20160218完成披露オリコン2
20160218完成披露オリコン3
20160218完成披露オリコン4




関連記事
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

マックスむらいVS松山ケンイチ

野口五郎コンサート渋谷オーチャードホール

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)