今日は「神童」のお話を…

31e20720_240.jpg


この映画は「デスノート」の翌年…「蒼き狼」と同じ年の作品です。

それにしては和音役の松山くん、みょうに初々しい…もっと初期の頃の作品かと思った。

この映画は、私にとっては久々に琴線に触れる作品…

最近、私の周りに起きているもろもろの現実。

心地よいピアノの音に乗せて流れる、普段ほとんど聞かないクラシック…

作品の良し悪しは別として絵文字名を入力してください妙に癒されてしまった!

                  3ca23020_240.jpg

「 飛び抜けたピアノの才能を持ち“神童”と言われるうただったが、母親の期待と裏腹にレッスンはさぼりがち。でもひょんなことから知り合った青果店の息子ワオの部屋のピアノは喜んで弾くのだった。うまくはないが心地よいワオの奏でる音が気に入ったうたはワオと会うことが楽しみになり、ワオも出せなかった音が、うたのアドバイスで出せるようになった。音楽でつながったうたとワオ。でも天才少女うたの耳にある変化が訪れ…。
さそうあきらの原作漫画を『帰郷』の荻生田宏治が演出。恋のような友情のような兄妹のような、はっきりしないけど心地よい関係の男女を成海璃子と松山ケンイチがさわやかに好演している。天才少女と言われ、悲しい過去に縛られ、ピアノに対して素直になれないうた、誰よりもピアノを愛しているのに、思うようにならないワオの苦しみは描きようによっては重いものになりそうだが、ふたりの関係を恋愛の一歩手前でとめて、純粋に音楽でつながった清らかな関係として見せたことで、気持ちのいい美しい映画に仕上がった。(斎藤 香) 」


…のようなストーリーなのですが、才能がイマイチな音大受験生(のちに落ちこぼれ音大生)の松山くん演じる和音

それでも「神童」と言われ、期待されすぎて(体育の授業も突き指するから見学しなければいけない)どうして良いか判らなくなっているうた(成海さん)が、なぜか和音の前では素直になれる…

音楽の真の喜び、人の温かさの目覚めていくうたの成長…という事…かな?

まあ、私としてはタイプの映画ではないので、松山くんが出てなかったら観る機会がなかった映画です。

思ったより良かったので、松山くんに感謝!

195cfd0c_240.jpg  私のお気に入りの松山くんの指ニコハート

やっぱこの方、指きれいだわきゃっL以来、指フェチになっちゃった絵文字名を入力してください

この映画でお世話になったピアニストの清塚信也さんとは、今でも親交があるそうです。





                      
神童[2枚組スペシャル・エディション] [DVD]   神童 [DVD]       小説 神童 (双葉文庫)
関連記事
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

都心がすごいらしい…

「カムイ外伝」DVD発売決定!

comment iconコメント

comment avater

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012年11月28日 21:44

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)