main_20160413140739e07.jpg



待ってました

映画『怒り』の情報が飛び込んで来ました

9月17日公開です。

秋…って言うのでもう少し遅い時期を想像してたけど…思ったより早い公開で…ウキウキ

ポスター解禁になりましたが…

「俳優7人」ではなく「登場人物7人」を撮影との要求だったとか…

ケンイチ君…凄いです。パッと見、ケンイチ君に見えない















こんな渡辺謙見たことない…撮影した篠山紀信が驚いた『怒り』ポスター
2016年4月13日 CINEMATODAY


main_20160413140739e07.jpg
豪華キャスト陣の「見たことがない」顔…… - 『怒り』ポスタービジュアル - (C) 2016映画「怒り」製作委員会


 さまざまな俳優やタレントを撮り続けている写真家の篠山紀信が「こんな顔、見たことない」と撮影中にこぼしたという、映画『怒り』のポスタービジュアルが公開された。ビジュアルには、本作の主要人物を演じる渡辺謙、森山未來、松山ケンイチ、綾野剛、広瀬すず、宮崎あおい、妻夫木聡の7人が役に入り込んでいる姿が映し出されている。

02-560x600300.jpg01-560x600300.jpg
渡辺謙に向かって号泣する宮崎あおい映画『怒り』フォトギャラリー


 映画『怒り』は、『悪人』の吉田修一(原作)&李相日(監督)コンビが6年ぶりに挑んだ、一つの夫婦殺人事件をきっかけに起こる群像ミステリー。篠山は、企画・プロデュースを担当した川村元気に依頼され、「『俳優7人』ではなく『登場人物7人』」として俳優ではなく、役のままの彼らの姿をカメラに収めたという。撮影は、俳優の中から「役」がいなくなる前である、本編撮影中の早朝や深夜、本編撮影終了直後に都内スタジオで行われた。


 篠山は撮影を振り返り、「これまで俳優を撮影することがあっても、役を引きずったままの役者をスタジオで撮影をするのは初めての経験で、面白く、贅沢な時間でした」と彼自身にとっても異例のことだったと語る。また「スタジオで撮影しているのに、どこかドキュメンタリーのよう」だったと評し、「今まで何度も撮影している役者の見たことのない顏を撮影できたと思います」とも続けている。


 被写体側だった渡辺は、今までも何度も撮影されてきた篠山に、「見た事無い顔だなぁ」と言われたことをコメント。また、「嬉しい言葉を頂いた!」と本ポスターで見せることができた新たな顔に喜びの声を上げていた。(編集部・井本早紀)


映画『怒り』は9月17日より全国公開






篠山紀信、渡辺謙ら豪華キャスト×李相日監督「怒り」ポスターを“渾身の”撮り下ろし!
2016年4月13日


[映画.com ニュース] 日本映画界を代表するオールスターキャストが結集した李相日監督作「怒り」のポスタービジュアルが、このほど完成した。日本写真界の巨匠・篠山紀信が撮り下ろし、渡辺謙、綾野剛、松山ケンイチ、広瀬すず、森山未來、宮崎あおい、妻夫木聡の7人が役に没入するそのままの表情を活写した、渾身の仕上がりとなっている。

三島由紀夫、山口百恵、宮沢りえ、ジョン・レノン&オノ・ヨーコら、「時代の顔」ともいえる人物たちの“一瞬”を焼き付けてきた篠山が、写真家人生で初めて映画とコラボレーション。「これまで俳優を撮影することがあっても、役を引きずったままの役者をスタジオで撮影をするのは初めての経験で、面白く、贅沢な時間でした」と語り、「スタジオで撮影しているのに、どこかドキュメンタリーのようで、今まで何度も撮影している役者の見たことのない顏を撮影できたと思います。これだけの役者が集まってくると、不思議な力が湧いてくるポスターになったと思います」と会心の手応えを明かした。

「フラガール」「許されざる者」の李監督が、「悪人」に続き吉田修一氏の問題作を映画化。「怒」という血文字を残したまま未解決となった東京・八王子の殺人事件を機に、日本中に疑念が蔓延し、人間の“信じたい”感情にゆがみを与えていくさまを、千葉、東京、沖縄に住む3組の人々の群像劇として描く。佐久本宝、ピエール瀧、三浦貴大、高畑充希、原日出子、池脇千鶴らが脇を固めている。

「悪人」製作チームのもと、日本トップクラスの俳優陣が結集しただけに、川村元気プロデューサーは映画完成前から「世界からも注目と喝さいを浴びる作品が生まれる。『怒り』の公開は、ひとつの事件になる」と確信。篠山に撮影を依頼する際、化学反応を引き起こし、さらなる高みへ昇華させるため「“俳優7人”ではなく“登場人物7人”を撮ってほしい。俳優ではなく役のままの顔が見たい」と伝えた。熱烈な思いを受け快諾した篠山は、俳優の顔に宿る“役”をとらえるべく、ポスター撮影を本編撮影中の早朝や深夜、終了直後の都内スタジオで敢行。刺激的な雰囲気が場を包み込み、篠山をはじめ、スタッフや被写体となる俳優陣から「こんな顔、見たことがない」という声が漏れた。

千葉の漁港で暮らす洋平役の渡辺は、「ロケ現場に向かう前、早朝の六本木のスタジオに私はいた、漁協で働く格好に長靴を履いて。カメラは篠山紀信氏、今までも何度も撮って頂いている。6分ほどで終了する」と振り返り、「ファインダーをのぞく紀信さんが『見たことない顔だなあ』と。嬉しい言葉を頂いた!」と歓喜する。そして川村プロデューサーも、「俳優たちも、篠山さんなら、ということで撮影中にスタジオまで来て、役のままで撮影に応じてくれました。果たして、見事な『七人の怒り』が、そこに写し出されたと思っています」と自信をみなぎらせている。

また4月13日の午前10時から、映画公式HP(http://www.ikari-movie.com/)で予告・特報映像が初披露されている。「怒り」は、9月17日に全国で公開。

(映画.com速報)






「あなたは殺人犯ですか?」映画「怒り」ポスターに渡辺謙、森山未來ら集結
2016年4月13日 ナタリー


9月17日に公開される映画「怒り」のポスタービジュアルが披露された。主演の渡辺謙のほか、森山未來、松山ケンイチ、綾野剛、宮崎あおい、広瀬すず、妻夫木聡が登場している。

吉田修一の同名小説を、「フラガール」「悪人」で知られる李相日が実写映画化した本作。千葉、東京、沖縄を舞台とし、ある殺人事件の容疑者として浮上した3人の男たちを中心に、人々が信用と疑惑の間で揺れる様子を描き出す。現在ブロードウェイミュージカル「王様と私」に出演中の渡辺は千葉の漁港で暮らす洋平役を、5月に「談ス」の東京凱旋公演を控える森山は、広瀬演じる沖縄の女子高生が無人島で遭遇した田中役を演じる。

ポスターに使用された写真は、篠山紀信が撮り下ろしたもの。映画本編を撮影中の早朝や深夜、クランクアップ直後などのタイミングで、7名の登場人物の表情を切り取った。中央には「あなたは殺人犯ですか?」というコピーを配置。渡辺は「ファインダーを覗く紀信さんが『見た事無い顔だなぁ』と。うれしい言葉をいただいた!」と、撮影時を回想している。

渡辺謙コメント

ロケ現場に向かう前、早朝の六本木のスタジオに私はいた、漁協で働く格好に長靴を履いて。
カメラは篠山紀信氏、今までも何度も撮って頂いている。6分程で終了する。
ファインダーを覗く紀信さんが「見た事無い顔だなぁ」と。嬉しい言葉を頂いた!

篠山紀信コメントnews_xlarge_shinoyamakishin_art201604300.jpg


これまで俳優を撮影することがあっても、
役を引きずったままの役者をスタジオで撮影をするのは初めての経験で、面白く、贅沢な時間でした。
スタジオで撮影しているのに、どこかドキュメンタリーのようで、
今まで何度も撮影している役者の見たことのない顏を撮影できたと思います。
これだけの役者が集まってくると、不思議な力が湧いてくるポスターになったと思います。

※宮崎あおいの崎は立つ崎(たつさき)が正式表記

news_xlarge_ikari_20150820_02600.jpg







  


関連記事
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

野口五郎ライブ in COTTON CLUB

「聖の青春」×電王戦!コラボ映像公開

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)