20160823案山子


ケンイチ君と言うより…

聖君入ってますが~(笑)

ピョン吉君も一緒で…楽しいですね

ただ残念ながら「かかしロード」むつ市から遠い…



今年のシンボルかかしは…
今年のシンボルかかしは、今大活躍中の俳優「松山 ケンイチ」さん。愛称は、松ケン。青森県むつ市出身。奥様は女優の小雪さん。現在は3人のお子さんを持つパパです。
方言は「下北弁」になるそうで、バラエティ番組で訛って話す姿に親しみがわいてきます。
数多い作品の中では、NHK大河ドラマ『平清盛』の出演。主演に抜擢されました。その他にど根性ガエルのひろし役、デスノートではL・竜崎役を漫画に負けず劣らずの演技で魅了してくれました。もっとたくさんの作品に出演している松ケンを今年はシンボルかかしとして展示します。是非、足を運びに油川お出で下さい。

yjimage.jpg  1yjimage.jpg

かかしロード280HPより

他にも「かかし総選挙 投票」等もあるようで…

詳しくはかかしロード280HPへ↓

かかしロード280HP→ http://kakasi.tasukaru.jp/





かかしロードに8メートルの「松ケン」登場
08/23 北海道新聞


北海道新聞
国道280号バイパス沿いに設置された松山ケンイチさんの大型かかし=22日午前、青森市羽白


 むつ市出身の人気俳優松山ケンイチさん(31)の大型かかしが22日、青森市油川地区の国道280号バイパス沿いに登場し、ドライバーや地域の人々の目を楽しませている。

 かかしは、27日に始まる恒例行事「かかしロード280」のシンボルとして実行委が設置。イベントの開催10周年と北海道新幹線開業を記念し、台座を合わせた高さを歴代最高の約8メートルとした。実行委によると、松山さんの母親が油川地区出身という縁で、モデルに選ばれた。

 かかしは、昨年テレビ放送されたドラマ「ど根性ガエル」で松山さんが演じた主人公「ひろし」の姿で、ねぶた師の北村蓮明さんが約1カ月かけて制作。服の色は北海道新幹線の車体をイメージし、緑と紫の2色にした。

 この日は実行委メンバーら約25人がクレーンや脚立を使い、上半身と下半身をつないでかかしを完成させた。実行委員長の永井幸男さん(60)は「地元の人や北海道新幹線の乗客に楽しんでほしい」とPRした。

 今後、今別町までの沿道に300体超のかかしを並べる予定。展示は9月30日まで。8月27、28日には同市の油川市民センターで、東青地域などの物産品を販売する「かかし祭り」を開催する。






高さ8メートル むつ市出身・松山ケンイチさんモデル かかしロード開幕前に登場 /青森
毎日新聞2016年8月23日


 青森市から今別町までの国道280号沿いにかかしを並べるイベント「第10回かかしロード280」が27日に開幕するのを前に、青森市羽白のJA青森本店向かいの水田地帯に22日、高さ約8メートルの巨大なシンボルかかしが登場した。


 ねぶた師の北村蓮明さん一家が手掛けたもので、今年のモデルは昨年放映されたテレビドラマ「ど根性ガエル」の主人公ひろしを演じた俳優・松山ケンイチさん(むつ市出身)と平面ガエルのピョン吉だ。

 かかしは約300体並ぶ予定。沿道の稲穂が金色に実る中、9月末まで道行く人の目を楽しませる。【一宮俊介】







関連記事
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「聖の青春」主題歌&予告編

『聖の青春』、 「第29回東京国際映画祭」クロージング作品に決定!

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)