20161102ナタリー1-600


第29回東京国際映画祭、本日で幕を閉じました。
東京グランプリに輝いたのは、ドイツ・オーストリアの合作映画「ブルーム・オヴ・イエスタディ」

わたくし、昨日のクロージング上映に行かれなくなってしまって…

システム障害やらで大変な思いしてチケット取ったのに…残念な事です。



















松山ケンイチ、東京国際映画祭に寄せる思い「圧倒的パワーに勇気もらえる」
2016年11月2日


20161102eigacom1-600.jpg
東京国際映画祭のクロージング作品として上映された「聖の青春」


[映画.com ニュース]夭折の天才棋士・村山聖氏の生涯を描いた映画「聖の青春」が11月2日、第29回東京国際映画祭のクロージング作品として上映され、主演の松山ケンイチ、共演の東出昌大、メガホンをとった森義隆監督が東京・EXシアター六本木での舞台挨拶に出席した。

第13回新潮学芸賞を受賞した大崎善生氏による傑作ノンフィクション小説を、「宇宙兄弟」で知られる森監督のメガホンで映画化。幼いころから難病を患いながらも将棋に生涯を捧げ、29歳の若さで死去した村山氏の激動の人生を追った。

10月25日に開幕した本映画祭も、残すはあと1日となった。村山役の松山は、「今作をクロージングに選んで頂き、今日をとても楽しみにしていました」と晴れやかな表情で、「ヒロイン・羽生善治役の東出昌大です」と挨拶した東出も「日本を代表する国際映画祭に、将棋という伝統的なモチーフの作品がクロージングに選ばれたことを光栄に思いますし、胸を張ってここに立っております」と充実の面持ちだ。

さらに松山は、本映画祭に参加した感想を「楽しかった記憶しかないです」と話す。「メリル・ストリープさん、安倍晋三総理にお会い出来ましたし……」と言いかけたが、「あ、“安倍マリオ”さんにお会い出来たことを、とても光栄に思っております」と訂正し客席を喜ばせた。そして、「毎回、参加すると映画祭のものすごいパワーをもらえるんです」と言葉に力を込め、「普段カメラの前で、わりと少人数のスタッフ・キャストと仕事をしているので、圧倒的なパワーに勇気をもらえますし、次に進む勇気ももらえます。いつも感謝しています」と述べていた。

そして、松山は村山氏の生き様に共鳴したといい、「僕と村山さんが共通するのは、将棋、俳優というそれぞれの仕事が、“生きる”ということと直結していること」と明かす。「しかし将棋だけが人生ではなく、映画にはお酒を飲んだり麻雀を打っている風景などが出てきます。自分の人生を、好きなように燃やす生き様がすごく好きで。自分の人生を考えさせられました」と語り、「伝統文化としての将棋や、粋な美しさが存分に描かれています。ぜひ世界中の人に見ていただきたいです」と思いを込めた。

なおこの日は、リオデジャネイロ五輪メダリストの吉田沙保里選手、三宅宏実選手、羽根田卓也選手も駆けつけ花束を贈呈した。「聖の青春」は、11月19日から東京・丸の内ピカデリーほか全国で公開。第29回東京国際映画祭は、11月3日に閉幕を迎える。

20161102eigacom2-600.jpg
20161102eigacom3-600.jpg
20161102eigacom4-600.jpg
20161102eigacom5-600.jpg
20161102eigacom6-600.jpg
20161102eigacom7-600.jpg
20161102eigacom8-600.jpg

(映画.com速報)






思わず突っ込む東出「これ国際映画祭ですよ監督!!」
松山ケンイチ、東出昌大、「聖の青春」舞台挨拶

2016/11/03 iLIP


11月2日、六本木にて松山ケンイチ、東出昌大ら出演陣による「聖の青春」舞台挨拶が行われた。

この作品は弱冠29歳の若さで亡くなった実在の天才棋士・村山聖[さとし]の難病と闘いながら将棋に全てを懸けた壮絶な生きざまを描く、感動のノンフィクション小説の映画化。

100年に1人の天才と言われる羽生善治と「東の羽生、西の村山」と並び称されながら、名人への夢半ばで倒れた“怪童”の一生を、師弟愛、家族愛、そして羽生ら今も将棋界で活躍する仲間たちとの友情を通して描く。



20161102ilip-600.jpg



レッドカーペットなどを味わってみての感想は?と聞かれた松山は「楽しかった記憶しかないよね!もちろんメリルストリープさんや阿部総理に・・・あ、阿部マリオさんにお会いできたことも光栄です」
と前回、阿部首相がリオでマリオに扮して出てきたことを模して笑いを誘った。

続いて東出は「この難しいルールのゲームを、日本の文化の将棋を世界の方々にしって頂けることを楽しみにしております。」と、将棋文化への想いを語った。


20161102iLIP2-600.jpg


そして今回スペシャルゲストがサプライズで登場。
リオのメダリストの吉田沙保里、三宅宏実、羽根田卓也が登場し、観客はビックリしたような「おぉー」という声を上げていた。
さらに、東出の横に三宅が並んだ際に、その身長差に会場が沸いた。


20161102iLIP3-600.jpg

この身長差!


20161102iLIP5-600.jpg

重たい花束を抱えながら拍手を贈る東出


それぞれの選手が映画の感想を「命を掛けて棋士として戦い続けた聖に心を打たれた」と語り、MCが俳優さんは如何ですか?と振ると、

松山「俳優という仕事が生きるということと直結しているところが似ていると思います。その中でも、(聖は)将棋だけが人生、(松山は)俳優だけが人生という中で、聖は病に左右されずに、人生を生きるという生き方に心を打たれました。」と語り、
東出は「彼が病気だという事は、すべての将棋士が知っていた。それでも皆、当然手を抜かないんです。将棋に命を掛けていることを知って、それに応えようと、プロとして、ぺしゃんこにしてやろうと言う気持ちで、臨むんです。そんな羽生を僕は本気で演じました。」と熱く語った。


20161102iLIP6-600.jpg


そして話題は小話へ
「最近あった、ちょっとした勝負は?」と聞かれた東出は
「うーん・・・・」黙り込む。
松山がすかさず「無いって言ってましたよ笑」と言うと、
松山「じゃぁ今この場で。」とじゃんけんを提案してフォロー。

勝敗の行方はいかがですか?とMCが繋ぐと、
東出「負けず嫌いの松山さんなので、結果は伏せておきます。」と暗に結果を伝えて会場を笑わせた。


20161102iLIP7-600.jpg

じゃんけん・・・


20161102iLIP8-600.jpg

お・・・


そして松山のターンでは、
「腹が痛くなって、エレベーターが来なくて・・・自分との戦いでした。」と会場を笑わせると、監督が「それが勝負と言うなら、僕も同じような勝負をしていて、30超えてから何敗かしてます。」と下ネタを言うと、会場がざわついた。

東出がすかさず「国際映画祭!国際映画祭!笑」と監督に突っ込みを入れた。
(結局、インタビューの英語訳は「Thank you.」だけだった。)


20161102iLIP9-600.jpg

20161102iLIP10-600.jpg


「あちゃー」と言う顔をしながら笑う東出


20161102iLIP11-600.jpg


東出「国際映画祭!国際映画祭!」



最後は「今日は楽しい時間をありがとうございました。この作品は29歳で生涯を閉めた聖さんの人生の作品です。皆さんにも人生があります。その皆さんの人生の背中を押してくれるような作品になっていればと思います。そして静かだけれども、静かな中で刀で切り合っている真剣勝負を楽しんでほしい。」と松山が綺麗に締めた。






<TIFF2016>松山ケンイチ、吉田沙保里らメダリストの祝福に感激!「異種格闘技戦のような時間」
クランクイン! 2016年11月3日


20161102クランクイン1-600


 俳優の松山ケンイチが2日、第29回東京国際映画祭(以下、TIFF)のクロージングを飾る映画『聖の青春』の舞台挨拶に共演の東出昌大、森義隆監督とともに出席。この日は “真剣勝負”に生きた天才棋士の人生を描いた本作にちなみ、レスリングの吉田沙保里選手、重量挙げの三宅宏実選手、カヌーの羽根田卓也選手ら五輪メダリストが祝福に駆け付け、これに感激した松山は、「異種格闘技戦を体験したような時間でした」と満面の笑みを見せた。

 本作は、29歳でこの世を去った天才棋士・村山聖の生涯を綴った大崎善生のノンフィクションを、『宇宙兄弟』などの森監督が映画化した人間ドラマ。5歳で腎臓の難病ネフローゼを、27歳で膀胱がんを患った村山(松山)が、闘病しながら将棋の道を突き進んだ壮絶な人生を描く。東出演じるライバル・羽生善治との息を呑む死闘は圧巻だ。

 TIFFのクロージング作品に選ばれたことについて松山は、「とても光栄なこと。この映画祭を通して、将棋という日本の伝統的な文化、粋の美しさを世界中の方々に観てほしい」とアピール。さらに、「皆さんの人生の背中を押してくれる村山さんの生き様、そして、静かだけれど刀で斬り合うような真剣勝負もぜひ楽しんでいただければ」と満席の会場に向けて、本作の見どころを力強く語った。

 一方、村山のライバル羽生を演じた東出は、オファーを受けた際、「動きの少ない将棋が映画にすることに不安を感じた」そうだが、完成作品を観て、その思いは一変。…

「ここに映っていたのは、人としての生き方だったり、男同士の戦いだったり、これは世界共通のこと。ルールがわからなくても絶対に伝わるものがある」と確かな手応えを感じ、「将棋に人生を懸ける羽生さんを鬼のような思いで演じた」と振り返った。

 また、イベント終盤のクロストークでは、勝負師が大集合したことから、最近、「勝負したこと」というお題がだされると、三宅選手は「電車の乗り継ぎでどれだけ(目的地まで)早く行けるか勝負した」と可愛い挑戦を明かすと、松山は、「腹が痛くなって、エレベーターがこなくて…それと戦った」と告白。すると森監督が、「僕も松山くんと同じ勝負をしてて、30歳を過ぎてから2敗くらいしている」とぶっちゃけると、これに慌てた東出が、「国際映画祭ですよ!」と制し、会場の笑いを誘っていた。

 映画『聖の青春』は11月19日より全国公開、「第29回東京国際映画祭」は11月3日まで開催。



20161102クランクイン2
20161102クランクイン3
20161102クランクイン4
20161102クランクイン5
20161102クランクイン6-600
20161102クランクイン7-600
20161102クランクイン8-600
20161102クランクイン9-600
20161102クランクイン11-600
20161102クランクイン12-600
20161102クランクイン13-600
20161102クランクイン14-600
20161102クランクイン15-600


その他の画像
シネマカフェ ↓
20161102シネマカフェ1-600
20161102シネマカフェ2
20161102シネマカフェ3-600
20161102シネマカフェ4-600
20161102シネマカフェ5-600
スポニチ ↓
20161102スポニチ1
20161102スポニチ2
ナタリー ↓
20161102ナタリー2-600
20161102ナタリー3-600
20161102ナタリー4-600
デイリー ↓
20161102デイリー
ムービーウォーカー ↓
20161102ムービーウォーカー1-600
20161102ムービーウォーカー2-600
20161102ムービーウォーカー3-600
20161102ムービーウォーカー4-600
20161102ムービーウォーカー5-600





関連記事
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

『聖の青春』に羽生善治ら将棋界&エンタメ界から絶賛続々!

東京国際映画祭イベントレポート

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)