佐藤P0

独占スクープ「映画『デスノート』の最終ページ」 5時間4万字の記録


『デスノート』『デスノート the Last name』(06年)、スピンオフ作『L change the WorLd』(08年)で大成功を収めた映画『デスノート』シリーズ。誕生から10年の時を経て、映画『デスノート Light up the NEW world』(10月29日公開)が、まさかの続編として復活を遂げる。果たして、その"最終ページ"には一体何が書き込まれたのか。

マイナビニュースでは「独占スクープ 映画『デスノート』の最終ページ」と銘打ち、すべての作品を企画・プロデュースしてきた日本テレビ・佐藤貴博プロデューサーの「今だから語れる」証言を中心に、全20回にわたってその歴史を掘り下げていく。インタビューは合計約5時間、4万字近くにも及んだ。 第9回は、「10年後の映画化、『GANTZ』『桐島』との関係性」。 



マイナビニュースさんの佐藤Pインタビュー記事5回目です



 デスノ、10年後復活には裏テーマがあった!「GANTZのその先へ」「桐島の真逆」


今から5年前に企画


――今回の映画化は、いつごろ動き出した話だったのでしょうか。



佐藤P9-1
シリーズで最後の作品となる『デスノート Light up the NEW world』



昨年、連続ドラマ版「デスノート」が放送されましたが、今回の映画続編の企画はそれよりもかなり前なんです。企画の発端ということでは、2011年になりますかね。今回の映画続編を共に作り上げた佐藤信介監督との出会いとなる、実写映画『GANTZ』二部作公開後のことです。実写映画『GANTZ』を信介監督にオファーしたのが2008年。2009年末から2010年にかけて二部作一気に撮影しました。信介監督とは同じ1970年生まれで同じ苗字。何か運命を感じたのか(笑)、まだ完成もしていない撮影中からお互い手応えは感じていて、『GANTZ』が公開される前、つまりは「興行的な成功=結果」が出る前から「次」のことを話し合っていました。

『GANTZ』は実写映画で「VFXを駆使した」「SF」「アクション」エンターテイメント超大作という、当時の日本映画界にはほとんど成功例の無い挑戦でした。今でも変わらずに少ないジャンルですね。そのチャレンジングな企画である『GANTZ』で、興行的にも成功できた(『GANTZ』が34.5億円、『GANTZ PERFECT ANSWER』が28.2億円)。信介監督とのチームで、この成功の「その先」に行かなければならない。二人とも、「成功」と「挑戦」というテーマを持って臨もうと意思統一はできていて、「挑戦」という意味で、現在の日本映画では少ない「オリジナル脚本」の開発も進めていたりしました。



『桐島、部活やめるってよ』で知る"真逆のエンタメ"


――オリジナル脚本での映画は日本のメジャー作品では少ないですよね?



現在の日本映画の環境としては、どうしても「原作モノ」が多くなっています。オリジナル脚本で成立している作品でも、三谷幸喜監督、北野武監督、是枝裕和監督など、監督としての実績やネームバリューがある方々の作品です。観客にとって映画を観るためには、1800円というお金とともに、映画館への往復の時間も含めて数時間以上の貴重な時間も費やさなければならないという、ハードルの高い娯楽です。だから選択には慎重になるのも仕方ありません。そうすると、「原作モノ」や「実績のある監督作品」など、原作が大ヒットしているから、前作が大ヒットしているからといった「よりどころ」をどうしても求めてしまうんだと思います。


佐藤P9-2



だから「オリジナル脚本」での成立は難しい。信介監督と2人で「オリジナル脚本」で攻めるのは「挑戦」にはなるけれど、「成功」するには大きな壁がある。いろんな企画を試行錯誤しましたが、その時点ではその壁を超えると思える「面白いネタ」が見つからなかった。また、僕と信介監督としては、より多くの観客に楽しんでもらえる「エンターテイメント作品」にもこだわっていました。「オリジナル脚本」で「作家性の強い作品」を目指すのは2人でやることではないと。小さい企画ではなく、信介組が再集結して挑むに値するプロジェクト、僕ら2人だけが満足するものではなく、大ヒットを狙えるとともに、スタッフ全員が「その先」と思えるものを求めていたので、時間がかかりましたね……。

そんな感じで、2011年は具体的な企画を立てることができず、悶々とした日々を過ごしていました。信介監督も『GANTZ』が当たっちゃったもんだから、たくさんオファーが来てしまって(笑)。僕として、信介監督のスケジュールを拘束しているわけではないんですが、一応ずっと企画検討は一緒にしていたので、「この仕事(先に)やっていいですか?」と確認の連絡をしてくれるんです。そうして2人の企画が成立する前に、信介監督は大ヒットシリーズ『図書館戦争』と巡り合うことに(笑)。それ以降も信介監督はドンドン新作オファーが重なって、「『GANTZ』のその先」を考える時間は少なくなっていきましたが、それでも定期的に連絡は取り合っていました。

私の方も2012年にそれまでの私のエンターテイメント超大作路線とは真逆と言ってもいい、映画『桐島、部活やめるってよ』(吉田大八監督)をプロデュースしたのですが、これが評価はとても高く、日本アカデミー賞最優秀作品賞など映画賞を沢山いただきました。映画プロデューサーとして、『デスノート』『GANTZ』がそれまでの私の看板でしたが、『桐島、~』という新たなそして違う幅の看板ができました。このことが大きかったかもしれません。



佐藤P9-3



逆の方向への幅が広まったことで、新鮮な気持ちでエンターテイメントの大作について考えることができた。それまで『デスノート』のことは一切考えないようにしていたのですが、こと「エンターテイメント超大作」を目指すのであれば、そこに再度、目を向けるべきではないかと。そして、もうそろそろ10年なんだな……と。そんな節目なんてお客さんには関係ありませんが、「10周年の区切りで何か考えられるかもしれない」と思えるようになったんです。信介監督とであれば、新しいものを生み出せるかもしれない。「『GANTZ』のその先は、『デスノート』なのかもしれない」と。それで2013年、信介監督に「10年後のデスノート」で相談してみたところ、きっと悩んでいたと思いますが、わりと早いタイミングで「それで行きましょう」とお返事をいただきました。



『GANTZ』の映像化権を他社がリリース


――まさか5年前にきっかけがあり、3年前に始まったとは……。われわれ観客は、映画作りのほんの一部分しか知らないことがよく分かるエピソードです。




実写映画『GANTZ』も、『デスノート』二部の製作中に集英社さんにオファーしています。その時は違うところに映像化権が渡っていましたが、『L change the WorLd』公開前に他社がリリースしたので、2007年に集英社さんから正式に映画化権をいただき、実写映画『GANTZ』の製作を始めています。映画の企画から公開まではとても時間がかかるので、そうやって作品ごとを比較していくと、確かにいろいろかぶってしまいますね(笑)。実写映画『GANTZ』は、集英社さんへの最初のオファーから5年、信介監督と本格製作を始めてから数えても、公開までに3年以上かかっています。

水崎泰臣[2016/10/27]






第10回は「映画化に向けての再交渉」「6冊ルール採用の真相」。

 集英社との再交渉、日テレドラマ班が先手!? 6冊ルール真相と死神大王の思惑


佐藤P10-1



先に日テレドラマ班が動いていた


――さて、今回の映画化に向けて集英社さんと、どのような交渉を進めていったのでしょうか。かつて、「ドラマ化から映画化」が一旦は流れて「映画2部作」となった経緯があります。




最初の反応は人によって違いました。06年の『デスノート』の頃から関わってきた人は「いいじゃないですか! あれだけヒットしたんだからやった方がいい」みたいな感じで割と好感触だったんです。それで(佐藤)信介監督と基本的な構造をいろいろ考えているうちに、「そういえば日テレのドラマ班も来てますよ」。日テレドラマ班に確認して、初めて連続ドラマ化の検討も日テレ内で進んでいることを知りました。

そういうシンクロニシティ(偶然の一致)があったので、10周年のタイミングで、10年前にできなかったドラマと映画を同時に進められるかも!と思いました。しかし、ドラマ班は「新たな月とLで、原作の最初からやりたい」という意向でした。僕としては「10年後のデスノート」を描くと決めていたので、夜神月は藤原竜也であり、Lは松山ケンイチであるという映画世界の事実は変えられない。なので、パラレルワールドとして、映画と連続ドラマは進めるしかないなと。

ただ、映画公開前に連続ドラマを放送することはマイナスにはならない。直前だとお客さんは混同してしまいますが、公開予定時期から1年前以上前であれば、別モノとして、しかし「デスノート」という物語の面白さは伝えることができる。10年前を知らない新しい若いファンを掘り起こすことができるだろうと。原作サイドの集英社さんも、既に連続アニメという実写映画とは別次元のコンテンツが存在するので、新しい連続ドラマができることに抵抗はなかった。そのような話し合いを経て、それぞれ連携は取りつつも、別々に進めることが決まりました。映画からは、死神CGでドラマに協力をしています。06年の死神CGデータをベースに、デジタル・フロンティアが連続ドラマのスケジュール感に合わせて再構成したものです。デジフロが入ったことで、通常の連続ドラマの予算とスケジュールでは実現できないクオリティになったと思います。



――10年の時を経て、人々の意識を再び「デスノート」に向けるには、新キャストでのドラマ化は効果的だったような気がします。



そうですね。計画的ではなく、変則的な流れでしたが本当に素晴らしいコラボになったと思います。ハリウッドでも「マーベル」や「DCコミック」の作品はいろんなメディアでの展開や、様々なパラレルワールドが存在して、その原作の幅を拡げています。「デスノート」も本当に面白く、独創的な原作なので、いろんなメディアでのパラレルワールドが生まれたことで、コンテンツとしての強度がさらに高まったのではないかと思います。



佐藤P10-2



死神大王が「新たなキラ」を望んだ理由とは?


――映画は「6冊ルール」をベースに、夜神月とLの後継者が競い合うストーリーに。




原作の大場つぐみ先生も「夜神月とLは外せない」とおっしゃっていて、「後継者の争い」を希望されていました。「6冊ルール」は、脚本・真野勝成さんが、13巻から見つけてきたアイデア。ノートの数が多いので物語的に処理するのが難しいとは思いましたが、同時に「封印」という展開を生み出せるのは素晴らしいなと。この続編からさらにドンドン続いてくんじゃないか?と思われたくはなかったので、「封印」という新しいキーワードで、「今までとは違うデスノートの闘い」と「決着」を打ち出すことができたと思います。

「6冊ルール」を採用するにあたり、大場先生から「6冊ものデスノートが地上に落とされる理由」が必要だろうと指摘を受け、大場先生がその理由を考えてくれました。それは、死神は人間の寿命をもらって生きているので、人間を死滅させるわけにはいかない。人間の感情をうまくコントロールしながら人間を粛正していたキラの行為は、死神にはできないことで、その存在を死神大王は認めていた。キラがいなくなった以降も、人間たちは戦争など相変わらず愚かな行為を続け、自ら滅亡への道を進んでいる。死神大王は「新たなキラ」が必要だと気付く。キラを生み出したリュークだけでは信用できないので(笑)、人間界に落とせる最大6冊を死神たちに託し、互いに競わせることにした……。という素晴らしい理由を考えていただきました。



佐藤P10-3
左から池松壮亮、東出昌大、菅田将暉



――そこからなぜ、デスノート対策チーム捜査官・三島(東出昌大)、Lの後継者である竜崎(池松壮亮)、サイバーテロリストの紫苑(菅田将暉)という「三つ巴の闘い」に?



前作では、デスノートを使う側、つまり月の視点で一気に描きました。しかし、今回は6冊。主人公はデスノートの事件にすぐに絡めないといけないが、一般人がデスノートに簡単にたどり着くのは難しい。そして、これまでと同じように「使う側」から描いていくと前作と同じアプローチになってしまいます。使う側以外のアプローチを2時間で描き切る。そうすると最短距離で「デスノート」に関わる刑事が主人公になる。そうやって、東出昌大の「刑事視点」は決まりました。そして、当然Lの後継者も、警察に協力するかどうかは別にして「デスノート」を追いかける側にいる。『デスノート』の醍醐味はどんでん返しであり、2人に対しての強大な敵が必要なので、さらにそこにもう1枚加えた。三つ巴にすることで、前作以上のひねりを加えて、より展開を読みにくいものにできたと思います。

水崎泰臣[2016/10/28]









佐藤P0-1

■プロフィール
佐藤貴博(さとう・たかひろ)
1970年4月26日生まれ。山梨県出身。1994年、日本テレビに入社。営業職を経て、2003年に念願の映画事業部に異動する。映画プロデューサーとして、『デスノート』シリーズ、『GANTZ』シリーズ、『桐島、部活やめるってよ』などヒット作話題作を数多く手がける。今年公開作品は、『デスノート Light up the NEW world』(10月29日公開)、『海賊とよばれた男』(12月10日公開)。













    





関連記事
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「映画『デスノート』の最終ページ」11~12話

「映画『デスノート』の最終ページ」7~8話

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)