佐藤P0

独占スクープ「映画『デスノート』の最終ページ」 5時間4万字の記録


『デスノート』『デスノート the Last name』(06年)、スピンオフ作『L change the WorLd』(08年)で大成功を収めた映画『デスノート』シリーズ。誕生から10年の時を経て、映画『デスノート Light up the NEW world』(10月29日公開)が、まさかの続編として復活を遂げる。果たして、その"最終ページ"には一体何が書き込まれたのか。

マイナビニュースでは「独占スクープ 映画『デスノート』の最終ページ」と銘打ち、すべての作品を企画・プロデュースしてきた日本テレビ・佐藤貴博プロデューサーの「今だから語れる」証言を中心に、全20回にわたってその歴史を掘り下げていく。インタビューは合計約5時間、4万字近くにも及んだ。 第13回は、『デスノート Light up the NEW world』の"後継者争い"でぶつかり合う3人の「起用秘話」。 



マイナビニュースさんの佐藤Pインタビュー記事7回目です




 デスノ続編、なぜ東出・池松・菅田を起用? 役者としての進化と魅力


佐藤P13-1
左から池松壮亮、東出昌大、菅田将暉


俳優としての進化とスター誕生

――『デスノート』続編の製作が決まりキャスティング検討中に、東出昌大さんを舞台終演後にたずねて、楽屋で「大きな作品があるから」と予告したそうですね。デスノート対策チーム捜査官・三島役は彼しかいないと。




主役のキャラクターとそれを演じる俳優をどうするのか、(佐藤)信介監督と話し合っていましたが、なかなかこれだ!という決定的な方向性を出せずにいました。そんな中で東出くんの初舞台を観に行って、彼が薄明りのステージで静寂の中スッと立っている姿を見たときに「東出で行ける!」と思ってしまったんです。本当に申し訳ないんですが、当時は『デスノート』のことが頭から離れず、『デスノート』のことを考えながら舞台を観てしまっていて。思いついてしまった勢いで、信介監督らに相談することなく、本人に「大作オファーするからよろしくな!」と言ってしまったんです(笑)。


――佐藤さんがプロデュースした映画『桐島、部活やめるってよ』(12年・以下桐島)が、東出さんの俳優デビュー作ですね。


はい、映画『桐島』以前の東出くんはモデルとしては活躍してましたが、演技の経験は全くなし。そんな彼をオーディションで抜てきしました。『桐島』はだから本当にデビュー戦で、東出くんも、ただただ必死に周りについていくという感じでした。でも、その無心さだったり、技術では出せない天性の存在感だったりが評価されて、その年の新人賞を総ナメしてしまいました。まさにスター誕生を目の当たりにしたという感じです。その時の彼には「作品を背負う」なんて感覚はもちろん無かったでしょうね。

その後、私は『寄生獣』(14年・15年)をオファーしますが、この時も主役ではなく、でもある意味「オイシイ役」。エキセントリックな役柄でしたが、見事に不気味に演じてくれました。デビュー戦とは全く違う幅を見せてくれて、役者として日々進化していることを感じさせてくれました。そして、前述の舞台もそうですし、映画やドラマでも主役をドンドン務めるようになってきた。そろそろ私も東出くんとガッツリ組みたいと思ってはいました。ただ、私が東出くんに投げるのであれば、普通の球じゃ面白くないとも思っていました。だから彼とは縁があるんだと思います。


佐藤P13-2
ノート対策本部捜査官・三島創(東出昌大)


私自身の最も思い入れのある作品の主役に、彼が演じることがベストと思える状況で再びめぐり合うことができた。東出くんにとっては、ただでさえ「デスノートを背負う」というのは大変なことだと思うのに、私という役者誕生以前を知っている厄介な存在からのオファーという断りづらいものだったので、相当ツラかったんじゃないですかね(笑)。でも、私の思いをしっかりと受け止めて、デビュー戦では考えられなかったほどに、真摯に作品を背負ってくれた。

演技力に定評がある池松壮亮と菅田将暉を脇に置いて真ん中に立つというのも覚悟が必要だったと思いますが、それを含めて彼は背負った。そして、その2人に自分を認めさせ、リスペクトされる座長として作品を引っ張ってくれた。本当に凄いことだし、感謝しています。


橋本愛も絶賛する魅力

――池松壮亮さんは、松山ケンイチさんが演じたLの後継者・竜崎役。こちらも相当なプレッシャーだったのでは。



映画『桐島』の翌年、吉田大八監督が脚本演出した舞台『ぬるい毒』(13年)に、吉田監督の熱いオファーを受けた池松くんが出演していて、観劇後、少し会話もしました。とんでもなく恐ろしい役でした。普通の青年なんですが、とてつもない悪意を持った男を彼が、淡々と、しかし全く底の見えない恐ろしさを隠し持ちながら演じていた。その舞台の主演は私や信介監督の『GANTZ』(11年)で一緒だった夏菜ちゃん。少年のように人懐っこい女性なんですが、彼女が壊れてしまうくらいに完璧に陥れていました。観ているこちらも弄ばれているような感覚になってしまって、完全に池松くんに精神を蹂躙されてしまった(笑)。そして、舞台上の池松くんはとてつもなくセクシー。なんて恐ろしい役者だと思いました。


佐藤P13-3
Lの遺伝子を継ぐ世界的名探偵・竜崎(池松壮亮)


映画『桐島』から仲良くさせてもらっている橋本愛ちゃんに『ぬるい毒』の池松くんにやられてしまった話をしたら、「佐藤さん、今さら何を言ってるんですか!」と怒られてしまって(笑)。2人は『大人ドロップ』(14年)で共演していますが、「あの人のようなセクシーな役者は、なかなかいない」と絶賛していました。Lは強烈すぎるキャラクターなので、後継者が同じアプローチをしても真似にしかならないかもしれない。全く違うアプローチで攻めると考えたときに、外見の奇妙さではなく、内面から出てくる恐ろしさで勝負したら面白くなるのではないか?そして、Lを超えようとする男を、松山ケンイチの後輩が演じたら、その背景により深みが加わるかもしれないとも考えると、それはもう池松壮亮しかいない。そうやって、池松くんに決定しました。


2年先まで埋まっていたスケジュール

――菅田さんはキラの信奉者でサイバーテロリストの紫苑。こちらも難役ですね。



三島と竜崎というある種の天才二人が疑念を持ちながらも、対決していく敵はもちろん強大でなくてはならない。なので、紫苑役には、三島と竜崎が協力してもかなわないかもしれないと観客が思うくらいのオーラを持った存在が欲しいと、信介監督は希望していました。また、紫苑には若さや青さによるイノセンスな部分も表現してもらいたかったので、若手のカリスマを探していました。菅田くんはもちろん最初から候補には上がっていましたが、彼はその時点で「2年先まで(スケジュールが)埋まっている」と言われるほどだったので、諦めていました。しかし、ある日、菅田くんの事務所から電話があって映画を探していると。何か急遽スケジュールが空いたのかもしれませんが、その場で紫苑の話をして速攻オファーを出しました(笑)。


佐藤P13-4
キラ信奉者でサイバーテロリスト・紫苑優輝(菅田将暉)


実は一番難しい役なのかもしれません。キラの信奉者であり、若者特有の危うさと天才性、そして狂気。イノセントな存在でいてほしいなと思っていたので、衣装は白。結果、見事に人間離れした雰囲気を体現してくれました。彼もいろいろアイデアを出していて、衣装合わせで白のイメージを提案したのは菅田くんですね。

紫苑はキラ信奉者ですが、菅田くんとしてはワイミーズハウスのニアやメロのイメージも織り込んでいた。それを受けて、何か天才を現すアイテムというか小道具を持たせようと。そこで思いついたのが、幾何学折り紙。筑波大学の三谷純さんの立体折り紙アートはまさにイメージ通りでした。デスノートに登場するキャラクターは皆、何か特徴的なアイテムをもっていたりするので、折り紙は紫苑らしさをうまく伝えることができたアイテムになったと思います。

水崎泰臣[2016/10/31]






第14回は「菅田将暉と池松壮亮、なぜ"ヤバイ"存在なのか?」。

 菅田将暉が映画界で愛される理由とは? 松山ケンイチと池松壮亮の共通点


"映画界で愛される男"のコミュニケーション力

――菅田さんの印象は?



とても人懐っこいです。無防備で天真爛漫。初対面からフルオープンです。垣根を作らずに誰とでも仲良くなれるし、年上の人にもかわいがられやすいタイプだと思います。そういう現場での立ち振舞がすばらしいんです。

撮影現場では彼の味方、ファンがどんどん増えていきます。さすが「映画界で愛される人」だなぁと。自分にとって良い環境を作り上げることで、より俳優としてベストなパフォーマンスを出せる状態に持っていく。そういう計算はしていないでしょうが、自然と自分が緊張しないで臨める空気を作り上げています。これは本当にすごいことです。


佐藤P14-1
キラ信奉者でサイバーテロリスト・紫苑優輝(菅田将暉)


――演技の面では?


(佐藤)信介監督が言っていましたが、こちらの要望に対していろいろな引き出しで答えてくれると。感覚的な指示しかできなくても、ちゃんとそれに対して答えてくれる。演出家にとっては非常にありがたい存在だと思います。オーダーにきちんと答えながら、自らもアイデアを出す。監督のやりたいことを全うし、コミュニケーションを取りながら自分なりのオリジナリティもさりげなく加えています。


松山ケンイチと池松壮亮の共通点

――先程は池松さんを「ヤバイ」とおっしゃっていましたが、どちらにもその表現が当てはまりそうですね。池松さんのどのあたりが「ヤバイ」のでしょうか。



池松くんの手のひらの上で、みんな転がされていました(笑)。そんなにしゃべるタイプでもないんですが、その場を掌握しているというか。彼は直接的なことは言わない。でも彼の思い通りに事が運んでいく。本当にヤバイやつです(笑)。

ある時、みんなで主題歌の話題になって。安室奈美恵さんの予定ではありましたが、まだ決定ではなかったので伏せていたんです。すると「決まってるんですよね?」と探ってきて、自然とみんなでアーティストの予想合戦。結局正解が出てしまい、その場で急きょ発表することに。彼の思い通りに秘密を告白してしまいました(笑)。


佐藤P13-3
Lの遺伝子を継ぐ世界的名探偵・竜崎(池松壮亮)


――魅力的な方です(笑)。現場ではアドリブも多かったそうですね。


アドリブというか、その現場の空気感だったり、相手とのその時の感覚を大事にするという感じでしょうか。竜崎だったらこの場面で何をするか? 竜崎として現場に入って、その現場で常に竜崎として考えて行動していました。そういった意味では松ケン(松山ケンイチ)と似ているところでもあると思います。松ケンのLも、セットの脇にたくさんのお菓子を用意して、その場の流れで選んでいました。現場に行き、カメラの前に立って相手を見て考える。台本を自分の頭の中だけで考えて練り上げたものを披露するというのではなく、その場その場での「人間としての反応」を2人は意識していました。

池松くんは現場に行かないと分からないと言いますし、その場にあるものは何でも使おうとするとも言っていました。竜崎はその点でいえば、役者としては自由にできる幅、面白みがある。一方で、東出(昌大)くんが演じた刑事・三島はそうもいかず。東出くんも現場で刺激されたと思いますが、そこはグッとこらえていました。池松くんが東出くんをリスペクトしていたのは、そういう部分もあったんだと思います。何をやっても受け入れてくれる懐の深さのようなものがあって、さらにきちんと返してくれる。東出くんの魅力の1つです。

水崎泰臣[2016/11/01]







佐藤P0-1

■プロフィール
佐藤貴博(さとう・たかひろ)
1970年4月26日生まれ。山梨県出身。1994年、日本テレビに入社。営業職を経て、2003年に念願の映画事業部に異動する。映画プロデューサーとして、『デスノート』シリーズ、『GANTZ』シリーズ、『桐島、部活やめるってよ』などヒット作話題作を数多く手がける。今年公開作品は、『デスノート Light up the NEW world』(10月29日公開)、『海賊とよばれた男』(12月10日公開)。










    






関連記事
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

『聖の青春』主題歌コラボMV

『聖の青春』

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)