20161116日刊ゲンダイ



今日の「おじゃMAP!!」

凄かったですね…(笑)

ケンイチ君の負けず嫌い見れて楽しかったですが…

怒涛の“○○放題”すさまじかったです

明日も、「VS嵐」「モニタリング」「櫻井・有吉THE夜会」と3番組にご出演






松山ケンイチ語る 「聖の青春」に向き合って気付いたこと
日刊ゲンダイDIGITAL 2016年11月16日


20161116日刊ゲンダイ-600
“伝説の棋士”を演じた(C)日刊ゲンダイ


デビューして今年で15年、俳優の松山ケンイチ(31)がまた覚醒した。今週19日に公開となる映画「聖の青春」(森義隆監督、KADOKAWA配給)で主役を演じ、「2016年はこの役を演じるための一年だった」と力を込める。

 モデル発掘のオーディションでグランプリを受賞し01年に芸能界入り。高2の夏に青森から上京してまもない頃の自分は、今になって思えば「人とコミュニケーションをとれない不器用な人間だった」と振り返る。

「あまりにしゃべれないもんだから、同じ媒体の取材をもう一度受け直すなんてこともありました。なんだそれって心の中では思っても、実際、しゃべれないのだから自業自得ですね。この仕事は、欠陥だらけの僕をまともな人間にしてくれました」

 育ててもらったぶん、恩返しがしたい。日頃から漫画や小説を読み、「作品を見てくれる人びとに感動や気づきを感じてもらえる題材を探している」と言う。「聖の青春」の原作もその一冊で、映画化の情報を聞き、自ら手をあげた。

 演じたのは、羽生善治のライバルと目されながら29歳で夭逝した棋士・村山聖。幼い頃からネフローゼという重い腎臓病を患いながら17歳でプロ入りし、命を削りながら対局に挑む壮絶な人生を歩んだ男。映画化にあたっては、体重を大幅にアップし激似の容姿になったことも話題になった。1年半以上、この役柄と向き合って気付いたことがある。

「勝負師というのはあらゆる荷物を背負って盤面の前に座っているわけではなかった。

むしろ、勝ちたいという気持ち以外は捨てている。ひたすら目の前にある世界にのめり込むんです。将棋と演技は、似ているのかもしれません」

■材料がある方が捨て甲斐もある

 これまでの出演作には、実在の人物や漫画の実写版が複数ある。それがハマるから「松ケンワールド」などと評価されてきたが、そもそもビジュアルのイメージができている作品に出演することに迷いや抵抗はないのだろうか。

「僕は臆病だし怖がりなので、最初にたくさん材料や情報があるほうがいい。もちろん、それらに頼り過ぎてしまうと単なるコピーでしかないので、オリジナルのものを作り出すためにはどこかで捨てる作業が必要になりますが、材料がある方が捨て甲斐もあるような気がします」

 20代前半はうまく断捨離できず、「酒をがぶ飲みして吐いたり、喧嘩したり。自分を痛めつけていた」。限界を感じつつあった26歳、結婚して変わった。

「家族と過ごす時間は素の自分を取り戻してくれます。もともと自分の人生は誰のためにあるのかって考えたりしていましたが、今作で村山聖さんの生き方を知り、ひとつの答えが出たような気がしています。芝居も人生も、自分にとって大事なもの。目をそらしたくない。心の中のざわつきがひとつ減りました」

 口下手だった松ケン青年はもういない。

▽まつやま・けんいち 1985年、青森県出身。映画「男たちの大和 YAMATO」(05年)で注目を集め、「デスノート」シリーズで人気俳優に。NHK大河ドラマ「平清盛」(12年)で主演するなど、映画、テレビドラマで活躍。






松山ケンイチ&りゅうちぇるが“○○放題”ツアーに挑戦!「おじゃMAP!!」
2016.11.16 Wed シネマカフェ


20161116おじゃマップ1-600


「SMAP」香取慎吾と「アンタッチャブル」山崎弘也がゲストとともにロケで様々な街を訪れる「おじゃMAP!!」の11月16日(水)放送回に、俳優の松山ケンイチとタレントでモデルのりゅうちぇるがゲストとして登場。様々な“○○放題”の旅に挑む。

今回は「激安!コスパ最強!!詰め放題&盛り放題におじゃMAP!!」と題し、都内~東京近郊のいろいろな“○○放題”のお店にロケに繰り出す。1000円で“松茸詰め放題”のお店や、100円で制限時間内に着せられた洋服を獲得できるという“着せ放題”のお店。唐揚げ“詰め放題”、高騰中の野菜が“詰め放題”など、驚きの“○○放題”が人気のお店が続々登場。

香取さん、山崎さんはもちろん、番組初登場となる2人も主婦にもみくちゃにされながら「○○放題」に挑戦、松山さんの負けず嫌いな一面も明らかになっていくほか、移動中には「聞き放題」ということで、香取さんが2人に普段聞けない質問をぶつけていく。

今回ゲストで登場した松山さんの主演最新作となる映画『聖の青春』は11月19日(土)から丸の内・新宿ピカデリーほかで全国公開。

29歳でこの世を去ったプロ棋士・村山聖の、病と闘いながら将棋に全人生を懸け、全力で駆け抜けた生涯を描いた感動のノンフィクション作品で、主人公の村山聖を松山さんが、聖の最大のライバルである羽生善治を東出昌大がそれぞれ演じるほか、聖の弟弟子・江川貢に染谷将太、聖の師匠・森信雄にリリー・フランキー、母・村山トミコに竹下景子、安田顕、柄本時生、鶴見辰吾、北見敏之、筒井道隆らが出演する。

幼少期から腎臓の難病・ネフローゼを患いながら将棋に人生を賭けていた村山聖。そんな中、同世代の棋士・羽生善治が前人未到のタイトル七冠を達成、聖は強烈に羽生を意識し、ライバルでありながら憧れの想いも抱く。そして聖は、将棋の最高峰であるタイトル「名人」になるため、いっそう将棋に没頭し、並居る上位の先輩棋士たちを下して、快進撃を続ける。やがて、聖の身体にがんが見つかる。聖は将棋を指し続けることを決意するが――。

松山さんの私生活トークや、りゅうちぇるさんの意外なプライベートなども語られる「おじゃMAP!!」は11月16日(水)今夜19時~フジテレビ系で放送。


20161116おじゃマップ2-600
20161116おじゃマップ3-600




関連記事
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「映画『デスノート』の最終ページ」19~20話

「映画『デスノート』の最終ページ」17~18話

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)