20170126日刊スポーツ600


20170126東スポ


ブルーリボン賞主演男優賞

おめでとうおめでとうおめでとう






松ケン「役者で名人位」主演男優賞!「聖の青春」で天才棋士熱演
2017/01/26 スポニチアネックス


20170126スポニチアネックス
「聖の青春」で伝説の棋士・村山聖を演じ主演男優賞を受賞した松山ケンイチ


 東京映画記者会(スポーツニッポン新聞社など在京スポーツ7紙の映画記者で構成)が選ぶ第59回ブルーリボン賞(16年度)の各賞が25日、決定した。主演男優賞は「聖の青春」の松山ケンイチ(31)、主演女優賞は「後妻業の女」の大竹しのぶ(59)が受賞。庵野秀明総監督(56)、樋口真嗣監督(51)の「シン・ゴジラ」が作品賞に選ばれた。


 松山はブルーリボン賞初受賞。「凄く光栄に思っています」と喜ぶと同時に「インタビューの面白さも選考対象と聞いたので、去年の(主演男優賞受賞者の)大泉洋さんに負けないように授賞式を頑張りたい」とちゃめっ気たっぷりに話した。


 「聖の青春」で演じたのは、98年にぼうこうがんのため29歳で亡くなった天才棋士の村山聖(さとし)さん。将棋の最高峰・名人位を目指して奮闘した役に自身を重ね「役者で名人位に近いのは映画の賞レース。そこにいかなきゃいけないという気持ちは演じる時に持っていた」と振り返る。


 賞にこだわる背景には、人知れず苦悩した時期があった。11年に女優の小雪(40)と結婚し3児の父となり「子供ができて、映画よりもっと凄いエンターテインメントが現れたので、気持ちや時間の使い方が変化して、どう仕事に向き合うかずっと悩んでいた。自分は役者として死んだんじゃないかという思いもありました」と吐露。そんな時に原作のノンフィクション小説にほれ込み、「役者として思い切り叫びたい」と思ったのが「聖の青春」だった。東京将棋会館に通い、村山さんになりきるため最大で26キロ増量するなど精神・肉体両面で役作り。この作品でトンネルを脱し「やっとフラットな状態で仕事に向き合えている」と晴れやかな表情を見せた。


 役者としての名人を目指すには「まず人間としてどうあるべきか、どう命を使うか。一歩一歩考えながらやること」と力を込める。小雪とは仕事の話はせず、受賞も知らせていない。「僕のことを俳優ではなく長男だと思ってると思います。記事を見て知ると思いますが、スルーされたら“もっとちゃんと見てよ”って言います」。公私の充実が笑顔に表れていた。






【ブルーリボン賞】主演男優賞・松山ケンイチ、変幻!26キロ増
2017年1月26日6時0分 スポーツ報知


20170126スポーツ報知
駒を指すポーズを披露した松山ケンイチ



 東京映画記者会(報知新聞社など在京7紙)が主催する「第59回ブルーリボン賞」が25日、決まった。主演男優賞は「聖の青春」に出演した松山ケンイチ(31)が選ばれた。授賞式は2月8日、東京・内幸町のイイノホールで行われる。

 病と闘いながら名人を目指し、1998年に29歳で亡くなった棋士・村山聖九段の生涯を描いた「聖の青春」。松山は役に近づくため、26キロも増量した。“カメレオン俳優”の本領を発揮しての初受賞に「映画でやっていきたいという気持ちは10代からあるので、すごく幸せなこと」と喜んだ。

 11年に女優の小雪(40)と結婚。3人の子宝に恵まれた。私生活の変化は、幸せと同時に悩みも生んだ。「子供という映画よりすごいエンターテインメントが目の前に現れてしまって。どう俳優の仕事に向き合っていけばいいのかと…」。家庭を大事にするあまり「自分は役者として死んだんじゃないか」という思いが頭をよぎることもあった。

 それが、今作との出会いで吹っ切れたという。「この作品なら役者として、思いっきり叫ぶことができると思った。村山聖が大好きだったから、役作りも苦しいとは思わなかった。役者としての方向性も見えてきた」。作品との出会いに感謝した。

 小雪と仕事の話はしない。「結婚してからは女優って思ったこともない。あっちも俳優と思ってない。長男だと思ってる」。受賞もあえて伝えていない。「誰かから聞く方がいいのかなって。スルーされたらちゃんと言いますけど」。愛妻の反応を楽しみにしている。






松山ケンイチ・杉咲花らに栄冠「第59回ブルーリボン賞」発表
2017-01-26 モデルプレス


【ブルーリボン賞/モデルプレス=1月26日】在京スポーツ新聞7社の映画担当記者で構成される東京映画記者会が制定する映画賞「第59回ブルーリボン賞」が決定した。


20170126モデルプレス
「第59回ブルーリボン賞」を受賞した(左から)松山ケンイチ、大竹しのぶ、リリー・フランキー、杉咲花 (C)モデルプレス



作品賞を「シン・ゴジラ」(庵野秀明総監督、樋口真嗣監督)、監督賞を片渕須直監督(「この世界の片隅に」)が受賞したほか、主演男優賞に松山ケンイチ(「聖の青春」他)、主演女優賞に大竹しのぶ(「後妻業の女」)、助演男優賞にリリー・フランキー(「SCOOP!」「聖の青春」他)、助演女優賞に杉咲花(「湯を沸かすほどの熱い愛」)、新人賞に岡村いずみ(「ジムノペディに乱れる」)がそれぞれ輝いた。

ほか、特別賞を「君の名は。」(新海誠監督)、外国作品賞を「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」(ギャレス・エドワーズ監督)が受賞。日本作品ベスト10には「怒り」「シン・ゴジラ」「君の名は。」などの話題作が選出された。(modelpress編集部)


「第59回ブルーリボン賞」受賞作品・受賞者


作品賞:「シン・ゴジラ」(庵野秀明総監督、樋口真嗣監督)
監督賞:片渕須直監督(「この世界の片隅に」)
主演男優賞:松山ケンイチ(「聖の青春」他)
主演女優賞:大竹しのぶ(「後妻業の女」)
助演男優賞:リリー・フランキー(「SCOOP!」「聖の青春」他)
助演女優賞:杉咲花(「湯を沸かすほどの熱い愛」)
新人賞:岡村いずみ(「ジムノペディに乱れる」)
特別賞:「君の名は。」(新海誠監督)
外国作品賞:「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」(ギャレス・エドワーズ監督)

日本作品ベスト10
「怒り」
「君の名は。」
「後妻業の女」
「聖の青春」
「シン・ゴジラ」
「SCOOP!」
「永い言い訳」
「湯を沸かすほどの熱い愛」
「リップヴァンウィンクルの花嫁」
「64―ロクヨン―」

外国作品ベスト10
「オデッセイ」
「キャロル」
「スーサイド・スクワッド」
「ズートピア」
「スポットライト 世紀のスクープ」
「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」
「ハドソン川の奇跡」
「ブリッジ・オブ・スパイ」
「リリーのすべて」
「レヴェナント 蘇えりし者」
「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」

※50音順






松山ケンイチ、主演男優賞!妻・小雪には「言ってない」/ブルーリボン賞
2017.1.26 サンスポ


20170126サンスポ1
「授賞式では、(昨年主演男優賞を受賞した)司会の大泉洋さんより、面白さで負けないように頑張ります」と意気込む松山ケンイチ=東京・赤坂 (撮影・吉澤良太)


 サンケイスポーツなど在京スポーツ7紙の映画記者が選ぶ「第59回ブルーリボン賞」が25日、決定。松山ケンイチ(31)が「聖の青春」で主演男優賞を初受賞した。

 主演男優賞を初受賞した松山は「素直にうれしい。すごく光栄」。2011年の日刊スポーツ映画大賞主演男優賞以来の映画賞獲得をかみしめた。

 6年ぶりの朗報だけに、11年に結婚した女優、小雪(40)に報告したかと思いきや、「言ってないです。記事を見たり、誰かから聞いたりするのがいいかなと思って」と妻からの祝福に期待。「発表後もスルーされたら、『もう少しちゃんと見てよ』と言いますけどね」と笑った。

 「聖の青春」では難病ネフローゼを幼少期から患い、29歳で死去した実在の天才棋士、村山聖氏役を熱演。将棋に命を懸けた村山氏の生き方にほれ込み、役作りのため3カ月間で26キロ増量した。

 独身時代は、自身も俳優業に全てを懸けてきたが、結婚して3児(5歳の長男、4歳の長女、1歳の次男)の父となり、「映画よりすごいエンターテインメントが目の前に現れた」と家族第一主義に。「そういう気持ちの変化の中で、仕事にどう向き合っていくのかずっと悩んでいたとき、役者として思いきり叫ぶことができるなと思ったのが、この作品だった」と「聖の青春」との出会いに感謝した。


20170126サンスポ2
20170126サンスポ3
20170126サンスポ4
20170126サンスポ5
20170126サンスポ6
20170126サンスポ7
20170126サンスポ8
20170126サンスポ9
20170126サンスポ10
20170126サンスポ11
20170126サンスポ12
20170126サンスポ13
20170126サンスポ14
20170126サンスポ15





関連記事
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

『第59回ブルーリボン賞』授賞式

「怒り」のBlu-ray / DVD4月12日にリリース

comment iconコメント

comment avater

catsママ

ノンキさん、ご無沙汰です(^^)/
ハイ、受賞おめでとう!!!!!ですね。

日刊スポーツ映画賞…私もピンとこない('Д')
で、調べてみました。2011年ですね!
主演男優賞-松山ケンイチ
「ノルウェイの森」「マイ・バック・ページ」「うさぎドロップ」「GANTZ」シリーズ
だそうです。1つの作品ではないので記憶に残ってなかったのか…??

2017年01月30日 15:22

comment avater

ノンキ

ホント 授賞おめでとう♪(*^▽^)/★*☆♪
日刊スポーツ映画賞以来って? 作品は何でした?
記憶がぁ!
記事の写真も イイ(//∇//)


2017年01月28日 07:03

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)