もう恒例ですね

今年も行って来ました渋谷Bunkamura

そうですオーチャードホールでのGOROさんライブ

相変わらずの声量と元気さと…相変わらずの音楽バカと言うかオ・タ・ク

素晴らしいなと思います。

今回の選曲、私的にはとても良かった

今年はサプライズゲストもあり、レポ記事出てますのでご紹介

…とその前に、明日2/9(木)のライブのお知らせ


<東京☆GOROちゅりLIVE>
2017年2月9日(木)
開場 18:30/開演 19:00
出演:野口五郎 / 高柳明音(SKE48) and more
会場:渋谷 duo MUSIC EXCHANGE
お問合せ:渋谷 duo MUSIC EXCHANGE 03-5459-8716(12:00~19:00)


行かれない方!これは配信もありますよ~

【LIVE配信】
2017年2月9日(木)19:00~より下記URLより配信
https://freshlive.tv/amesta-gorotyuri/79503



それからそれから

GOROさんのオフィシャルブログ始めてます。その名も「GOROの楽が来帳」
→ http://ameblo.jp/goro-noguchi/

で、なんとFacebookまで出来てました
→ https://www.facebook.com/NoguchiGoro/

で、コチラはGOROさんFacebookに載ってた、リハーサル風景 ↓

16427528_240380086409420_5368141114621031370_n-600.jpg
16473145_240380089742753_1161718272183372866_n-600.jpg


2/22発売のアルバムのお話も書きたいけど…これはまた改めて




野口五郎45周年コンサート、早見優、板野友美とアルバム楽曲をデュエット
2017年02月08日 Musicman-NET


20170205Musicman-NET1.jpg

2月5日、東京・渋谷Bunkamuraオーチャードホールで野口五郎の45周年コンサートが行われた。

20170205Musicman-NET2.jpg

オープニングはオーケストラの生演奏とともに野口が奏でるエレキギターが響きわたるオリジナルアレンジの「愛の賛歌」で壮大な幕開け。開始早々のMCでは「今年は素直に自分をさらけだして、気楽に生きていく」と2017年の誓いを発表し、客席を沸かせた。

その後、野口曰く「大ヒットという金メダルはとれなかったけど、自分の中では銀メダル級の素晴らしい歌」と言う「青い日曜日」「告白」「きらめき」が続く。

暗転とともにステージ上のスクリーンに映されたのは「ちびっこのどじまん」で荒木一郎の「今夜は踊ろう」を歌う11歳当時の野口だ。貴重な映像に客席から歓声があがると、そのまま61歳の野口が同曲を熱唱。歌い終わると「昔のほうがウマいな」と苦笑いし爆笑をさそう。しかし、当時から楽曲のキーをすべて変えずに歌っているという事実に会場から驚きの声が。そして、のど自慢で出会った天童よしみとのエピソードも披露された。

20170205Musicman-NET3.jpg
20170205Musicman-NET4.jpg
20170205Musicman-NET5.jpg


「君が美しすぎて」「青春の一冊」「愛ふたたび」と新旧の人気曲を歌いあげ、情熱的なギターの音色が印象的な「愛がメラメラ」では会場中からハンドクラップが響きホール内が熱量を帯びていく。一旦、暗転するとステージには野口ひとり。“カラオケボックスにひとりで来た”という設定でトークがはじまると、なんと相席のお願いが。「カラオケボックスに相席なんてあるの?」とコミカルな芝居を見せながら、やってきた相席の相手は早見優。

2月22日に発売される全曲デュエットソングのアルバム「風輪 Fu-Rin」にも参加している早見と「愛が生まれた日」を“大人のデュエット”の雰囲気で歌う。すると、もうひとり相席したいという女性がいるとのことで元AKB・板野友美が登場。アイドル時代には見せたことのない妖艶な歌声で「東京ナイト・クラブ」をデュエットした。

20170205Musicman-NET6.jpg
20170205Musicman-NET7.jpg
20170205Musicman-NET8.jpg


歌い終わると、野口からは「色気があるよね」と絶賛。「今回のアルバムで『東京ナイト・クラブ』のアレンジを聴いて、どうしても板野さんにお願いしたかった。だから、僕が直接、板野さんのマネージャーに連絡してオファーしたんです」と裏話を披露。そして野口、早見、板野の豪華メンバーで「愛の奇跡」を歌い「僕がいかに『風輪Fu-Rin』に力を入れているか分かるでしょ(笑)」とアルバムの意気込みを語った。

野口が“運命の出会い”と呼ぶ筒美京平氏の楽曲「さらば恋人」「魅せられて」「私鉄沿線」を歌うと会場は大盛り上がり。そして「愛を歌います」という野口の言葉通り「ある愛の詩」「愛は限りなく」「アドロ」とバラードナンバーをしっとりと聴かせた。

ラストMCでは「アイドル時代の若いころは“早くコンサートを終えたい”と思っていた時期もあったけど、年齢を重ねるごとにコンサートでみなさんと会う時間が愛しくなる。歌わなくても、このまま話していたいほど」とファンへ感謝の思いを述べ「されど青春」から「歌がある限り」で一旦、幕を下ろす。

拍手喝采のなか、再びステージにあがりアンコールへ。「All By Myself」、そして、おもむろにジャケットを脱ぐとマイクを置き「A Song For You」を熱唱。その美しく、力強い歌声に涙ぐむ観客の姿も。

全23曲を休むことなく歌い続け、軽快なトークで客席を盛り上げたエンターテイナーに客席からは惜しみない拍手が送られた。天賦の美声と努力の人、野口五郎の魅力を存分に堪能できた一夜だった。

リリース情報
アルバム「風輪 Fu-Rin」
2017年2月22日(水)発売
(CD)IOCD-20373 3,000円+税
(CD+DVD)IOCD-20374 3,500円+税






ともちん&野口五郎、35歳差デュエット!「東京ナイト-」初披露
サンケイスポーツ 2/6(月)


20170205-1.png
野口五郎とデュエットする板野友美。アダルトな歌声と衣装で、しっとりと聴かせた=東京・渋谷(撮影・佐藤雄彦)(写真:サンケイスポーツ)


 元AKB48の歌手、板野友美(25)が5日、東京・渋谷のオーチャードホールで行われた歌手、野口五郎(60)のコンサートにサプライズ出演。22日に発売される野口の新アルバム「風輪」でデュエットすることを発表した。同盤の収録曲で、1959年にフランク永井さんと松尾和子さんがヒットさせたムード歌謡の名曲「東京ナイト・クラブ」を同公演で初披露。アイドル時代のイメージを覆すアダルトな歌声で観客を魅了した。

 大人の色香漂う黒いドレスを身にまとったともちんが、野口との35歳差のデュエットで艶っぽい歌声を響かせた。

 板野は、野口の「デビュー45年祭コンサート」にゲスト出演。ライブ中盤、トップアイドルが突然出現したため、野口ファンは「…」。一瞬の沈黙の後、場内は2200人の拍手に包まれた。板野は「温かく迎えてくださった」と笑顔。AKB時代のイメージとは一転、しっとりと「東京ナイト・クラブ」を歌い上げた。

 35歳差コラボのきっかけは、野口がデュエット名曲を沢田知可子(53)、小林幸子(63)ら豪華女性歌手とデュエットするアルバム「風輪」を企画したこと。永井さんと松尾さんによるムード歌謡の名曲「東京-」の相手には、「かわいい子に妖艶に歌わせたい」と板野を指名。面識はなかったが、野口が直接マネジャーに電話でオファーして実現した。

 デュエットに初挑戦となった板野は、歌謡曲になじみがなかったため、原曲を聞き込みレコーディング。同曲は相手の男性にかまってほしい女性の心を表現しているが、野口からの「あえてクールに歌った方が歌詞が刺さってくる」というアドバイスを意識して歌唱。この日のステージでも共演した野口は、板野の歌声と美貌を「色気がある」と絶賛した。

 一方の板野は、野口について「60歳と聞いて、若々しくてびっくり。私もこんな年のとり方をしたい」と羨望のまなざし。「同曲のような追う恋は?」と問われると、「私は愛される方がいいな」と25歳の乙女心をのぞかせた。

20170205-4.jpg
20170205-5.jpg






早見優、野口五郎と10歳差コンビも自虐「若くなくてすみません」
サンケイスポーツ 2/6(月)


20170205-2.png
早見優もサプライズ出演し、野口と「愛が生まれた日」をデュエットした=東京・渋谷(撮影・佐藤雄彦)


元AKB48の歌手、板野友美(25)が5日、東京・渋谷のオーチャードホールで行われた歌手、野口五郎(60)のコンサートにサプライズ出演。22日に発売される野口の新アルバム「風輪」でデュエットすることを発表した。この日のステージには、歌手でタレント、早見優(50)もサプライズ出演。野口と35歳差の板野に対し、10歳差コンビになるため「若くなくてすみません」と自虐で笑わせながら登場。「愛が生まれた日」を貫禄の歌声でデュエットした。同曲も野口のデビュー45周年記念盤「風輪」に収録。ほかにも、小林幸子が原曲でも歌った「もしかしてPARTII」を野口と歌うなど、計11曲が収録されている。


20170205-6.jpg

20170205-3.jpg






関連記事
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

第59回ブルーリボン賞その2

『第59回ブルーリボン賞』授賞式

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)