20170422udine FAR EAST FILM festival1-600


最近ケンイチ君情報ないなぁ…と思っていたら

突然、第19回ウーディネ・ファーイースト映画祭(4月21日-29日)の動画が飛び込んで来ましたね~

イタリアに行っているのですね

20170422udine FAR EAST FILM festival2-600
20170422udine FAR EAST FILM festival3-600

短いですが…英語とイタリア語で挨拶してるのが可愛すぎ


udine FAR EAST FILM festivalライブ動画はコチラから ↓


On stage: MORI YOSHITAKA and MATSUYAMA KENICHI from the movie SATOSHI: A MOVE FOR TOMORROW!

https://www.facebook.com/UdineFarEastFilm/videos/10154273384106786/



 ウーディネ・ファーイースト映画祭は、1999年からイタリアのウーディネで開催されている、東アジアの映画と東南アジアの映画に特化した映画祭です。
 3つくらいのスクリーンを使って、約10日間で、80本程度の作品を上映するというコンパクトな映画祭です。
 新作のみならず、特集上映もあって、2002年には若手ピンク映画を紹介する特集「P-1グランプリ」が組まれ、2010年には新東宝の特集が組まれて15の新東宝作品が上映されています。


 一応、「コンペティション」はありますが、審査員による審査はなく、3タイプの観客賞があるだけです。

 MYmovies 観客賞は、2014年までは6年連続で日本映画が独占していたのに対し(『百万円と苦虫女』、『BANDAGE バンデイジ』、『告白』、『テルマエ・ロマエ』、『俺俺』『テルマエ・ロマエⅡ』)、2015年は日本からの受賞は1本もありませんでした。2016年は『モヒカン故郷に帰る』が観客賞第3位とブラック・ドラゴン観客賞、『バクマン。』がMY Movies 観客賞を受賞しています。
 MYmovies 観客賞は、日本サイドから投票を呼びかける動きがあったりして、実際に映画祭で映画を観た観客とは直接関係のない組織票的な色彩もある賞ですが、受賞できなければできないで、ちょっと寂しかったりもしますね。今年はどうなるでしょうか?



関連記事
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ウディネ・ファーイースト映画祭オフィシャルレポート到着!

『ユリゴコロ』新キャスト発表!

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)