FC2ブログ

怪盗グルー


予告観たのですが、なかなか楽しそうで合ってますね

ゲキ×シネ「蒼の乱」の舞台挨拶の時に、天海祐希さんがこのミニオンズのぬいぐるみを持って登壇されて気になっていたのですが…

未だこの映画は観ていません

これを機会に前2作をレンタルして来ます














松山ケンイチ「怪盗グルー」最新作でノリノリの悪役に!ダンスバトル映像も公開
2017年5月22日 映画ドットコム

640_20170522111348c1c.jpg


[映画.com ニュース] 「怪盗グルー」シリーズの最新作「怪盗グルーのミニオン大脱走」の日本語吹き替え版に、松山ケンイチが悪役として参加することがわかった。松山にとって洋画アニメーション、ハリウッド映画の吹き替えは初挑戦となる。

松山が演じるのは、1980年代にテレビ番組で一世を風びするも、番組打ち切りによって忘れ去られた元天才子役のブラット。80年代風のファッションとヘアスタイルを好み、「キーター(ギター+キーボード)」と「ルービックキューブ」といった武器でグルーの前に立ちはだかる。松山は劇中で子ども時代から現在まで、年代別のブラットのほか、ブラットが変装した姿“ポンプー”も演じ分けている。

あわせて公開された吹き替え映像では、マイケル・ジャクソンをほうふつさせるムーンウォークを披露し、音楽に合わせてノリノリで船に潜入してダイヤを強奪、駆けつけたグルーに「ダンスバトルだ!」と高らかに宣言するさまが切り取られている。軽快なダンスステップでグルーのパンチを次々に避け、キーターで圧倒するなど、ブラットの戦闘力の高さが印象を残す内容だ。

エキセントリックな役を嬉々として演じている松山は、初代ルパン三世役やクリント・イーストウッドの吹き替えなどで知られる故山田康雄さんの名を挙げ、「山田康雄さんが『吹き替えも俳優業の1つ』とおっしゃっている意味を痛感しながらも楽しんでやっています。楽しみにしていただきたいです」と気合いを語っている。

配給の東宝東和は、キャスティング理由として「松山ケンイチさんは、幅広いさまざまな役柄をこなし、毎作品で違った顔を見せてくれる素晴らしい方です。子ども時代から大人まで、さらには変装して全くの別人にもなるバルタザール・ブラットという難しいキャラクターを演じ分けられるのは、松山ケンイチさんしかいないと思い、オファーしました」と松山の演技力に全幅の信頼を寄せている。

「怪盗グルーのミニオン大脱走」日本語吹き替え版には、笑福亭鶴瓶(グルー役)、芦田愛菜(アグネス役)、中島美嘉(ルーシー役)といったおなじみのキャストが再び顔をそろえる。7月21日から全国公開。

(映画.com速報)






松山ケンイチ、『怪盗グルー』新作吹き替え声優 史上最強の敵役
2017-05-22 ORICON


 俳優の松山ケンイチが、長編アニメーション映画『怪盗グルー』シリーズ最新作『怪盗グルーのミニオン大脱走』(7月21日公開)の日本語吹き替え声優を務めることが21日、わかった。笑福亭鶴瓶演じるグルーの前に現れる“史上最強の敵” バルタザール・ブラット役。大人になったブラット以外にも、子役として活躍していた子ども時代、思春期、さらにはブラットが変装する小太りのポンプーなど、幅広いキャラクターを演じ分ける。

 今作では、晴れて結婚したグルーとルーシーの前に、人類を脅かす新たな悪党ブラットが立ちはだかる。反悪党同盟をクビにするほどグルーを窮地に追い込む彼の真の狙いとは。

 日本語吹き替え版声優は、『怪盗グルーの月泥棒』からグルーの声を務めてきた笑福亭鶴瓶、アグネスの声を務めてきた芦田愛菜、『怪盗グルーのミニオン危機一発』でルーシーの声を務めた中島美嘉の続投が発表されていた。

 洋画アニメーション作品、ハリウッド映画の日本語吹き替え初挑戦となる松山演じるブラッドは、80年代のテレビシリーズ「EVIL BRATT」で世界征服を企む子ども悪党を演じた元天才子役。思春期を迎え、番組が打ち切りになってしまったことをきっかけにハリウッドから忘れられてしまうが、復讐を決意。当時を彷彿とさせる80年代ファッション&ヘアスタイルで破壊的な武器「キーター(ギター+キーボード)」と「ルービックキューブ」などを使用している。

 日本語吹き替えの予告映像が解禁され、松山は80年代音楽に合わせ軽快なステップでダイヤモンドを奪おうとするブラットをノリノリで好演している。イギリスのコメディー番組『空飛ぶモンティ・パイソン』を見て吹き替えのすごさを実感したといい、「(グレアム・チャップマンの声を吹き替えた)山田康雄さんが吹き替えも俳優業の一つとおっしゃっている意味を痛感しながらも楽しんでやっています」とコメントを寄せた。






松山ケンイチ、洋画アニメ声優に初挑戦!『怪盗グルー』第3弾で悪党に!
2017年5月22日  CINEMATODAY


 大ヒット作『ペット』『SING/シング』などのイルミネーション・エンターテインメントが手掛ける『怪盗グルー』シリーズの最新作『怪盗グルーのミニオン大脱走』で、俳優の松山ケンイチが、グルーの新たな敵バルタザール・ブラットの日本語吹き替えを務めることに決定した。洋画アニメーション作品、そしてハリウッド映画の吹き替えに初挑戦となる松山は、「楽しい仕事が出来て嬉しく思っています。(「空飛ぶモンティ・パイソン」の)山田康雄さんが吹き替えも俳優業の一つとおっしゃっている意味を痛感しながらも楽しんでやっています。皆さんにも楽しみにして頂きたいです」とコメントを寄せている。


 シリーズ第3弾にあたる本作は、アグネス、イディス、マーゴの姉妹と家族になったグルーが、突如として現れた怪盗バルタザール・ブラットによって思わぬ事態に直面するさまを笑いと感動を交えながら、これまでにないスケールで描き出す。


 松山が声を担当したブラットは、1980年代のテレビシリーズ「EVIL BRATT」で世界征服を企む子供悪党を演じた元天才子役。その番組が打ち切りになってしまったことをきっかけにハリウッドから忘れられてしまい、復讐のために当時を彷彿させる1980年代ファッション&ヘアスタイルに身を包み、「キーター(ギター+キーボード)」「ルービックキューブ」といった破壊的な武器で、史上最強の敵としてグルーの前に立ちはだかる。


 なんと松山は、劇中で大人になったブラットだけでなく子供時代、思春期、さらにはブラットが変装する小太りのポンプーなど、幅広いキャラクターを演じ分けている。併せて公開された日本語吹き替え版の予告映像では、1980年代音楽に合わせ軽快なステップでダイヤモンドを奪おうとするブラットをノリノリで好演しているのがわかる。


 本作の配給会社・東宝東和も、「松山ケンイチさんは、幅広い様々な役柄をこなし、毎作品で違った顔を見せてくれる素晴らしい方です。子供時代から大人まで、さらには変装して全くの別人にもなるバルタザール・ブラットという難しいキャラクターを演じ分けできるのは、松山ケンイチさんしかいないと思い、オファーしました」とキャスティングした理由について語っている。


 そのほかのボイスキャストは、『怪盗グルーの月泥棒』からグルーの声を務めてきた笑福亭鶴瓶、アグネスの声を務めてきた芦田愛菜、そして『怪盗グルーのミニオン危機一発』でルーシーの声を務めた中島美嘉が続投する。日本でも“ミニオン旋風”を巻き起こしている人気シリーズの最新作に実力派の松山が加わり、ますます勢いが増しそうだ。(編集部・石神恵美子)


映画『怪盗グルーのミニオン大脱走』は7月21日より全国公開





関連記事
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

映画「ユリゴコロ」場面写真解禁

「髑髏城の七人」Season風

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)