20170706シネマカフェ2-600


更新サボっていたら( ゚Д゚)

『ユリゴコロ』会見情報も入ってきて…アセアセ

遅くなりましたm(__)m



































松山ケンイチ、子どもと『怪盗グルー』楽しむほっこりエピソード明かす
2017.7.6 cinemacafe


20170706シネマカフェ1-600
松山ケンイチ/『怪盗グルーのミニオン大脱走』日本語版完成報告会見


米アニメ映画『怪盗グルーのミニオン大脱走』の日本語版完成報告会見が7月6日、都内で行われ、主人公のグルーを演じる笑福亭鶴瓶が出席。「楽しいんやけど、うちの社長から『あんまりうまくないですよ』って言われて(笑)」と声優業へのダメ出しに落ち込んだ。

ユニバーサル・スタジオとイルミネーション・スタジオによる人気アニメーション『怪盗グル―』シリーズの第3弾。“新悪党”のバルザタールをとり逃し、反悪党同盟をクビになってしまったグルーは、生き別れていた双子の兄・ドルーと対面。すっかり意気投合し、再び悪の道に心が揺らいでしまう…。

会見には鶴瓶さんをはじめ、本作がハリウッド声優初挑戦となる松山ケンイチ(バルタザール役)、中島美嘉(グルーの奥さんであるルーシー役)、いとうあさこ(反悪党同盟の新リーダー、ヴァレリー役)、宮野真守(バルタザールの相棒ロボット、クライヴ役)、そして、生瀬勝久(ドルー役)が出席した。

もともと『怪盗グルー』ファンだったという松山さんは、「うちの子どもと一緒に楽しんでいたので、参加できてとてもうれしかった」と笑顔で語り、「この映画も一緒に見たんですけど、早速、バルザタールの『僕ちゃん、悪い子ちゃん』というセリフを真似している」とほっこりエピソードも明かした。

また、この日の会見で出演情報が解禁となった生瀬さんは「とにかく楽しかった!」とふり返り、「お子さん人気が欠けているので(笑)、ミニオンにあやかって、このお仕事は続けていきたい」とシリーズ続投にも意欲。鶴瓶さんは「この声が生瀬だと思わんかった」とその自然な声優ぶりに太鼓判を押していた。

『怪盗グルーのミニオン大脱走』は7月21日(金)より全国にて公開。

20170706シネマカフェ2-600
20170706シネマカフェ3-600
20170706シネマカフェ4-600
20170706シネマカフェ5-600






松山ケンイチ、自身が演じたキャラをマネする我が子にデレデレ
2017年7月6日 CINEMATODAY


2017706シネマトゥデイ1
我が子が自分の台詞をまねていたことを明かした松山ケンイチ


 俳優の松山ケンイチが6日、都内で行われた映画『怪盗グルーのミニオン大脱走』日本語吹き替え版完成報告イベントに笑福亭鶴瓶、生瀬勝久らと登壇し、本作を鑑賞した自身の子供が松山演じるキャラクターのモノマネをしていることを顔をほころばせながら報告した。


 本作は、可愛い黄色のキャラクター・ミニオンたちが登場する人気シリーズの最新作。グルーの前に最強のライバルが立ちはだかる中、グルーも知らなかった家族の秘密も明かされるなど、シリーズ史上最大のスケールで笑いと興奮と感動の物語が描かれる。


 グルーのライバル怪盗で元子役のバルタザールの声を務める松山は、「ミニオンシリーズのファンで、子供と一緒に楽しんで観ていたので、この仕事をいただいた時はすごくうれしかったです」としみじみ。「アフレコの時は鶴瓶さんやいろんな方と一緒にやらせていただけるのかなと思ったら1人で残念でしたが、出来上がりは楽しい作品になっていました」と喜んだ。


20170706シネマトゥデイ2
黄色いよ~

 また、劇中シーンの一部が流されると、事務所社長から「(アフレコが)下手」と指摘されてへこむ鶴瓶から「(上手くて)嫌やなぁ」とぼやかれて苦笑いする松山。そのシーンについて「(バルタザールが)子役の時と成長した時の(声の)差がすごい」と生瀬からほめられると、編集で声が多少加工されていると説明しつつも、「できるだけテンションを上げていこうと思いました」とアフレコ時を回顧。さらに、「(子供に)観せたいなというのもありました」と明かすと、一緒に鑑賞している時の子供は、劇中のバルタザールの台詞「ボクちゃん、ワルーイ子ちゃん!」を連呼していたことを伝え、「うれしいですね」と目を細めた。


 この日は、中島美嘉、いとうあさこ、宮野真守も来場し、芦田愛菜もVTR出演する中、グルーの双子の兄弟ドルー役として声の出演が発表され登場した生瀬は「吹き替えをやったことがなかった」といいつつ「続けたいんですよ」と続投に色気を見せるが、それに鶴瓶は「俺もそれが一番怖かってん。お前が次出てきそうな終わり方やねん」となぜか渋い顔を見せて笑いをさらった。(取材:錦怜那)


映画『怪盗グルーのミニオン大脱走』は7月21日より全国公開






笑福亭鶴瓶が松山ケンイチや宮野真守に嫉妬、「グルー」イベントで「みんなうまい」
2017年7月6日 映画ナタリー


20170706ナタリー1-600
「怪盗グルーのミニオン大脱走」日本語吹替版完成報告イベントの様子。左から宮野真守、中島美嘉、松山ケンイチ、笑福亭鶴瓶、生瀬勝久、いとうあさこ。


「怪盗グルーのミニオン大脱走」日本語吹替版の完成報告イベントが本日7月6日、東京・ザ・ペニンシュラ東京にて行われ笑福亭鶴瓶をはじめとするキャスト陣が登壇した。


20170706ナタリー2-300
「怪盗グルーのミニオン大脱走」ポスタービジュアル


イルミネーションエンターテインメントが手がける本作は、「怪盗グルー」シリーズの最新作。グルーたちの前に新たな怪盗バルタザール・ブラットが現れ、大騒動が巻き起こる。


20170706ナタリー3-600
「怪盗グルーのミニオン大脱走」日本語吹替版完成報告イベントの様子。


会場には主人公グルー役の鶴瓶のほか、松山ケンイチ、中島美嘉、いとうあさこ、宮野真守が登壇。加えて、本イベントで出演が発表されたグルーの双子の兄弟ドルー役の生瀬勝久も参加した。


20170706ナタリー4-300
笑福亭鶴瓶


20170706ナタリー5-600
左から宮野真守、松山ケンイチ。


ミニオンのぬいぐるみを抱えて登場した鶴瓶は「今年66歳になるんですが、人形持って座ってたらすごく危ないんじゃないかと。でもこれは持たされているだけなんで」と挨拶し、会場の笑いを誘う。アメリカ・ロサンゼルスで行われたワールドプレミアに参加した松山は「自分の子供と一緒に観ていた作品に出られてうれしい」、シリーズ過去作にも出演している宮野は「最高に面白いし、最高に泣けるシリーズ」とそれぞれコメントする。

楽しげな様子の生瀬は「このシリーズを続けたい」と続投を希望。その言葉に鶴瓶は「人気があるのは、グルーじゃないミニオン。ユニバーサル・スタジオ・ジャパンにもミニオンのエリアはあるけどグルーの館はない」と現実を突きつけるが、生瀬は「ドルーの館がどれぐらいの大きさになるのか楽しみ」と返し、笑顔を見せる。


20170706ナタリー6-600
楽しげにトークする登壇者たち。


イベントでは吹替を行ったシーンを観ながらトークが進行する。松山や宮野らの演技を観た鶴瓶は「みんなうまい」と称賛し、「宮野や生瀬にも言ったけど、俺下手やなあ」と吐露する。続けて「収録するのは楽しい。でも小さなところで缶詰になってやるから頭おかしくなる」と冗談交じりに収録を振り返った。


アグネスに声を当てる芦田愛菜のビデオメッセージの上映、願い事を書いた短冊の発表なども行われた同イベント。最後の挨拶で鶴瓶は「感動しました。特にミニオンがオーディションに出る場面。子供たちと一緒に観ていただきたい」と思いを述べた。

「怪盗グルーのミニオン大脱走」は7月21日より全国でロードショー。

20170706ナタリー7-600
20170706ナタリー8-600
20170706ナタリー9-600
20170706ナタリー10-600





    






関連記事
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

映画『ユリゴコロ』キックオフ会見

『怪盗グルー』ワールドプレミア

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)