20170804.png


映画『ユリゴコロ』の予告編が公開されました。

原作本は買ってあるのだけど…まだ読み始めてません

前回のブログ更新もせずというポカやっちゃったし…

暑さのせいか…やる気の出ないボケボケなおばさんです( ゚Д゚)










【予告編】吉高由里子×松坂桃李×松山ケンイチ、3人に科せられた宿命とは…『ユリゴコロ』
2017.8.4 Fri   シネマカフェ


吉高由里子が主演する、沼田まほかるのベストセラー原作の映画化『ユリゴコロ』。この度、宿命に翻弄される吉高さん、松坂桃李、松山ケンイチが三者三様の表情を浮かべる本作の本ビジュアルと、初公開となる“現代パート”の映像が含まれた予告編が公開された。

とある一家で見つかる「ユリゴコロ」と書かれた一冊のノート。そこに綴られていたのは、悲しき殺人者の記憶。これは事実か、創作話か。誰が、何のために書いたのか。そしてこの家族の過去に、一体何があったのか。数々の疑念に先に、運命をも狂わす驚愕の真実が突き付けられる。いま、容赦ない愛と宿命の物語が、静かに動き始める――。

2012年大藪春彦賞受賞、本屋大賞ノミネートを果たし、“まほかるブーム”を巻き起こした、沼田氏の同名ベストセラー小説を、『君に届け』『近キョリ恋愛』の熊澤尚人監督が映像化に挑戦した本作。

「一冊のノートが、僕の人生を狂わせたんだ」という松坂さん演じる亮介の言葉とともに、殺人者の記憶を辿る導入部が映し出されていく予告編では、7月上旬に撮影終了したばかりの“現代パート”の映像も盛り込まれ、“過去”と“現代”のシーンが交錯するような仕上がりに。

映像には、吉高さん演じる「人の死」でしか満たされない絶望的な喪失を抱えた美紗子が掴んだ、松山さん演じる洋介との運命的な出会いなどが収められ、ラストではこの3人の涙するシーンともに、「あなたの優しさには、容赦がありませんでした」という意味深なセリフで締めくくられている。

『ユリゴコロ』は9月23日(土)より全国にて公開。

《cinemacafe.net》








関連記事
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

『関ケ原』7人の武将動画を一挙公開!

『怪盗グルーのミニオン大脱走』特別試写会in式根島

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)