FC2ブログ

20170915デイリースポーツ1-600

20170915デイリースポーツ2-600


昨日9/15開幕しました『髑髏城の七人』 Season風

初日に行く事が出来て、大感激

Season花、鳥と観てきましたが…

私的にはシリアスとコメディが自然に相まってバランス良くいちばん心地よかったです。

ケンイチ捨之介…もうカッコよすぎ~

うまいな~

おみ足も惜しげなく披露してて垂涎もの(笑)

最前列にいた松友さんはおみ足の生傷まで見えたと…うらやましいす。

天魔王との対比とかもさすがでした。

天魔王のビジュアルはフォトコールでも露出してないので…秘密なのでしょうね。言いたいけど言えない!
















松山ケンイチ、アジア初360度回転ステージで熱演「演じるより観る方が楽しい」
2017-09-15 ORICON NEWS


 客席が360度回転するアジア初のステージを備える東京・豊洲の新劇場IHIステージアラウンド東京で15日、松山ケンイチ、向井理らが舞台『ONWARD presents 劇団☆新感線「髑髏城の七人」Season風 Produced by TBS』のプレスコールに参加。


20170915オリコン1
舞台『ONWARD presents 劇団☆新感線「髑髏城の七人」Season風 Produced by TBS』のプレスコールに参加した松山ケンイチ (C)ORICON NewS inc.


 同劇場は中央に配置した1300席の客席が観客を乗せたまま、360度回転。その周りをスクリーンとステージがぐるりと囲んでいる。松山は「演じるより観る方が楽しいです。確実に」とコメント。向井も見どころを「360度全てお楽しみ下さい。」と新感覚の舞台に期待を寄せた。


20170915オリコン2-300
向井理 (C)ORICON NewS inc


 同作は織田信長の亡き後を舞台としたアクション時代劇で1990年の初演以来、7年ごとに上演を繰り返してきた劇団☆新感線の代表作。 2018年まで1年3ヶ月にわたって「花・鳥・風・月・極」の5シーズンをキャスト・演出を変化させて上演。松山演じる主人公・捨之介は「Season花」では小栗旬、「Season鳥」では阿部サダヲが演じており、「Season月」では、2つのチームが交互に上演を行うダブルチーム制を導入され福士蒼汰・宮野真守が予定されている。

20170915オリコン3-300
田中麗奈 (C)ORICON NewS inc.


 プレスコールには田中麗奈、生瀬勝久、岸井ゆきの、橋本じゅんらも参加。同舞台は、きょうから11月3日まで。10月5日の公演は、全国76館114スクリーンでライブビィーイングが行われる。


20170915オリコン4
20170915オリコン5






「髑髏城の七人」Season風、1人2役の松山ケンイチ「2幕がしんどいです」
2017年9月15日 ステージナタリー


20170915ナタリー1-600
「劇団☆新感線『髑髏城の七人』 Season風」フォトコールより。左から向井理演じる無界屋蘭兵衛、松山ケンイチ演じる捨之介。


「劇団☆新感線『髑髏城の七人』 Season風」が、本日9月15日に東京・IHIステージアラウンド東京にて開幕。これに先がけてフォトコールが行われた。


20170915ナタリー2-600
「劇団☆新感線『髑髏城の七人』 Season風」フォトコールより。松山ケンイチ演じる捨之介。


キャスト、脚本、演出を変えて「花」「鳥」「風」「月」「極」の5バージョンが上演される「髑髏城の七人」。第3弾の「風」では、主人公・捨之介とその敵役・天魔王を1人の俳優が演じる1人2役バージョンが13年ぶりに復活し、捨之介と天魔王の2役を新感線には2度目の出演となる松山ケンイチが演じる。


20170915ナタリー3-300
「劇団☆新感線『髑髏城の七人』 Season風」フォトコールより。


本作には新感線に初参加の顔ぶれも多く、無界屋蘭兵衛役に向井理、極楽太夫役に田中麗奈、沙霧役に岸井ゆきの、そして狸穴二郎衛門役には生瀬勝久がキャスティング。また兵庫役に新感線4回目の参加となる山内圭哉、劇団からは橋本じゅんが初役となる贋鉄斎役に挑む。

20170915ナタリー4-300
「劇団☆新感線『髑髏城の七人』 Season風」フォトコールより。


フォトコールは、生瀬演じる狸穴二郎衛門と岸井演じる沙霧が関東荒野で出会うシーンからスタート。山内演じる兵庫が率いる関八州荒武者隊がやってくると、さらに沙霧を追って関東髑髏党も登場。大人数での斬り合いが繰り広げられた。


20170915ナタリー5-300
「劇団☆新感線『髑髏城の七人』 Season風」フォトコールより。(中央)田中麗奈演じる極楽太夫。


髑髏党の鉄機兵が兵庫たちに詰め寄ると、松山演じる捨之介が現れ、手にした瓢箪で髑髏党の兵を次々に叩きのめす。敵を退けた一行はケガをしている沙霧の手当てをするため、“無界の里”の無界屋へ向かう。


20170915ナタリー6-300
「劇団☆新感線『髑髏城の七人』 Season風」フォトコールより。オタ芸を披露する荒武者隊。


客席が回転し、場面が変わると、田中演じる極楽太夫が遊女たちと妖艶な顔見世の踊りを披露。そこへ荒武者隊が借金を返しにやってくる。ここでは荒武者隊が遊女たちを応援するため、“ヲタ芸”を披露する場面も展開された。


20170915ナタリー7-300
「劇団☆新感線『髑髏城の七人』 Season風」フォトコールより。


続いて披露されたシーンでは、無界屋の裏手で沙霧と捨之介が“御魂の森返しの儀式”を行い、死んでいった者たちを弔う。そこへ1人の遊女と向井演じる無界屋蘭兵衛が現れる。遊女の正体が髑髏党のスパイだと気づいていた蘭兵衛は、彼女に斬りかかる。とどめを刺しにかかる蘭兵衛を止めに入る捨之介だったが、スパイは切り捨てられてしまうのだった。


20170915ナタリー7-600
「劇団☆新感線『髑髏城の七人』 Season風」フォトコールより。


初日を前にキャストたちが意気込みを語った。松山は「今回は新作ではなく、しかも同じ劇場で先輩方が演じているのを観ているので、緊張はそれほどせずにじっくり稽古に集中できています」と述べ、1人2役については「2幕がしんどいです」と心中を明かす。見どころについては「今回の2役は信長の二面性を捨之介と天魔王で演じているように感じています。『蒼の乱』を観ていただいている方にはハッとする場面もあります」と語った。

向井は初参加の新感線について「いのうえさんの尽きないアイデアに驚きと楽しみを感じました」と述べる。続けて「今まで見たことのない演出、効果、アクション。とにかく見どころ満載です。360°すべてお楽しみください」と観客に呼びかけた。

田中は「最高の座組だと思っているので、自信を持って皆さまにお届けいたします」とメッセージを送り、生瀬は「前の2作とは違った狸穴二郎衛門に仕上げました。ご期待ください」とコメントした。上演時間は途中休憩20分を含む約3時間40分。公演は11月3日まで。


20170915ナタリー8-600
20170915ナタリー9-30020170915ナタリー10-300
20170915ナタリー11-300 20170915ナタリー14-300
20170915ナタリー15-300 20170915ナタリー20-300
20170915ナタリー23-600
20170915ナタリー24-600
20170915ナタリー25-600
20170915ナタリー26-600
20170915ナタリー27-600
20170915ナタリー28-600
20170915ナタリー29-600
20170915ナタリー30-600
20170915ナタリー33-300 20170915ナタリー39-300
20170915ナタリー41-600
20170915ナタリー43-600






ONWARD presents 劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season風 Produced by TBS 開幕!
舞台写真とキャストからのコメントが到着!

2017-09-15  ローチケ演劇宣言!


20170915ローチケ1-600


本日9/15(金)シリーズ第3弾
劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season風 ついに開幕!
開幕に先駆けて行われたプレスコールの模様をお届けします!




【キャストコメント】
◆久しぶりの劇団☆新感線公演ですが、参加されていかがですか?

松山
「今回は新作ではなく、しかも同じ劇場で先輩方が演じているのを観ているので、緊張はそれほどせずにじっくり稽古に集中出来ています。」



◆初参加となる劇団☆新感線の稽古を経て、いかがでしょうか?

向井
「いのうえさんの、尽きないアイディアに驚きと楽しみを感じました。」

田中
「稽古は、本当に全てが新鮮でした。劇団☆新感線というハイスペックな人々が集まる学校に転校してきた気分で…。でも本当に皆さま優しくて、感謝でいっぱいです。このチームでこれからどんどんエネルギー上げてお客様と共に最高の舞台を作りあげていきたい。」

生瀬
「いのうえシェイクスピア「蛇切り丸」に参加していたので、順調にできました。」


20170915ローチケ2-600


◆初となる一人二役。実際に演じてみていかがでしょうか?

松山
「2幕がしんどいです。」



◆体力作りを気にされていましたが、間もなく初日を迎えますがいかがでしょうか?

向井
「身体のケアは気にしてやっていましたが、日々疲労が溜まっています。長丁場なので、より一層気をつけていきたいと思います。」

田中
「身体は今の所元気です(笑) あとは、ステージでライト浴びたりお客様の力で充電、発電するタイプなのでまだまだエネルギーは上がると思います。」

生瀬
「緊張はありますが、楽しみの方が大きいですね。」


20170915ローチケ3-600


◆舞台稽古で360°を経験してみて、いかがでしょうか?

松山
「演じるより観る方が楽しいです。確実に。」

向井
「演じている中では分からない所もありますが、観客の皆様にはとても楽しんで頂けると思います。」

田中
「優秀なスタッフの皆さまのお陰で、ステージの上に上がれてる感じ。自分で把握はまだまだですね。」

生瀬
「導線が不安です。」


20170915ローチケ4-600


◆見どころと公演を楽しみにしている皆様へのメッセージをお願いします。

松山
「今回の二役は信長の二面性を、捨之介と天魔王で演じているように感じています。『蒼の乱』を観て頂いている方にはハッとする場面もあります。よろしくお願いします。」

向井
「今まで見たことのない演出、効果、アクション。とにかく見所満載です。360°全てお楽しみ下さい。」

田中
「先ずは素晴らしいカンパニーに出会えた事に感謝致します。最高の座組みだと思っているので、自信を持って皆さまにお届け致します。私としては、極楽太夫の生き様を見せていきたい。どうぞ、ごゆるりとお楽しみ下さいませ。」

生瀬
「前の2作とは違った狸穴二郎衛門に仕上げました。ご期待下さい。」


20170915ローチケ5-600


【あらすじ】
天正十八年(1590)の関東荒野。昼下がりのとある街道筋で一休みをしていた牢人<狸穴ニ郎衛門(生瀬勝久)>の前に、山の民のような男装をした若い女が現れる。その名を<沙霧(岸井ゆきの)>。そこに<兵庫(山内圭哉)>と彼が率いる野武士の一団・関八州荒武者隊の面々が加わり一悶着あったところに、関東髑髏党の鉄機兵たちが襲いかかってきた。彼ら髑髏党の根城である“髑髏城”の絵図面を持っている沙霧のことを追ってきたのだ。二郎衛門ともども斬り合いとなるが、あっけなく蹴散らされてしまう荒武者隊。しかし、フラリと現れた着流しの優男があっという間に鉄機兵を叩きのめし、沙霧を助け出す。男は自らを<捨之介(松山ケンイチ)>と名乗った。怪我をしている沙霧の手当てをするため、一行は兵庫の案内で関東一の色街で、救い里とも呼ばれている“無界の里”へと向かうこととなる。

色里“無界”は宿場も兼ねているため、人の出入りがとても賑やかだった。特にこの日は、「会って極楽、遊んで地獄」の関東一のいい女と評判の高い<極楽太夫(田中麗奈)>の顔見世が行われていた。兵庫は太夫のために稼いだ銭袋を差し出すが、まったく相手にはしてもらえない。しかし髑髏党に追われていた沙霧をしばらくかくまってほしいと頼むと、太夫は「困ってる女を見捨てたらバチが当たる」と微笑み、快く引き受けてくれた。
その夜、店の裏手の広場に、死んだ一族の魂を弔う儀式をする沙霧の姿があった。背後で見守っていた捨之介は、彼女が、城を築くことにかけては右に出るものなしの集団“熊木衆”であることを見抜く。するとそこに、遊女に化けて忍んでいた髑髏党の女が現れ、無界の里の主<無界屋蘭兵衛(向井理)>に斬り殺される。思わぬところで顔を合わせることになった捨之介と蘭兵衛は、互いの姿を見て驚く。そこへ再び髑髏党が現れ、南蛮製の異形の鎧に身を包み、髑髏の仮面をかぶった党首の<天魔王(松山ケンイチ・二役)>も姿を見せる。捨之介と蘭兵衛に会いに来たという天魔王。この三人には、実は織田信長のもとで一時、同じ時間を過ごしていたという“過去”があったのだ。「天の意志を継ぐ」という天魔王に挑発され、手にした剣で打ちかかる捨之介。そして隠し持っていた短筒を撃つ蘭兵衛。だが、斬撃も弾丸も天魔王の無敵の鎧には敵わない。しかし、そこに二郎衛門が割って入ったことで天魔王たちは姿を消し、一同は命拾いをする。

髑髏党との一戦を覚悟した捨之介は、無界の里を守る最後の一手は豊臣秀吉軍よりも先に天魔王を倒すことだと蘭兵衛らに話し、昔馴染みの刀鍛冶<贋鉄斎(橋本じゅん)>の鍛冶場を訪れる。無敵の鎧を打ち砕く、必殺の“斬鎧剣(ざんがいけん)”を打ってほしいと、彼に頼みに来たのだ。

だが、ちょうどその頃、蘭兵衛は誰にも知らせずたったひとりで髑髏城へと向かっていた。その後ろ姿に不穏な空気を感じ取ったのか、沙霧も後を追って城内へ忍び込む……。
本能寺で織田信長が命を落としてから8年の時を経て、遠く関東平野に因業因縁、奇(くす)しき縁(えにし)が集まった。捨之介、蘭兵衛、天魔王、三人を待つ宿命とは?そして彼らに出会ってしまった人々の運命や、如何に!?


【個別インタビュー】

松山ケンイチのインタビューはこちら→ http://engekisengen.com/stage/interview/dokurojo-kaze/
向井理のインタビューはこちら→ http://engekisengen.com/stage/interview/dokurojo-kaze-3/
田中麗奈のインタビューはこちら→ http://engekisengen.com/stage/interview/dokurojo-kaze-tr/
橋本じゅんのインタビューはこちら→ http://engekisengen.com/stage/interview/dokurojo-kaze-hj/
山内圭哉のインタビューはこちら→ http://engekisengen.com/stage/interview/dokurojo-kaze-yt/
岸井ゆきののインタビューはこちら→ http://engekisengen.com/stage/interview/dokurojo-kaze-ky/
生瀬勝久のインタビューはこちら→ http://engekisengen.com/stage/interview/dokurojo-kaze-nk/



その他の画像
20170915エキサイトニュース
20170915エンタステージ1-600
20170915エンタステージ2-600
20170915エンタステージ3-600
20170915エンタメOVO1-600
20170915エンタメOVO2-600
20170915スポーツ報知-600
20170915デイリースポーツ3-600
20170915マイナビ1-600
20170915マイナビ3-600
20170915マイナビ4-600
20170915マイナビ5-600
20170915マイナビ13-600
20170915日刊スポーツ-600













関連記事
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

『ユリゴコロ』インタビュー

髑髏城の七人360°動画

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)