FC2ブログ

20170920シネマトゥデイ1-600


映画『ユリゴコロ』より公開されました。

実はまだ観ていないのですよ

今週中には行きたいのですが…





『ユリゴコロ』吉高由里子&松山ケンイチ 単独インタビュー
2017年9月21日 シネマトゥデイ

20170920シネマトゥデイ1-600


撮影中は自分のどこかがおかしくなる

取材・文:斉藤由紀子 写真:高野広美

沼田まほかるのミステリー小説を『近キョリ恋愛』などの熊澤尚人監督が映画化した『ユリゴコロ』。“ユリゴコロ”とは、誰しもが持つ“心の拠りどころ”のこと。その拠りどころを「人間の死」に見いだし、人を殺める行為を繰り返す主人公の美紗子が、愛を知ることで苦悩していく様を描き出す。快活なイメージを封印して殺人者の役に初挑戦した吉高由里子と、美紗子と運命的な出会いを果たす男・洋介を演じた松山ケンイチが、「想像以上に過酷だった」という撮影を振り返った。



殺人者の役はやってみたかった


20170920シネマトゥデイ2
吉高由里子&松山ケンイチ


Q:生まれながらの殺人者・美紗子と、深いトラウマを抱えながら、彼女と出会う洋介。どちらも難役だと思うのですが、オファーを受けたときに迷いなどはなかったですか?

吉高由里子(以下、吉高):
台本を読んだときは、迷いはなかったんです。でも、実際に演じてみて「こんなに難しいのか」と思いました。もともと、犯罪ものとか殺人者の役はやってみたかったんです。リアルな世界ではやれないことをやれるのがフィクションの世界なので、一度は挑戦してみたいことでした。今までにないテイストは楽しみだし、現代と過去が分かれているストーリー構成も面白いし。だから、演じる前はあんまり重大に受け止めていなかったような気がします。

松山ケンイチ(以下、松山):
海外ならありそうだけど、日本ではなかなかない作品ですよね。僕は役の難しさより、単純に熊澤監督から声をかけてもらったとき、監督が一番やりたかったのがこういったテイストの作品なんだろうなと思って、迷うことはなかったです。役柄の難しさはあとから考えればいいから。

Q:何度か共演していらっしゃるお二人ですが、今回はいかがでした?

吉高:
一緒に関わった作品はたくさんあったけど、こんなに向き合うのは初めてなんです。相手役が松山さんでうれしかった。現場ではいろいろと頼らせてもらって、支えてもらっている部分が多かったです。

松山:
僕も由里子ちゃんは好きな女優さんだったから、今回の共演が楽しみでした。見た目も声もかわいいし(笑)。それだけじゃなくて、演技の回路が自分とは明らかに違うなってわかるから魅力なんですよね。役柄でもそうなんですが、自分の知らないものを持っている人に惹かれるんです。由里子ちゃんは、まさにそういうタイプ。どういう風に演技しているのか、現場でちゃんと見てみたかった。見た結果、興味が尽きてしまうときもあるかもしれないけど、由里子ちゃんは尽きないんです。未知な部分がたくさんある、すごい女優さんだと思いました。

吉高:
今回、松山さんで本当によかったです。わたしももっと芝居が見たいなと思う俳優さんで、一番見たかったのが病室で松山さんが取り乱すシーン。どんな表情でお芝居をされているのか、すごく気になっていて。でも、わたしはベッドで寝ていたので、「ああ、見たいな」と思いながらも目を開けて映り込んでしまったらNGになってしまうから、グッと我慢しました(笑)。


監督に追い込まれた過酷な撮影現場


20170920シネマトゥデイ3


Q:人の死が拠りどころとなる美紗子の気持ちには寄り添えましたか?

吉高:
「人を殺めることが拠りどころ」という彼女の気持ちは理解も共感もできないですけど、誰もが自分なりの拠りどころって持っているもので、それが人に言えない癖(へき)の方もいるのかもしれない。そう思うようにしました。

Q:前半はほぼ無表情で、後半になって変化していく美紗子。そのコントラストは意識されていたんですか?

吉高:
前半は何事にも興味を持たないようにしていました。セリフも多くはなかったので、人がしゃべっている動きとかも無表情で見ていましたね。この先の展開とかも考えずにただ動きを見ていたら、お芝居という空間の余裕が感じられて、視野が広がった気がしました。自分が動くときは、穏やかなシーンでも凶暴なシーンでも、やっていて静かな興奮があるんです。ゾクゾクってしました。それをいつも掴もうとしていました。

Q:松山さんは、昨年の『聖の青春』で実在したプロ棋士を演じるために増量をされ、またすぐに体重を絞り込んで今作に挑んだとか。

松山:
たしか『聖の青春』の撮影が終わって半年くらいで痩せました。監督にも痩せてと言われていたので、極力食べないようにして。撮影中は現場でも食べなかったですね。

吉高:
松山さん、撮影中は今よりも痩せていましたよね。監督はわたしにも他の役者さんにも「あまり食べないように」って言っていたんです。だから、みんな痩せていました。映画自体が「生きることへ喪失感を抱えた人たちのお話」だから、活発なイメージにさせないようにしていたような気がします。

松山:
精神的なアプローチなんでしょうね。監督は僕に「荷物を捨てて現場に来てください」とも言われましたし、目が生き生きしていない感じを求めていたんでしょう。いい意味で緊張感がある現場で、終わったらちゃんとコミュニケ―ションも取っていたから今は楽しい思い出しかないけど、考えてみたら監督に相当しぼられているよね(笑)。

吉高:
そう、監督は追い込み型。本当に想像以上の現場でした。共演者の皆さんをわたしが殺してしまうので、寄り添える戦友みたいな共演者さんが松山さんくらいしかいなくて、だからこそ頼っちゃったんでしょうね。


二人の拠りどころは晩酌とゲーム

20170920シネマトゥデイ4

Q:精神面だけでなく、川の中に入るシーンなど、体力面でも過酷な撮影があったようですが……?

松山:
そんなシーンもありましたねえ。あの川は冷たかった。夏だったんだけど相当冷たかった(苦笑)。しかも、冬服を着て雪を降らしたんだよね。

吉高:
そうそう、機械で人工雪を降らせていたから、機械音がすごかったんです。その音のせいで声が録れないだろうから、「きっと(あとで)アフレコだよね、何を言ってもわからないかもね」なんて言いながらお芝居をやったりして(笑)。

松山:
思い出せば出すほど、過酷な現場だった気がします。

Q:そんな中、お二人の拠りどころだったこととは?

吉高:
撮影中の拠りどころは、帰宅して翌日のセリフを確認して、お風呂に入って……からの晩酌。「ああ、今日も終われたー」って、何者でもない自分になれたとき。家ではハイボールを作って飲むことが多いです(笑)。

松山:
ひとりでいる時間は大切ですよね。僕の場合はゲームでした。家でゲームに没頭していると、脳が休まるんです。撮影中は自分のどこかがおかしくなっている気がして、何もしないで寝ているだけでも脳がぐるぐる回っている感じがするんです。それを止めるためにも、ゲームのようなものが必要だったんでしょうね。

吉高:
そういえば松山さん、撮影中は全然眠っていなかったよね。「今日は2時間睡眠だった」とか言っていたし、顔も白くなっちゃって。

松山:
僕が演じた洋介は「眠れない男」だったんですよ。だから、ずーっとゲームなどをやり続けて、撮影のギリギリまで眠らないようにしていました。

吉高:
ホントすごい。わたしなんかすぐ寝ちゃっていましたけどね(笑)。

Q:本作では、今までにないお二人の演技が見られそうですね。

吉高:
まだ仕上がった映画は観ていないんですけど(注:インタビュー時)、わたしと松山さんのパートは梅雨の香りがしそうです。良い作品になっているといいな。

松山:
現代と過去が交差していくので、いい意味で今っぽくない作品になりそうな気がします。僕も含めて90年代の映画が好きな人って多い気がしているんですけど、そういう方々は好みなんじゃないかなって、勝手に思っています。



『真夏の方程式』以来、映画出演はおよそ4年ぶりとなる吉高。映画取材を受けるのも久しぶりで、「どうしゃべったらいいのか思い出すのも必死」と言いながらも、初の殺人者役について滑らかにトーク。一方の松山は、不眠・断食の過酷な役づくりのエピソードを、苦労などにおわすことなく軽やかに披露した。役者同士の信頼感なのか、お互いの屈託のない人柄からなのか、実に和やかな雰囲気の取材だった。そんな二人が難役をどう表現しているのか、期待せずにはいられない。

映画『ユリゴコロ』は9月23日より全国公開






青春映画から一転、大人の濃密ミステリー「ユリゴコロ」映画化に挑戦した熊澤尚人監督「勝負作になった」
2017/09/24 ニュースウォーカー


20170924ウォーカー


インタビューに応じてくれた熊澤尚人監督 映像化不可能と言われ続けた沼田まほかるのベストセラーミステリー小説「ユリゴコロ」が映画化。監督を務めるのは「君に届け」(2010)「近キョリ恋愛」(2014)「心が叫びたがってるんだ。」(2017)など、青春映画を数多く手がける熊澤尚人。近年の作品とは違うミステリーの挑戦した熊澤監督だが、「勝負作になった」と本作を振り返る。映像化不可能と言われ続けたミステリー作品に挑戦した理由、役者陣の渾身の演技についてなどを語ってもらった。

本作は、沼田まほかるが2011年に発表した同名小説が原作。亮介(松坂桃李)が実家で見つけた一冊のノート。そこには殺人を心の拠りどころにする女・美紗子(吉高由里子)の手記と、美紗子と出会う男・洋介(松山ケンイチ)との壮絶な愛の物語が記されおり、ノートに残された記憶を軸に過去と現代が交差するミステリー。吉高由里子、松坂桃李、松山ケンイチら人気と実力を兼ね備えた俳優たちが集結した。

熊澤監督は原作小説を読んだとき、作品に魅了されたと同時に映画にしたい題材だと思った。それはキャラクターの背景や心情をしっかり描くことで、映画にする醍醐味があると感じたそう。「美紗子という殺人者は許してはいけない。でもそういう負をもっている人間でも、人を愛したり思いやったりする気持ちが生まれたとき、どうなるんだろうと。この矛盾に強く惹かれました。あと亮介の血の葛藤の話も映画にしたいと思える題材でした。よくぞ、この原作の映画化を僕にオファーが来たなと(笑)すごく感謝しています」

映像化不可能と言われた本作。これまでも映像化を断念したチームの話を熊澤監督は耳にしていた。小説ならではの仕掛けが映像で表現しづらい部分があり、熊澤監督も苦労したと明かす。「小説だから成り立っている仕掛けが多いから、映像にすると謎がバレてしまう。そうなると映画にする場合、ミステリーの仕掛けをやめるしかないって。そう決めてから映画用の構成を考え直して、新しいものをつくりはじめたけど、これが難しかった。4年前に原作を読んでましたが、台本づくりに3年ぐらいかかりましたね」

原作の世界観を映像化するときにどのようなポイントを意識したのか。熊澤監督は原作の魅力でもあるゾクゾク感を大切に映像化に着手した。「引き込まれる感じを映画でも意識しました。だからなのか、集中できるので観終わるとすごく疲れる(笑)その分、濃密な作品になったかな。美紗子の心情、洋介と亮介の感情など、観た人によって思ったことが違うから、鑑賞後にあそこがどうだったとか話ができる映画。実際にすごく良い映画に仕上がったと感じてて、僕の中でも勝負作になったと思います」

本作は熊澤監督が近年手掛けた青春映画とは180度違うミステリー作品。しかし、熊澤監督は青春映画の経験が本作で強く影響したと話す。それは純愛というポイント。「美紗子と洋介って純愛なんですよね。僕は今まで青春映画を多く手がけてきて、愛にまつわる話って結構やってるんです。自分でも知らぬ間にスキルアップしてたのかな、今回のような難しい大人の純愛を描くことが自分でも楽しかった。あの2人を素敵に描くことができて、今まで恋愛作品をいっぱいやってきてよかったなと思いました」

美紗子を演じるのは吉高由里子。殺人が心の拠りどころになってしまう女性を演じ、新境地を開いている。熊澤監督は吉高なら美紗子を演じれると信じ、オファー。いざ現場で吉高の演技を目の当たりにすると狙い通りだと思ったそう。「吉高さんは初日から自分なりの美紗子をつくってきた。それを見て全然大丈夫だなって。そこから吉高さんの美紗子を見るのが楽しくて。ゾクゾクする顔も妖艶な顔も切ない顔もバッチリでした。吉高さんがこうやったら絶対素敵だとイメージしていた以上の表情がいっぱい撮れました」

吉高のシーンの中で、ダムでのシーンが印象的だったと話す熊澤監督。美紗子の辛い心情を表したこのシーンは、雨の都合で限られた時間内での撮影となった。その分、吉高には集中力が求めれる状況で、彼女にとっても想像を超える過酷な撮影になったはずと振り返った。「別れを告げられる瞬間、地獄を見たような顔をするんです。共感できないはずの美紗子にちゃんと入り込める。この作品がすごく良い作品になったのは吉高さんの力が大きい。ドラマやバラエティで見せる吉高さんとは全く違いますよ!!」

美紗子を演じる吉高を受け止めるのが松山ケンイチだ。美紗子と運命の出会いをする洋介を演じている。近年の活躍で俳優としての凄みを身につけた松山なら、吉高の演じる美紗子を必ず受け止めてくれるはずとオファーした。「吉高さんの芝居をきちんと受け止めてくれました。美紗子と洋介は小説では運命的な出会いをするわけですが、どうやったらお芝居で出せるのか難しいなと思ってましたけど、映像で観ると、たしかに運命的な出会いをするんです。演技でそれを表現できている。松ケン、改めてすごいなって思いました」

俳優をリスペクトしている熊澤監督。若手俳優が多い映画では演出について細かくアドバイスするそうだが、本作ではあまりアドバイスはしていないそう。「吉高さんが大変な役なので、もう少し言おうとしたこともあるけど、吉高さん、松山くん、松坂くんは大人で力のある俳優さんだから細かく言わなくても伝わる。自分なりにこれはこうだと思ってやってくれるんです。今回の俳優さんたちとの映画作りは、青春映画では味わえない、楽しみがありましたね」

熊澤監督がこれまで手掛けた作品とは一線を画す本作。さまざまな感情、心情が混ざり合う難しい原作を、濃密な大人の愛の話に仕上げることができたのは、俳優陣の魂を込めた演技と熊澤監督の手腕だと、この作品を観ればわかるだろう。
【関西ウォーカー編集部/ライター山根 翼】







関連記事
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

映画「ユリゴコロ」完成披露動画まとめ

『髑髏城の七人』 Season風プレスコール&フォトコール

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)