FC2ブログ

20181018ナタリー10-600

『ブッダとイエスと愉快な仲間たちの聖人式​』…

ぶっちゃけ「聖☆おにいさん」特別上映会に当選しまして…

1年ぶりの生ケンイチ君を拝みに(イエス役なのでホント拝みに…笑…)行ってまいりました。

動画もだいぶアップされてますので…別記事でペタし松。




松山ケンイチの子供、染谷将太扮するブッダに「お地蔵さんみたい!」と歓喜
2018年10月18日 映画ナタリー


20181018ナタリー1-600
ドラマ「聖☆おにいさん」特別上映会の様子。左から松山ケンイチ、染谷将太。


ドラマ「聖☆おにいさん」の特別上映会が本日10月18日に東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて行われ、キャストの松山ケンイチと染谷将太、監督を務めた福田雄一、製作総指揮を担当した山田孝之が登壇した。


20181018ナタリー2-600
松山ケンイチ


20181018ナタリー3-300
染谷将太


中村光の同名マンガを実写化した本作は、松山演じるイエスと染谷扮するブッダが、東京・立川で同居生活を送るさまを描くコメディ。松山と染谷の配役について福田は「衣装合わせのときから成功しか見えなかった!」と絶賛する。松山は「メイクして衣装着て最初に思ったのは『どこのホームレスだろう……』と。染谷くんはどう思ったの?」と質問。染谷は「最初(頭部の)型取りだけでした。フルフェイスで取って、真っ暗闇になるんです。薄ーい息をしながら」と述べると、松山は「あれ超大変だよね!」と同意する。続けて染谷は「ちょっと瞑想みたいでしたね(笑)。これから俺どうなるんだろうっていう」と述べた。


20181018ナタリー4-600
左から福田雄一、松山ケンイチ。



かねてより松山と染谷の出演を熱望していたという福田。「『L change the WorLd』でLとずっと行動をともにする男の子がいるんですけど、実はうちの息子なんですよ。僕、松山ケンイチ大好きで、『DEATH NOTE』大好きで、Lも大好きで。1回だけ撮影現場に行かせてもらったとき、松山くんにお父さんって声かけてもらったんですけど、めっちゃ緊張した覚えがあって。そこから追いかけ続けているので、僕的には念願の2人がたまたま一緒になったって感じですね」と感慨をにじませる。そして「息子がすごくかわいがってもらったらしくて『松山さんがよくガンダムを観せてくれるんだけど、DVDプレーヤーがちょくちょく止まって、それを松山さんに言えなくて困ってる』と(笑)」と明かした。


20181018ナタリー5-300
山田孝之


キャスティングの経緯について山田は「みんなで何度も話し合っていく中でお二人の名前が挙がって、ぴったりだなと。もう、目が悟ってるのでぴったりじゃないですか」と語ると会場から笑いが起きる。完成した作品を自身の子供と観賞した松山は「染谷くんのブッダを観たときに(子供が)『うわあ、この人すごいお地蔵さんみたい! 耳ビヨーンってなってる!』って。確かにそうだなと思って、よくこの人の前で芝居したなと思いました」と語る。


20181018ナタリー6-600
左から松山ケンイチ、染谷将太。



本作で福田組初参加を果たした2人。松山が「もうちょっとできたな、とか思った?」と問うと、染谷は「ありますね!」と即答。山田が「福田組あるあるですねー」と余裕を見せると福田が爆笑する。染谷は「現場でももう一回やりたいなと思いながら、OKならいっか、って」と思い返すと、松山は「俺なんにもなかった!」とあっけらかんと話した。福田は「噛んでくれたりすると喜ぶから、俺。大好物だもん」とほほえむ。染谷が「隣のモニタールームから笑い声聞こえますもん」と指摘すると、福田は「率先して使うから、それ」とニヤリとした。


20181018ナタリー7-300
山田孝之



本作のシリーズ化の構想について山田が「原作もたくさんエピソードがあるので、2019年の間に何かしら第2期の情報を出そうと動いてます」と語ると、会場から拍手が起きる。福田は「僕はパート10ぐらいまでやるつもりですよ」と意気込む。松山が「是非どんどんやっていけたらいいなと思うんですけど、カンペ準備してほしいですね!」と真剣に語ると、染谷も同意し「3年ぐらい経ったら俺らカンペ読みながらやってそうって話してました」と苦笑いを浮かべる。

福田は、今期ではイエスとブッダの部屋のみを舞台にしていたため、次回では別のシチュエーションも考えていると説明。山田は原作から新たなキャラクターを登場させることも考えていると明かし「なんとかして僕もキャスティングに滑り込めたらなと。限りなく僕に近いキャラクターをとにかく推すっていう。『こいつ出したほういいんじゃない?』みたいな」と目論見を述べた。

「聖☆おにいさん」は全国で上映中のほか、ピッコマTVにて独占配信中。


20181018ナタリー8-600
20181018ナタリー9-600






松山ケンイチ:染谷将太のブッダに「拝みたくなります」
2018年10月18日 MANTANWEB


20181018まんたん1
ドラマ「聖☆おにいさん」の特別上映会に登場した松山ケンイチさん


 俳優の松山ケンイチさんが18日、東京都内で開かれたドラマ「聖☆おにいさん」の特別上映会に登場。イエス役の松山さんは、ブッダ役の染谷将太さんについて「(ドラマを)子供と見ていたのですが、染谷君のブッダを見たとき、『すごい!お地蔵さんに似ている。耳がビヨーンとなっているよ』と言っていました。確かにその通りで、よくこの人の前で(笑わずに)芝居をしていたなあ。そう考えると、染谷君のブッダは神がかっていて、表情を見ると拝みたくなります」と話していた。

 イベントには、松山さん、染谷さん、福田雄一監督、製作総指揮を担当した山田孝之さんが登場。作品にちなんで、「今日の4人で最も神に近い人は?」という質問に、松山さん、福田監督、山田さんの3人が染谷さんと回答。福田監督は「(染谷さんが出演した映画『空海-KU-KAI-美しき王妃の謎』の)空海のイメージが強くて。神々しい役が多い」、松山さんは「あまり笑わないところ。煩悩があったら笑っちゃいますよ」、山田さんは「見ての通りの目。どうしてこういう表情になるのか」と話していた。

 「聖☆おにいさん」は、中村光さんがマンガ誌「月刊モーニング・ツー」(講談社)で連載中のマンガが原作。世紀末を無事に乗り越えたブッダとイエスが、下界でバカンスを取ろうと、東京・立川のアパートでルームシェアを始める……というストーリー。動画配信サービス「ピッコマTV」で配信中。

20181018まんたん2-600
20181018まんたん3
20181018まんたん4-600
20181018まんたん5-600
20181018まんたん6
20181018まんたん7-600
20181018まんたん8-600
20181018まんたん9-600







会場どよめき!松山ケンイチと福田雄一監督の息子が『L change the WorLd』で共演していた
2018年10月18日 ムービーウォーカー


20181018ムービーウォーカー1-600
ネット配信ドラマ『聖☆おにいさん』で共演した松山ケンイチと染谷将太


中村光のギャグ漫画を実写ドラマした「聖☆おにいさん」が、本日10月18日より「ピッコマTV」での独占配信でスタート。配信を記念して同日、全10話をイッキ観する特別上映会「ブッダとイエスと愉快な仲間たちの聖人式」(仮)Supported byピッコマTVが開催され、松山ケンイチ、染谷将太、福田雄一監督、製作総指揮の山田孝之が舞台挨拶に登壇した。
『聖☆おにいさん』は、イエス(松山ケンイチ)とブッダ(染谷将太)が、下界のバカンスを満喫しようと、日本の東京都立川の安アパートの一室で「聖」(せい)という名字で暮らすという設定のオフビートなコメディ。
福田監督は、松山と染谷のキャスティングについて「このお2人のことは、長い間追いかけ続けてたんです。でも、ずっと断られて。松山くんとは付き合いが長くて。『L change the WorLd』(08)で、ずっと行動を共にする小学生(BOY)がいるでしょ。あれ、うちの息子(福田響志)なんです。引率は嫁が行っていたんですが、すごくうらやましくて」と言うと、会場からどよめきが起こる。
福田監督は一度だけ、撮影についていったことがあるそうで「現場で松山くんから『お父さん』と呼ばれ、めっちゃ緊張した覚えがあります」と告白。松山は10年前ですね」と懐かしそうに語った。福田監督は「念願の2人が今回一緒になったので、夢が叶ったという感じです」と大喜びの様子。
福田監督は山田に「染谷くんの出演交渉に行ったりしてるんです。完全にプロデューサーの仕事してるんです」と言うと、山田は「しましたね」とうなずく。染谷も「本人、来ちゃったよと」と笑う。
染谷は「もともとお話をいただいたとき、原作も読んでいまして、山田さんが総指揮で、ブッダ役で、福田さんでと、おもしろいものしか揃ってない。企画を聞いて爆笑しました」と語った。
松山は「子どもと観てたんですが、染谷くんのブッダを観た時『うわ!すごいお地蔵さんに似てる。耳がビヨーンとなってる』と。確かにそのとおりで。よくこの人の前で芝居してたよなと」と染谷のブッダぶりに感心しきりだった。染谷もイエス役の松山について「松山さんに関しては、日本人ではないですからね」と言って笑った。
最後に松山が「名字が“聖”ってことは、“セイイエス”ってこと?これからも“セイイエス”を楽しく演じていけたらなと思っています」と言うと、染谷も「ゆるく楽しんでください。ブッダさんという役をライフワークにしていけたらうれしいなと」と笑顔で締めくくった。
取材・文/山崎 伸子


20181018ムービーウォーカー2-600
20181018ムービーウォーカー3-600





その他の画像
シネマトゥデイ
20181018シネマトゥデイ1-600
20181018シネマトゥデイ2-600
20181018シネマトゥデイ3-600
20181018シネマトゥデイ4-600
20181018シネマトゥデイ5-600
20181018シネマトゥデイ6-600

モデルプレス
20181018モデルプレス1-600
20181018モデルプレス2-600
20181018モデルプレス3-600
20181018モデルプレス4-600
20181018モデルプレス5-600
20181018モデルプレス6-600
20181018モデルプレス7-600
20181018モデルプレス8-600
20181018モデルプレス9-600
20181018モデルプレス10-600
20181018モデルプレス11-600
20181018モデルプレス12-600
20181018モデルプレス13-600
20181018モデルプレス14-600
20181018モデルプレス15-600









関連記事
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「イエスとブッダの仏賛展」

反省…

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)