FC2ブログ

20200111ナタリー9-600
20200111ナタリー14-600



突然来ましたね~ヒット祈願&完成報告記者会見ニュース…

松友さんが、なんかないのかねぇ…ってつぶやいていたところでした

記事と動画アップします


シネマトゥデイ


maidigitv











松山ケンイチ:染谷将太と子役・稲垣来泉の“サポート力”に脱帽 「すごいわ!」
2020年01月11日 MANTANWEB


20200111mantan1-600.png
ドラマ「聖☆おにいさん 第III紀」のヒット祈願・初詣会&完成報告記者会見に登場した(左から)染谷将太さん、松山ケンイチさん、稲垣来泉ちゃん


 俳優の松山ケンイチさんと染谷将太さんが1月11日、神田明神(東京都千代田区)で行われた、人気マンガを実写化したドラマ「聖☆おにいさん 第III紀」のヒット祈願・初詣会&完成報告記者会見に登場。イベントには、第II紀でイエス・キリスト(松山さん)とブッダ(染谷さん)が住むアパートの大家の孫・愛子を演じた稲垣来泉ちゃんが「子供サポーター」として出席し、松山さんと染谷さんが来泉ちゃんの“サポート力”に脱帽する場面もあった。

 来泉ちゃんがイベントの冒頭で「愛子ちゃん役の稲垣来泉です。今日は天気も良く、『子供サポーター』としてヒット祈願もできて、とてもうれしいです。今日はよろしくお願いします」ときちんとあいさつすると、染谷さんは「さっき、(ステージに)出てくる順番を教えていただきました。さっそくサポートしていただきました」とイベントの段取りが完璧だったことを明かした。

 III紀のおすすめのストーリーを聞かれた松山さんと染谷さんだが、2人は覚えていない様子で、来泉ちゃんが「靴の裏側が……」とフォローすると、2人が「あれね!」と思い出す一幕もあった。さらに、来泉ちゃんが“カラオケの回”を紹介しつつ、「染谷さんが歌った後に、松山さんが歌って。高い声で(歌っていて)面白かったです」と語ると、松山さんは「だいぶ前に撮ったのに、よく覚えているね。すごいわ!」と感心していた。

 撮影中のエピソードを聞かれた松山さんは「第I紀は(染谷さんと)『どういうふうにやる』ってなったけど、II紀、III紀ではざっくりになった。いい意味で力が抜けて、せりふの量も多いので『覚えきれないからカンペを使わせてください』と、堂々と言えるようになりました(笑い)。神様になれたような気がしますね」と振り返っていた。

 ドラマは、中村光さんがマンガ誌「モーニング・ツー」(講談社)で連載中のマンガが原作。俳優の山田孝之さんが制作総指揮、映画「銀魂」シリーズなどの福田雄一さんが監督と脚本を担当している。キリストとブッダが東京・立川でアパートをシェアしながら下界でバカンスを過ごす姿を描いている。

 第III紀は、漫才コンテストに挑むためネタ作りに励む、暑さをしのぐため入ったファミレスで長時間ねばる、カラオケボックスで一心に読経をしたりするといったエピソードが登場。NHK総合で1月11日、18日に2週連続で放送される。両日ともに午後11時半から。20日から動画配信サービス「Netflix(ネットフリックス)」でも配信。24日から1週間限定で劇場公開もされる。


20200111mantan2.png
20200111mantan3-600.png
20200111mantan4-600.png






松山ケンイチ&染谷将太「聖☆おにいさん」第3弾はすごく緩い!「子供も2人目、3人目となると…」
2020年1月11日 シネマトゥデイ


20200111シネマトゥデイ1
ヒット祈願をした染谷将太、松山ケンイチ、稲垣来泉


 俳優の松山ケンイチ(イエス役)と染谷将太(ブッダ役)が11日、神田明神で行われたドラマ「聖☆おにいさん 第III紀」のヒット祈願・初詣会&完成報告記者会見に出席し、シリーズを重ねるごとに緩くなっていったという撮影について語った。イベントには、イエスとブッダが住むアパートの大家の孫・愛子役の稲垣来泉も参加した。

 本作は、世紀末を無事に越えた神の子イエスと目覚めた人ブッダが、東京・立川でアパートをシェアし、下界でバカンスを過ごす姿を描くコメディードラマの第3弾。俳優の山田孝之が製作総指揮、映画『銀魂』などの福田雄一が監督・脚本を務めている。

 人気シリーズも3期目を迎え、松山は「子供でも第1子の時はすごく力が入るけれど、第2子、3子になるといい意味でだんだんどうでもよくなる。同じように、1回目は硬い感じがしていたのが、ほぐれてきた。神様になれたような気がします」と独特な表現で明かす。染谷も同様に感じているようで、「本当に『勝手にしゃべって!』っていうぐらい緩かった。でもそこがいいんですよね」とそれが作品の魅力につながっていると応じた。

 また、おすすめのエピソードを聞かれた松山は「第II紀でイエスが怖い話をする回があるのですが、その時は(怪談でおなじみの)稲川淳二さんのメソッドを利用しようと、動画を観て毎日勉強したんです」と自信満々でコメント。しかし稲垣から「それほど怖くなかった」と言われてしまうと、「役者としてまだまだですね。もっと頑張ります」と苦笑いを浮かべていた。

 長期シリーズとなった本作。松山は「普通の掛け合いとは違い、漫才的な要素もある。難しいけれど勉強になります」と俳優としても大いなる気付きがあると明かすと、「一度、思い切りシリアスな作風の回があってもいいよね」と染谷に語り掛ける。染谷は「それは面白いかもしれませんね」と松山の意見に同調していた。

 この日はヒット祈願ということで、3人はおみくじを引くことに。3人そろって“吉”という結果に、染谷は「僕はこれまでおみくじを引かないようにしてきたので、今回が生まれて初めてのおみくじ。それが吉か……」と悩ましげな表情を見せていた。

 「聖☆おにいさん 第III紀」は1月11日と18日の夜11時30分から2週連続でNHK総合テレビで放送されるほか、20日よりNetflixで独占配信される。また、24日からは1週間限定でイオンシネマ多摩センター、イオンシネマ港北ニュータウンにて劇場公開されることが決定している。(磯部正和)






「聖☆おにいさん」松山ケンイチ、染谷将太らがヒット祈願!山田孝之は現場でニヤッ
2020年1月11日 コミックナタリー


20200111ナタリー1-600
「ヒット祈願・初詣会」の様子。


中村光原作による実写ドラマ「聖☆おにいさん 第III紀」の“ヒット祈願・初詣会&完成報告記者会見”が、本日1月11日に東京の神田明神で開催された。


20200111ナタリー2-600
完成報告記者会見の様子。左から染谷将太、松山ケンイチ。


イベントにはイエス役の松山ケンイチ、ブッダ役の染谷将太、「第II紀」で2人が住むアパートの大家の孫・愛子を演じた稲垣来泉の計3名が登壇。「第II紀」と「第III紀」の撮影は同時に行われたそうで、松山は「第I紀よりもいい意味でざっくりになって、肩の力を抜いて撮影できました」と撮影を振り返る。染谷も松山のコメントに頷きながら、「ブッダとして、勝手にしゃべっているように演じている感じでした。ゆるかったです」と話した。


20200111ナタリー3-600
完成報告記者会見の様子。左から松山ケンイチ、稲垣来泉。


「第III紀」のおすすめエピソードを問われると、松山は「ブッダがカラオケで般若心境を唱えるシーンが印象的だった」と回答。染谷は「第I紀」になかったロケ撮影を振り返り、「第II紀は秋葉原で撮影したのですが、意外に(螺髪頭の見た目でも)反応がなかったんです」と撮影中のエピソードを明かす。松山は「1回イエスとブッダという設定で、笑いなしでシリアスなものもやってみたいよね」とも語った。


20200111ナタリー4-600
おみくじを引く3人。


20200111ナタリー5-600
おみくじの結果を見る松山ケンイチと稲垣来泉。


山田孝之が製作総指揮としてクレジットされている本作。稲垣が「山田さんは現場で何をしていたんですか?」と問いかけると、松山が「カメラの後ろでニヤッとしていました」と答え、笑いを誘う。会見では3人が引いたおみくじの結果も発表されたが、なんと全員が“吉”。松山は「やり直そう!」と主張して会場を盛り上げた。


20200111ナタリー6-600
完成報告記者会見の様子。


「聖☆おにいさん 第III紀」はNHK総合にて、本日1月11日と18日の2週連続で、23時30分より放送。1月20日からはNetflixで独占配信されるほか、1月24日より1週間限定で劇場公開される。


20200111ナタリー7-600
20200111ナタリー8-600
20200111ナタリー10-600
20200111ナタリー11-600
20200111ナタリー12-600
20200111ナタリー13-600




関連記事
スポンサーサイト



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ご無沙汰のお詫びm(__)m

「聖☆おにいさん 第III紀」

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)